アブソリュートデュオ第3話の感想、ネタバレ、あらすじ。璃兎の目的

アニメ 『アブソリュート・デュオ』

第3話 「復讐者(アベンジャー)」

放送日:2015年1月18日 20:30~放送(AT-X)

第2話はこちらからどうぞ。 → 第2話「絆双刃(デュオ)」の感想、ネタバレ、あらすじ

あらすじ

正式なデュオが決まり、新刃戦が開催されることを知った透流とユリエ。

イレギュラーである盾の活用方法を模索していた透流にユリエはある使用方法を提案。

透流はこれを受けいれ、マスターするため猛特訓を行う。

しかし、璃兎はこの新刃戦でよからぬことを企んでいるのだった・・・。

<スポンサードリンク>

 

感想、ネタバレ

正式なデュオが決まったことで、ブレイズを使った模擬戦、新刃戦を行うことが絶対正義璃兎先生から発表。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想001

璃兎「さてさて、その内容だけど。自分達以外は~全員敵!」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想002

璃兎「ニッ!」

前回と同じく不敵な笑み。何かある。何かあります璃兎先生。

 

新刃戦に向け特訓する透流とユリエ。イレギュラーである透流は盾の使い方に悩んでいる様子。それをみたユリエが盾の使い方をアドバイス。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想003

ユリエ「アイ!トゥ!」

透流「近い!近い近い!」

ユリエ「踏み込み過ぎました。この距離です。『アイ』で相手の攻撃を受けつつ踏み込み、『トゥ』でミョルニールを打ちます」

透流「ミョルニール?」

ユリエ「トオルの右の拳に名前を付けてみました。雷神トールが持つ最強の武器の名です」

トールとかミョルニルとか、SAOで出てきましたよね。懐かしい。しかも透流はキリトと同じ松岡さん。・・・1話でも戸松さんとの絡みでSAOみたいって書いた気がする・・・w

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想004

話がそれました。ユリエの案を受け入れ、この使い方をマスターするためユリエに練習に付き合ってもらえるようお願いする透流。アホ毛で左右に振れ喜ぶユリエ。なんて解かりやすい。犬のようw

 

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想005

さて、透流がグラウンドへ足を運ぶとみやびが1人でランニング中。が、体力が尽きたのかその場でバタンキュー。心配した透流はおんぶでみやびを運ぶことに。

その後はこんな流れ。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想008

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想009

目を覚ましたみやび「恥ずかしい!」と暴れる → 透流「ちょ、暴れるなよ!」と、かなり暴れるみやびを頑として降ろさない → みやびおとなしくなる → 透流「あんま無茶すんなよな!」優しい言葉 → みやび顔真っ赤 → みやびが透流にラブズッキュン

こんな感じです。もうね、これぞアニメって感じ。あんなに暴れて何故降ろさないのか、透流。胸の感触を味わう為にしか見えなかった(ノω・、)

 

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想010

そして始まった新刃戦。透流とユリエの2人が取る作戦はいたってシンプル。まっすぐ進んできた敵を倒す。これだけ。ですが、ユリエは勿論透流も学年ではかなりの手練れに入ると思われるので、新人では実質このデュオが最強かと思われます。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想011

実際、2人はずんずん進んでいき色々なデュオと戦いますが苦戦することなく撃破していきます。中にはナース姿なんてけしからんデュオも。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想012

この時のユリエの表情怖すぎw

さて、一通り倒したところで、異なるフィールドへ場所を移すと、そこには巴が。こうして巴とみやびデュオと戦闘することに。様々な武芸に通じている橘流を極める巴に苦戦しそうな予感。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想013

巴が前から鎖で攻撃し、後ろからみやびがランスで攻撃を加えるのが2人のパターン。なので前方はユリエが担当し、後方のみやびは透流が担当。みやびのランスを透流が防ぎ、体力がつきてブレイズを消滅させるみやび。

透流「ここまで押し込まれるとはな。良い一撃だったぜ、穂高」

みやび「そ、そうかな」

透流「あぁ、俺もうかうかしていられないな。もっと頑張らないと」

みやび「あ、私も!私も頑張る!私も頑張ってもっと強く・・・あっ・・・」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想015

透流「あぁ、一緒に頑張ろうぜ。穂高」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想016

みやび「あ・・・うん」

透流ったらナチュラル女たらし。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想017

もう一方のユリエVS巴は鎖の動きを完璧に防いだユリエの勝利。なんか、ユリエ強すぎる気がする。

 

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想018

順調に進む2人。時間も迫り、次がラストだと思っていた矢先、叫び声が響きます。声がした方へ向かうと、トラとタツが倒れているのを発見。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想019

璃兎も声を聞きつけやってきて・・・と思いきや、2人をやったのは実は璃兎。不意打ちで2人に攻撃を仕掛けてきます。不敵な笑みはこの伏線だったのか。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想022

璃兎「惜っしい~。もうちょっとで先生のブレイズで九重君を真っ二つに出来たのに~」

ブレイズでは人を傷つけることが出来ないと教わっていた2人ですが、攻撃を受けた透流は流血。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想021

璃兎「へっ、壁も地面も壊せる武器が、人間だけを傷つけないなんて、そんな都合のいい話があるわけねぇだろ?ブレイズは魂を具現化した力。心の持ち方一つでいくらでも変わるってことだよ!」

璃兎「良い反応するじゃねえか」

ユリエ「殺意を持ってブレイズを使えば、人を傷つけることが出来るということですか」

璃兎「呑み込みが早いな、銀髪!」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想023

そして、ブレイズを破壊されると持ち主の精神が丸1日回復できない程ズタズタにされる模様。今週出番が無かったトラが実験台にされて可哀想w

重要な事を二つも教わった透流とユリエ。

透流「どうしてこんなことをする?」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想024

璃兎「仕事だ仕事。有望そうな新人を始末するだけの簡単なお仕事さ。さて、そろそろおしゃべりは辞めにして、殺してやるよ」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想025

明確な殺意が向けられ、璃兎の力の前に防戦一方の2人。新人では圧倒的な力の二人でも璃兎の前には赤子も同然。ユリエのスピードも透流の力も璃兎の方が上。

次第に追い詰められていく2人。そんな中、透流は何かを思いつき、止めを刺しにきた璃兎の攻撃を一人で食い止めます。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想026

璃兎「随分ねばったじゃねえか。けど、今生の別れってやつだ。最後に気の利いたセリフでも言ってやれよ。くっははははは・・・!」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想027

透流「じゃあ・・・お言葉に甘えさせてもらおうか!ユリエに『アイ』を!」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想028

ユリエ「!!!」

何かに気づいたユリエ。

璃兎「へっ!マジで告ってやがる!くっはははは・・・!笑わせてくれた礼だ!綺麗に真っ二つにしてやるよ!」

璃兎の一撃を防ぐユリエ。

璃兎「何!?」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想029

ユリエ「トオルが『トゥ』を!」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想030

透流「レクチャーありがとな!打ち砕け!ミョルニール!」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想031

見事なコンビネーションと璃兎の慢心を突き、見事勝利で飾った2人。ボロボロになりながらも自部屋で乾杯。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想032

結局、璃兎の目的はわからなかったものの、心配で様子を見に来た巴とみやびに、アレな勘違いを助長させるようなシーンを見せてしまうお決まりのパターン。透流は誰とくっ付くのか。

 

透流が見る夢。しょっちゅううなされているみたいで、ユリエから心配されてます。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想033

ユリエ「オトハとは誰ですか?トオルがうなされてる時に言ってました。『オトハ。どうして』」

透流「忘れてくれ」

ユリエ「『答えろ。許さない。』」

透流「忘れてくれ」

ユリエ「『絶対に殺してやる』っと」

透流「忘れてくれ!」

ユリエ「それがトオルの目的ですか?その為にルキフルを。ブレイズを」

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想034

すると、おもむろにワイシャツのボタンを外し背中を見せるユリエ。

アブソリュート・デュオ 第3話 「復讐者(アベンジャー)」 感想035

ユリエ「私もトオルと同じ、アベンジャーです」

 

璃兎が敵だったとは。あの不敵な笑みも、ただ新刃戦に萌えるテンション高い良い先生だとばかり思ってたのに。捕まったとか言ってたし、もう出ないんだろうなー。ショック。

仕事って言ってたので、もっと黒幕がいる模様。そしてちょいちょい透流が見る夢と、ユリエの背中の傷。これは何かシンクロでもしてるのかな。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ