アカメが斬る!第23話の感想、ネタバレ、あらすじ。タツミ死亡・・?

アニメ 『アカメが斬る!』

第23話 「皇帝を斬る」

放送日:2014年12月7日 24:00~放送(TOKYO MX)

 

前回の第22話ではアカメとクロメによる因縁の姉妹対決に終止符が打たれました(久しぶりのアカメが主役回)。

本当は仲が睦まじい姉妹である2人。しかし歩む道と思想が互いに異なり、相容れない世界に足を踏み込んでしまったが故に起きた悲しい決闘。

回想シーンを見てもアカメがクロメを大事にしている事、そしてクロメはアカメを信頼している事が本当によくわかる姉妹愛です。

勝負が決した後も、タツミの言葉によって涙がとめどなく溢れたアカメ・・・。まだ10代の女の子なのに色々背負いすぎです。

この2人の人生を狂わせたのは、2人を暗殺者として拉致った帝都

そんな帝都のトップに君臨する皇帝を裏で牛耳るオネスト大臣暗殺に向け、遂に最終章突入。超楽しみ。

あらすじの前に、第22話はこちらから。 → 第22話「妹を斬る」の感想、ネタバレ、あらすじ

あらすじ

革命はいよいよ最終局面を迎え、ナイトレイドは、最後のミッションである黒幕の大臣・オネスト暗殺へと向かう。
ナジェンダの檄に応えて、革命軍も一気に宮殿になだれ込む。
皇帝とオネストの下にたどり着く。
狼狽する皇帝とは逆に、余裕の大臣は切り札を発動させる。
宮殿が揺れ、床を突き破って現れたものは…。

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

最終決戦前

クロメの墓の前で軍人になった経緯を語り、現在の心境を吐露するウェイブ。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想001

ウェイブ「鉄の武器を持って国や人を守るのが軍人。俺は軍人にはなったが・・・今何を守ってるんだろうな」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想002

理想と現実に戸惑いつつ、『クロメのおかし』で彼女を弔うウェイブ。

 

ナイトレイドは残存するタツミ、アカメ、レオーネ、ナジェンダで最終決戦の前に必勝、そして全員必ず生きて帰る宣言。

ナジェンダ「皆も今日までご苦労だった」

レオーネ「ちょ、今生の別れみたいに言わないでよ、ボス」

ナジェンダ「再会できるかどうかはお前たち次第だな」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想003

レオーネ「言ってくれるね!私等は少々の事じゃ殺せないよ。タツミもな!」

タツミ「あぁ!当たり前だ!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想004

ナジェンダ「よし!ナイトレイド最後のミッションだ!帝国腐敗の根源、大臣オネストを討つ!」

アカメ「生き残れよ・・・」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想005

タツミ「あぁ・・・約束だ!」

これがフラグになろうとは・・・

 

オネスト大臣暗殺作戦開始

ナジェンダ率いる革命軍本隊が外で持ちこたえている間にタツミ、アカメ、レオーネの3人で宮殿内部に侵入。

目論見通り中の警備は手薄で楽々大臣の元までたどり着けるかと思いきや、イェーガーズのランが登場。

帝具アスティマで息つく暇も与えない程の遠距離攻撃連射。3人は柱の陰に身を隠すしかない状況に。そんな中でランが元教師だということが明らかになります。

ラン「故郷で教え子達が賊にさらわれて、殺されましてね。ところが国は犯罪として取り締まってくれませんでした。貧しい集落として・・・見捨てられたんです」

タツミ「アンタにそんな過去が・・・」

ラン「えぇ、だからですね、私は帝国を恨んでいます」

レオーネ「だったらお前、どっちかっていうとこっち側だろう!?」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想006

ラン「私は私のやり方で内部から変えていこうと思っていたんですよ!ところがあなた方が反乱などという暴力に訴え出た!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想007

レオーネ「面倒くさいヤツ!だったら拳でわからせてやるよ!」

レオーネはランを1人で引き受け、タツミとアカメを大臣の元へ向かわせることに。

タツミ「姉さん!死ぬなよ!」

レオーネ「まっ、大臣殴るの一発くらい残しておけよ!」

 

一方、皇帝は反乱軍の攻勢が増していることを知り、自分の統治が間違っていたのか大臣に尋ねますが、当然大臣は「そんなことありませんよ」といった言葉を返します。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想008

更に、この反乱を収めるためには皇帝自ら手を下す必要があることを述べ、皇帝をマインドコントロール。

そこへタツミとアカメが皇帝の間まで到着。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想010

タツミ「何とか辿り着いたぜ!」

大臣「賊が!」

皇帝「ナイトレイド・・・!」

大臣「衛兵どもは何をしておった!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想011

アカメ「目ぼしい警護はもういないようだ」

アカメ「ターゲット、オネスト大臣・・・葬る!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想012

大臣に斬りかかるアカメですが、見えない結界のようなモノに剣戟を弾かれます。

大臣「ふっははははははは!至高の帝具はもう発動しているのですよ!ざまあ・・・オッホン」

タツミは皇帝に大臣の言葉に耳を貸すなと忠告しますが、聞く耳を持ちません。それどころか大臣に唆され、ついに至高の帝具を発動。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想013

皇帝「余は帝国の皇帝である!」

 

伝説の帝具、至高テイザー

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想014

皇帝のセリフと共に、床から現れた帝具至高テイザー。

その大きさに誰もが驚き。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想015

皇帝「代々続く我が帝国こそが神の秩序・・・神に逆らうなど言語道断だー!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想016

皇帝がそう叫ぶとテイザーが反応し、圧倒的な破壊力の光線を放ちあっという間に街を破壊。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想017

とんでもない威力に茫然とするウェイブ。

更に大臣が皇帝を興奮させ、街は火の海に。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想018

エスデス「スタイリッシュの言っていた最初の、そして最強の帝具か」

タツミ「やめろ!自分の国で何やってんだよ!」

皇帝「ナイトレイド・・・これはお前たちが始めたことの報いだ!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想019

タツミ「民を巻き込んで何が皇帝だ!何を守るんだ!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想020

皇帝「黙れ!1,000年続いた帝国だ!余の代で終わらせるわけにはいかない!」

タツミ「自分が何をやってるのか、下を見てみろよ!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想021

皇帝「・・・!!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想022

皇帝の視線の先には自ら放った光線で破壊された街と、息絶える民衆の姿。

これで皇帝は一瞬心が揺らぎますが、大臣が再び皇帝をコントロール。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想024

大臣「陛下!耳を貸してはなりません!今手心を加えては全てが水の泡!心を鬼にしなければならない時です!」

皇帝「そ、そうなのだな・・・」

タツミ「目を背けるな!バカヤロー!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想025

タツミは皇帝に突進しますが、右手で掴まれそのまま地上に叩きつけられます。

それでも説得を辞めないタツミ。

タツミ「こんな事ができるなら・・・ホントに悪いヤツと戦えよ!」

皇帝「黙れ・・・」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想026

タツミ「そうやってずっと言いなりの人形でいいのかよ!?」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想027

皇帝「黙れー!」

タツミを踏み潰す皇帝ですが、それを間一髪で救ったのはウェイブ。

ウェイブ「俺は帝国の兵士だ!俺は民を守る為に戦う!」

タツミ「あぁ!嬉しいぜ!」

ウェイブの言葉にも耳を貸さない皇帝は更に光線を放ちます。

ウェイブ「何としても止めるぞ。今それが出来るのは俺達だけだ!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想028

タツミ「あぁ!言われるまでもねぇ!」

大臣「そこの!帝国に、皇帝に逆らうつもりですか!?」

ウェイブ「勘違いするな!俺は反乱軍に組したわけではない!力無き人々を守るのが軍人の務めだ!」

それを街から見ていたレオーネとラン。

レオーネ「めんどくさいヤツ」

ラン「えぇ、でも必要な人間です」

2人は一時休戦して民衆を守ることを優先。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想030

レオーネ「羽根男!勝負はお預けだ!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想031

ラン「預かりませんよ」

 

決着・・・そしてタツミ死亡

タツミとウェイブは2人掛りでテイザーに攻撃を加えるも全く歯が立たない状況。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想032

しかしタツミがとある箇所を攻撃すると皇帝の顔が曇ります。

タツミも違和感を感じ、スサノオが以前話したことを思い出します。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想033

スサノオ「どんな頑強な物にでも何かしら脆い部分があるはず。戦いの中でそこを突けるようになれば効果的だ」

これでタツミはテイザーの弱点を理解し、ウェイブに隙を作るように指示。

ウェイブが身を挺してスキを作る間に、弱点を攻撃。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想034

皇帝「うわあぁぁぁぁ!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想035

タツミ「ここだけガタが来ていたんだ!こんな大きな物を動かしてるんだ、どこかに負荷がかかるよな!スーさん!」

皇帝「このー!」

タツミ「うわ!」

ウェイブ「タツミ!うわ!」

2人とも皇帝の反撃をモロに食らってしまい、ウェイブは変身が解けてしまいます。

皇帝「諦めろ・・・何故ここまであらがえる?頼むからもう・・・諦めてくれ!」

タツミ「舐めんなよ・・・今日までたくさんの悲しいことがあったんだ!背負ってんだよ!仲間の思いをな!それを・・・ダメにしてたまるかー!!」

ブラート「辛い事や苦しい事もある。むしろそればかりだ。だが、俺達はそれを進んで選んだんだ」

タツミ「兄貴・・・」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想036

ブラート「俺達が汚れ役を買えばいい。それで世界を変えてやろうぜ。それが済んだら消えればいいのさ」

タツミ「兄貴・・・」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想037

ブラート「叫べタツミ!熱い魂で!」

タツミ「!!!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想038

タツミブラート「うおおおぉぉ・・・!!!!インクルシオーーー!!!!」

アカメ「古代の生命を宿し進化する鎧・・・」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想039

タツミとブラートで進化させたインクルシオ。その姿は金色で羽根が生え今までと全く別の姿に進化。

皇帝「来るな・・・来るなーーー!!!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想040

タツミに仕掛ける皇帝。しかし全てを交わし弱点へ攻撃を加え続けるタツミ。

ウェイブ「タツミ死ぬ気か!?」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想041

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想042

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想043

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想044

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想045

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想046

タツミ「んなわけねーだろ!約束してんだよ!必ず生きて帰る!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想047

アカメ「タツミー!!!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想048

タツミ「うおおおぉぉぉーーー!!!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想056

タツミの攻撃が弱点のそれを上回り、テイザーの体を貫き破壊に成功。

しかし、破壊されたテイザーの倒れ込む先が民衆の避難場所だと気づいたタツミ。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想049

倒れるテイザーを力いっぱい受け止めます。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想050

タツミ「うおおおぉぉぉーーー!!!」

何とか避難場所寸でのところでテイザーを止めることに成功したタツミですが、既に体はボロボロ。

そこへアカメが駆けつけます。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想052

タツミ「わりぃ・・・約束・・・破っちまったな」

アカメに倒れ込み息を引き取るタツミ。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想053

アカメ「くっ・・・約束しただろ!生きて戻ると言ったのに!タツミ・・・!」

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想054

エスデス「タツミが・・・死んだ・・・」

 


 

うわああぁあぁぁ!タツミが死んだ!

マジで?ホントにタツミ死んだの?実は息がある的な展開でもなく?

でも次回予告にタツミの描写なかったし、何ならエスデスとアカメの戦闘シーンでアカメも見た目変わってバージョンアップしてたし、タツミ感一切無し。

ってことはやっぱりタツミ死んだのか・・・。

えー・・・てっきりナイトレイドとイェーガーズで後死ぬのはレオーネとランが濃厚だと思ってたのに(失礼?)・・・意外、意外すぎる・・・。

でも・・・最後まで『弱きを守る』タツミらしさ全開だったのはよかったです。

伝説の帝具、至高テイザーを操る無能皇帝を撃破し、街へ倒れていくテイザーに身を挺して民衆を守る姿。もうカッコイイ以外の言葉が見つかりません。立派な英雄です。

それに、ナイトレイドもイェーガーズも一丸となって皇帝に立ち向かう、そして民衆を守る姿。

さらにタツミが師匠と敬うブラート久々の登場とか、皆を逃がす為戦死したスサノオの助言とか、全員で挑んだ感も最高。

個人的に図体が大きい敵と戦うのって疾走感無くて好きじゃないんですが、色々な要素が相まって今回の戦いはアカメが斬るの中でも好きな部類に入ります。

素敵な感動をくれたタツミにただただ感謝。

 

気になるのが、タツミラバーのエスデス。父親が死んだことでさえ感情を露わにしない彼女がタツミの死に対してどう反応するのか。

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」 感想055

そして、ちょこっと上述したように、何かアカメが変化してた件。

この2つが気になる。次回も楽しみすぎる・・・!ってか次で最終回? → 第24話【最終回】 「アカメが斬る!」感想、ネタバレ

アカメ役を演じる雨宮天さんの谷山紀章さんとの熱愛事情、そして『ゴリ押しゴリ押し』言われる理由はリンクをクリック。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ