アカメが斬る!第24話【最終回】感想、ネタバレ。レオーネ、エスデス死亡

アニメ 『アカメが斬る!』

第24話【最終回】 「アカメが斬る!」

放送日:2014年12月14日 25:00~放送(TOKYO MX)

 

最終回、遂に最終回です。

前回の第23話。タツミが皇帝の帝具、至高テイザーと死闘の末に見事勝利するモノの、民衆への巻き添えを阻止すべく身を挺し助けた為に命を落とすまさかの展開。

『帝具同士の戦いで死人0は有り得ない』、というこの世界の理通りになってしまった感。っていうかそれ守る為に殺したわけじゃないですよね・・・。

まぁ、これでナイトレイドはアカメ、レオーネ、ナジェンダの3人。そしてイェーガーズはウェイブ、ラン、エスデスの3人に。

戦力的にですね、彼らがぶつかり合うとしたら、エスデス1人にナイトレイドフルボッコされるの確実なのでイェーガーズが有利かと。

でも、皇帝が倒れた今イェーガーズもくそもないと思いますし、何より前回で互いの戦闘より、皇帝に立ち向かい共闘する姿や民衆を助けることで団結していたトコロを見ると、既に組織の垣根を越えている節も見られます。

なので、アカメとエスデス以外は戦わず、2人だけの戦いになりそう。

アカメに勝機はあるのか。あるとすれば、アカメが変化してたシーンがヒントになるんですかね。

あれは何したんですかね。自分自身を村雨で斬るとかしたのかな。で、一定時間強くなるけど、すぐ死ぬ諸刃の剣的な力とか。

・・・あー、最終回楽しみ。でも終わって欲しくないジレンマ。でもホントに好きな作品でした。

最終回のあらすじの前に、第23話はこちら。 → 第23話「皇帝を斬る」の感想、ネタバレ、あらすじ

あらすじ

敗退した帝国軍。残されたのは帝国最強の女将軍・エスデス。そこに立ちはだかるアカメ。
争いを産み出そうとするエスデスに、アカメは刀を抜く。対峙する二人。最後の戦いが始まる―。
その先にあるものは、民が平和に暮らせる新国家の訪れか、再び血が流れる戦乱の炎か…!?

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

アカメVSエスデス

タツミが死んだことを受け入れきれないエスデス。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想001

エスデス「タツミが弱いから死んだ。ただそれだけの事だ。だが・・・何だ、この気持ち・・・」

そこへエスデス打倒を狙う反乱軍達が襲い掛かりますがエスデス一蹴。

エスデス「こんな手ぬるい国・・・一掃してやる!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想002

一瞬で大きな壁の塊を作り出す圧倒的な力は健在。

エスデス「アカメか」

アカメ 「お前たちの負けだ」

エスデス「帝国は負けたな。だが、私の狩りはまだ続く」

アカメ 「狩りだと?戦争は終わったんだぞ?」

エスデス「また次の戦場を探す。なければ生み出すまで」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想004

アカメ 「これから平和になろうという世界に・・・お前という人間は生かしておくわけにはいかない!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想003

エスデス「御託は良い。私を否定したいのなら、強さで示してみせろ!」

ナジェンダ「エスデス・・・やはり最後に立ちふさがるのはお前か・・・。アカメ!エスデスを斬れ!」

アカメ 「葬る!」

エスデス「蹂躙する!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想005

こうしてアカメとエスデスの最終決戦がスタート。

エスデスの猛攻を防ぎながら反撃を加えるアカメですが、固いガードを破ることが出来ず、段々と追い詰められていきます。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想006

エスデス「どうした、そんなものなのか?弱いのなら私の前に立つな。力もないのに夢を見るな。豚は豚らしくひれ伏しておればよいのだ」

アカメ 「人を・・・何だと思っているんだ!」

エスデス「弱いモノに興味は無い」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想007

アカメ 「エスデス!」

 

アカメの真の力

エスデスの人を人と思わない発言にアカメ憤怒。

エスデス「ほぉ、やっと本気を出すか」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想008

するとアカメは自らを妖刀村雨で切り傷を付けます。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想009

苦しみ悶えるアカメですが、しばらくするとそれは収まり、アカメの体にはまとわりつくような赤い痣が出現し、眼も白目の部分が黒く染まり人間の出で立ちとは異なる様相に変化。

エスデス「おぉ!それがお前の奥の手か!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想010

アカメ 「私は多くのものを斬ってきた。嘆き、悲しみ、怒り、恨み、私が奪った命。村雨はその全てを覚えている。私はその全てを受け止める!」

エスデス「圧巻だな、遂に人を捨てたか!妖刀にふさわしい奥の手だ!」

アカメ 「この身燃え尽きてでも、お前を倒す!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想011

さっきまでとは打って変わり、今度はアカメが優勢。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想012

一瞬のスキを突き、エスデスの左腕を村雨で斬りつけることに成功。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想013

しかし呪いが体中に広がる前にエスデスは左腕を切り離します。

エスデス「ふっふふふ・・・面白い、面白いぞ!腕一本くれてやるに相応しい面白さだ!やるぞ!存分に殺し合おうではないか!」

そう言って再び戦闘を始める2人。

 

決着

片腕を無くしたエスデスですが流石というべきかアカメは攻めあぐねます。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想014

アカメ 「この形態も長くは持たない・・・次で・・・決める!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想015

エスデス「私も全身全霊で応えよう。来い!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想016

アカメの俊足でエスデスのガードをかいくぐり、体制を崩したところで一気に決めようとしたその刹那、エスデスが奥の手「摩訶鉢特摩(マカハドマ)」を繰り出します。

エスデス「私に奥の手を使わせたのは2度目だ。褒めてやる。楽しかったぞ!・・・!?残像!どこに行った!?」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想017

エスデス「上か!?」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想018

アカメ 「葬る!」

アカメの一太刀がエスデスを捕えます。

アカメ 「お前が見た残像は殺気の塊り。狩りを求めるお前の慢心を突いた」

エスデス「・・・!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想019

アカメ 「任務、完了」

エスデス「ふふふ・・・ははは!面白いな・・・その強さはどこから来た?」

アカメ 「背負うものの重さだ。それが私を強くした」

エスデス「一生そうやって他人の魂に引きずられて生きていくつもりか?」

アカメ 「そうだ」

エスデス「理解できんな。ま、負けは負けだ。・・・ぐはっ!・・・死ぬとするか」

そう言ってタツミの方へ歩いていくエスデス。

アカメ 「・・・!タツミ!?」

エスデスはアカメと自分の間に氷の壁を作り侵入を阻みます。

アカメ 「エスデス!」

タツミの亡骸を抱くエスデス。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想021

エスデス「タツミ・・・傍にお前がいてくれたらよかったのだがな・・・」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想022

自分とタツミを氷漬けにし、自ら破壊しタツミと共に砕け散ったエスデス。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想023

アカメ 「そのタツミを思う気持ちこそが、お前が理解できないと言っていたものなんだ」

 

大臣の最期

追い詰められた大臣は1人逃げようと裏の道から逃走を図りますが、レオーネに見つかります。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想024

レオーネ「見つけた。あんたみたいな最低最悪のクズ、絶対に許さないよ!」

大臣「来ないでー!」

レオーネ「何だ!?」

大臣が右手をレオーネに向けると隠し持っていた帝具が発動し、レオーネの帝具を破壊。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想025

大臣「ふははは・・・バーカ!これが私の帝具の力です。切り札は常に忍ばせておくものです」

レオーネ「くっ・・・」

大臣「さーて、私を怯えさせた罪。死刑です!」

レオーネに向けて弾丸を2発放つ大臣。

レオーネ「くっ・・・」

大臣「やれやれ。陛下もそうでしたが、バカの相手は疲れますねー」

するとレオーネが力を振り絞り大臣の顔をぶん殴ります。

大臣「いだーい!いだだだだだ・・・!なんで・・そんなちからが・・・!?」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想026

レオーネ「スラム育ちで体が頑丈なんだ!想像もつかないだろ」

残りの弾丸も打込む大臣。それでもレオーネは倒れません。

レオーネ「例え帝具を封じられてもなぁ!」

大臣「ひぃー!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想027

レオーネ「お前みたいな腐った奴とは!魂の強さが違うんだよ!」

大臣の顔をぐっちゃぐちゃにし、見事帝都諸悪の根源である大臣を成敗したレオーネ。

 

レオーネ死亡

レオーネ「イヤー終わった終わった!ナイトレイドもこれで解散だね」

アカメ 「うん」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想028

レオーネ「じゃあな、親友」

アカメ 「え、レオーネ。お前・・・?」

レオーネ「そんな顔すんなよ。ま、皆と会えるしね!」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想029

レオーネの言葉に笑顔で応えるアカメ。

レオーネ「よし!いい笑顔だ!じゃあな!」

アカメ 「じゃあな・・・レオーネ・・・」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想030

街は悪しき帝都が滅びたお祝いの真っただ中。その中で地元に戻ったレオーネの姿が。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想032

客1「おーレオーネ!こっちで一緒に飲もうぜ!」

客2「おやじー!レオーネにも一杯!」

客3「レオーネ早くこっちに・・・お?あ、あれ?」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想033

するとそこにはレオーネの姿はなく、路地裏で大臣に受けた銃の傷が致命傷となり、笑顔で息絶えるレオーネの姿が。

 

皇帝のケジメ

皇帝「打ち首か。それがケジメなのだな?」

ナジェンダ「はい」

皇帝「余は皇帝失格だと思っていたが、最後に一仕事できるか」

ナジェンダ「はい」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想034

皇帝「ここで泣き喚いたらそれこそ物笑いの種だ。最後くらい誇り高く死ぬ」

皇帝「もう血の流れない穏やかな国を頼む」

そう言い残し、執行台へ向かう皇帝。

ナジェンダ「誓います。これが最後に流れる血だと」

皇帝の言葉を受け取り、約束を交わすナジェンダ。そして皇帝に刑が執行。

 

それぞれの道

ウェイブとランはクロメの墓に今後の報告。

ウェイブ「クロメ。俺は皆の幸せのために新しい国で頑張るよ。お前の分もな」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想035

ラン「私も内政官として全力を尽くします。これからの平和の為に」

ウェイブ「隊長の強さも少しだけ俺に分けてください!」

ラン「今頃タツミ君に会えたのでしょうかね」

ウェイブ「ふ、タツミまた逃げ回ってんだろうな!」

ラン「ふふ、さぁ、行きましょうか。やるべきことがたくさんありますよ」

そう言ってクロメの墓を後にする2人。

 

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想036

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想037

帝都では至る所で復興作業が進められており、中には17話で死んだボルスの家内の姿が。

そんな帝都の姿を俯瞰していたアカメ。

ナジェンダ「逞しいモノだな人は。街は復興していく」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想038

アカメ 「ボス、体は大丈夫なのか?」

ナジェンダ「あぁ、最も寿命を削ってるんだ。いつまで生きられるかわからないがな。新国家の地盤を築くために余命を燃やすさ。それが生き残った私の精一杯できることだ」

アカメ 「ボスならできる。頑張ってくれ」

ナジェンダ「お前は行くんだな、アカメ」

アカメ 「あぁ。革命軍の闇の部分はすべて私のせいにしておけばいい」

ナジェンダ「すまんな。辛い役目を」

アカメ 「国造りをするボスの方がよっぽど大変だ。辛い事がたくさんあったが、それでもボスに誘われて、ナイトレイドに入ってよかった。ナジェンダ」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想039

ナジェンダ「あぁ、楽しかったな」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想040

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想041

アカメ 「さらば」

そう言い残しナジェンダの前から姿を消すアカメ。

ナジェンダ「生き抜け、アカメ」

 

1人荒野を歩くアカメ。

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想042

アカメ 「私は生き残ってしまった。それなら皆の思いを背負って生き続けなければならない」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想043

アカメ 「私は斬ることしかできない。だけど、それで切り開かれる未来もあると信じている。だから私はこれからもその道を歩み続ける」

アカメが斬る! 第24話(最終回) 「アカメが斬る!」 感想044

アカメ 「葬る!」

 


 

アカメ強ええぇぇぇぇ!

今まで他の追随を許さない強さを誇ってきたエスデスをたった1人で倒す力があるとは正直思わなんだ。

村雨で自分を切り、過去に葬ってきた者たちの負のエネルギーを纏い、人を捨て臨んだアカメ。

アカメ自身の命を賭す制約でもあるのかと思いきやそんなことはなく、エスデスを圧倒した力は今後も使える模様。それでも一回の戦闘であまり長い時間成ることは出来ないみたいです。

それでも身体に付いた痣は消えることはなく、何か一生他人の思いを背負って生きていくことを誓った、実にアカメらしい罪の形なのかなと思います。

 

エスデスも最後まで人間を豚扱い。この世は弱肉強食のスタンスは崩さず、最後までアカメの前に立ちはだかりました。

それでもタツミだけは特別で、人間の愛情という感情を否定してましたが最期は彼の傍で共に逝くことを選択。最後に人間らしい部分を見せたエスデスでした。

エスデス・・・タツミだけに見せる女の顔が一番かわいかった。性格に難有りまくりでしたが、エスデスが真のヒロインと言っても過言ではないかと。

 

ってかレオーネ・・・最後の最後で死んでしまった・・・。

早く死ぬと思うキャラだと言ってましたが、大臣に帝具を奪われ生身で弾丸を浴びながら鉄槌を食らわすその御姿・・・尊敬に値します。

帝都が救われ、スラム街も活気に溢れ未来を感じた事を確認した後死んだレオーネ。かっこよすぎる・・・。

 

結局ナイトレイドはアカメとナジェンダのみ生き残り、イェーガーズはウェイブとランのみ。

しかもナジェンダは寿命を縮めたから云々言っていたのでそこまで長くは生きれない模様。何か・・・ナジェンダ一番弱かったのに生き延びたな・・・。

まぁ、彼らが世直しに務めた結果ですし、大臣の政権滅んで帝都復活のハッピーエンドだったので気持ちいい終り方でした。

前期、後期通して非常に楽しめた作品でした!

 

アカメ役を演じる雨宮天さんの谷山紀章さんとの熱愛事情、そして『ゴリ押しゴリ押し』言われる理由はリンクをクリック。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ