アカメが斬る!第15話の感想、あらすじ、ネタバレ。

アニメ 『アカメが斬る!』

第15話  「教団を斬る」

放送日:2014年10月12日 24:00~放送(TOKYO MX)

 

前回、第14話ではエスデスの可愛さが全面に押し出された神回でした。

アカメの主人公としての存在感が薄れている中、前回のアピール。もうヒロイン交代も近いです。

さすが裏ヒロインと呼ばれるだけの事はあります。

そんなかわいいエスデスが活躍する第14話はこちらからどうぞ。 → 第14話 「巨大危険種を斬る」の感想、あらすじ、ネタバレ

あらすじ

民衆に広く信仰され、勢力を拡大している宗教・安寧道が、腐敗した帝国に対し近々武装蜂起を起こすという。

この情報を嗅ぎつけた革命軍は、これを利用して帝国打倒を企てる。

ナイトレイドに課せられた任務は、教主の補佐で、帝国が送り込んだスパイでもあるボリックの討伐。

そして、同時にイェーガーズの討伐も命ぜられる。

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

帝国打倒の作戦

アカメが斬る 第15話 クズ

モブキャラ「今日は爽やか前進モミモミコースじゃ!」

アカメが斬る 第15話 仕事完了

チェルシー「仕事完了!しかしどんなコース何だか」

アカメが斬る 第15話 イェーガーズ

アカメが斬る 第15話 チェルシー ネコ

と、モブキャラをチェルシーが殺った所にイェーガーズが登場。ネコに化けたことで何とか窮地を脱したチェルシーですが、今回の件でイェーガーズはナイトレイドに狙いを定めてきたことが明らかに。

これを利用するとともに、ナジェンダから今後の作戦が展開されます。

アカメが斬る 第15話 ついに革命軍が蜂起する

ナジェンダ「ついに革命軍が蜂起する。そこで今から、我々に与えられた最初のミッションを説明しよう。安寧道と呼ばれる広く民衆に進行されている宗教は知っているな?」

チェルシー「善行の積み重ねが幸せや長寿に繋がるってあれね」

タツミ「それ、俺の村にも広まってたぜ。旅立ちの時村長が渡してくれた神の像もその宗教のやつだ」

アカメが斬る 第15話 つまり宗教反乱を起こす

ナジェンダ「安寧道はこの10年で信者を増やし、帝都の東側で大きな勢力となっている。近々この安寧道が武装蜂起、つまり宗教反乱を起こす。私たちは、これを利用する考えだ」

アカメが斬る 第15話 帝国を打倒する

ナジェンダ「そこで、いよいよ革命軍の出番だ。安寧道の武装蜂起が始まった瞬間、私たちと同盟関係にある西の移民族に攻め入ってもらう。これで、帝国は内外に敵を抱えてしまった状態にある。だがそれでも持ちこたえるだろう。そこで止めとして、革命軍が南側で蜂起開始。帝都に向けて進軍し、帝国を打倒する」

アカメが斬る 第15話 なるほど、3段構えってやつか

タツミ「なるほど、3段構えってやつか」

ナジェンダ「帝国は反乱軍を舐めているのさ。反乱分子を一偏に集めているからある意味ありがたいとすら思っている。革命軍の拠点は帝国の辺境だ。ここから帝都にたどり着くのはいくつもの関所や城を突破しなければならない。だが私たちは、既に何人もの城の大使と内通している。真面目にやってきた連中が左遷されたケースも多いからな。話は通しやすかった」

アカメが斬る 第15話 だがそれでも帝都の切り札であるブドー大将軍と、その近衛兵が迎撃してくるだろう

ナジェンダ「驚くぞ。革命軍が無血開城を繰り返し凄まじいスピードで帝都へ進軍してくるのだから。だがそれでも帝都の切り札であるブドー大将軍と、その近衛兵が迎撃してくるだろう。しかし、宮殿の警護力は激減するわけだ」

アカメが斬る 第15話 私たちは宮殿に突入し、大臣を葬る

アカメ「その時こそ、大臣暗殺の好機!私たちは宮殿に突入し、大臣を葬る。帝都を中から切り崩すんだ」

アカメが斬る 第15話 ボリック

ナジェンダ「ただ、全てのカギを握る安寧道の幹部が、今揺れているらしい。絶大なカリスマを誇る教主の補佐にボリックという男がいるのだが、こいつが大臣の送り込んだスパイだったんだ。ボリックの目的は安寧道を教主に変わり掌握して武装蜂起をさせないこと」

ナジェンダ「そこで今回の任務だ安寧道のホームまで行き、ボリックを討つ」

ナジェンダ「やつは一部の信者には食物に少しずつ薬を混ぜて中毒にし、忠実な人形としている外道だ。遠慮はいらんぞ」

アカメが斬る 第15話 きっと女をとっかえひっかえして遊んでんだろうな

ラバック「くぅ!きっと女をとっかえひっかえして遊んでんだろうなー!」

アカメが斬る 第15話 食材に薬を盛るとは、食材に対する侮辱だ

スサノオ「食材に薬を盛るとは、食材に対する侮辱だ!」

アカメが斬る 第15話 絶対に許せん

ラバック、スサノオ「絶対に許せん!」

アカメが斬る 第15話 お前たち、怒るポイント少しずれてないか

ナジェンダ「お前たち、怒るポイント少しずれてないか?」

ナジェンダ「最後にイェーガーズについて、あいつらはエスデスが率いている以上大臣の私兵であることには変わらん。そこで今回の任務を円滑に進めるためにも先に潰しておくべきだろう」

アカメが斬る 第15話 そこで仕掛ける

ナジェンダ「あいつらは今全力で私たちを狩ろうとしている。ならば帝都の外までおびき寄せそこで仕掛ける!」

マイン「いよいよ全面対決ってわけね!」

ナジェンダ「中でもクロメとボルスは機会があれば消してくれと本部から依頼が来てるしな。見知った顔が相手でも戦えるな、タツミ」

タツミ「ウェイブはいいヤツだったし、標的にも入ってない。戦う理由がねぇ。でも、ウェイブだって仲間の為に全力で仕掛けてくるだろう、手加減できる相手じゃねぇ。何より俺は殺し屋なんだ!自分で決めて、覚悟してここへ入ったんだ!」

タツミ「やるよ!標的以外でも戦うことになれば全力で行く!迷いはない!」

ナジェンダ「よし!」

アカメが斬る 第15話 何で私タツミの事ばっかり見てるんだろう

チェルシー「良い目だね。覚悟を感じる。これなら敵に情けをかけて命取り、なーんて事にはなさそう。って、あれ?何で私タツミの事ばっかり見てるんだろう。なーんかほっとけないんだよね」

・・・これはチェルシーの死亡フラグ?あれ、チェルシー死ぬのかな?

 

ナイトレイド対イェーガーズ

アカメが斬る 第15話 水着

今回のサービスシーン、及びナジェンダの作戦。

アカメが斬る 第15話 タツミは私とチェルシー、どっちの水着が好みかな

レオーネ「タツミは私とチェルシー、どっちの水着が好みかな」

チェルシー「おーそれは聞いてみたいねー」

タツミ「お、俺は、その・・・いやーさすがスーさん!引き締まってるぜ!」

レオーネ「あーあ、逃げちゃった」

アカメが斬る 第15話 その胸に飛び込んで国歌斉唱するのに

ラバック「俺に聞いてくれれば、どっちも好きに決まってんだろーと叫びながらその胸に飛び込んで国歌斉唱するのに!なんでタツミに聞く!」

レオーネ「お前がそういう男だからだろ」

アカメが斬る 第15話 お前がそういう男だからだろ

チェルシー「そーよ、それじゃつまんないのよ」

アカメが斬る 第15話 革命軍密偵チーム

ナジェンダ「よし、革命軍密偵チームより連絡が入った。お前たち、今日は作戦通りさりげなく人目についてくれ」

アカメが斬る 第15話 了解

アカメマイン「了解!」

ナジェンダの作戦は手配書が出回っているアカメとマインにわざと人目に触れさせ、イェーガーズに存在を知らせること。そして東と南二手に分かれたと見せかけイェーガーズの戦力を分散させること。この作戦が嵌り、エスデスとセリューとラン、クロメとウェイブとボルスと戦力を分散させることに成功。

アカメが斬る 第15話 ここぞって時に弱そう

アカメが目撃された南へ向かったクロメとウェイブとボルスと戦闘を開始することになります。

アカメが斬る 第15話 計画通り

マイン「標的確認。人数から見てエスデスは戦力を分け、自らはボスの名前につられて東へ行ったと判断。計画通り」

アカメが斬る 第15話 せめて一発で楽にしてあげる

マイン「似てるわね・・・さすがは姉妹ってわけね。だからこそアカメにやらせたくはない。こっちで仕留める!せめて一発で楽にしてあげる」

アカメが斬る 第15話 かわすクロメ

アカメが斬る 第15話 かわされた?

マイン「かわされた!?なに、今の人間を超えた反応速度は!?」

アカメが斬る 第15話 クロメにらむ

アカメが斬る 第15話 ウェイブ

アカメが斬る 第15話 ナイトレイド

マインの狙撃がクロメにかわされるものの、案山子から現れたスーさんがクロメを庇ったウェイブをふっとばします。ウェイブこんな役回りばっかだなw

アカメが斬る 第15話 アカメ クロメ

クロメ「お姉ちゃん」

アカメ「クロメ・・・」

クロメ「凄く会いたかったよ、お姉ちゃん!よかったー」

アカメが斬る 第15話 お姉ちゃんを八房のコレクションに加えて

クロメ「私の手で切ればお姉ちゃんを八房のコレクションに加えてあげられるもんねー」

アカメが斬る 第15話 クロメ八房

アカメが斬る 第15話 アカメ房

クロメ「昔の私と違って、死体ならなんでも人形に出来るようになったんだよ。お姉ちゃん」

アカメが斬る 第15話 八房

ナジェンダ「エスデスが戦力を二手に分けるかどうかは賭けだったが、なるほど。八房がこれほどなら多少の罠でも関係ないということか」

アカメが斬る 第15話 何人死ぬかなー

クロメ「さぁ、帝具戦の始まりだ。何人死ぬかなー?」

 


遂にナイトレイドとイェーガーズの全面戦争に突入!

どっちにも感情移入している今ではどちらも滅んで欲しくないんですがしょうがないですね。どうせナイトレイドが将来的には勝つんでしょうけど。

それにしても、クロメのラスボス感なにあれ。身体能力も高いし八房の力半端ないし。ナイトレイドで勝てるのかな。ってかどんな漫画でも死体を操る能力は重宝されますね。

 

あとチェルシーに死亡フラグ立ちましたよね。タツミを庇ってチェルシー死にそう。

次回は「人形を斬る」。クロメの人形とどんな戦闘を繰り広げるのか楽しみですね。 → 第16話「人形を斬る」感想、あらすじ、ネタバレ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ