天城ブリリアントパーク第4話の感想、あらすじ、ネタバレ

アニメ 『甘城ブリリアントパーク』

第4話 「秘書が使えない!」

放送日:2014年10月23日 26:16~放送(TBS)

第3話はこちらからどうぞ。 → 第3話 「テコ入れが効かない!」感想、あらすじ、ネタバレ

あらすじ

西也は支配人代行として各処で相手との妥協点を探り出し的確に指示を出していく。

それに対しいすずは高圧的な態度で相手を従わせるだけだった。

いすずの仕事っぷりを見た西也はいすずを呼び出し注意するがいすずは反論、二人の仲は険悪なものになってしまう。

そんな中、パークを豪雨が襲い地下施設が水没の危機に・・・。

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

いすずの仕事っぷり

前回、ワニピーがすっ飛んできてラティファの身に何か起こったのか不安になりましたが、

ラティファ「いえ、ちょっと立ちくらみで転んでしまっただけなんです」

天城ブリリアントパーク 第4話 そうなのか

西也「そうなのか。倒れたと聞いて駆け付けたのだが」

ラティファ「もー、みなさん大げさなんだから。でも、心配してくださってありがとうございます。」

と、ラティファは何も心配ないと西也に告げます。

いすず姫殿下はあまりお強い体ではないの

西也「やはり俺があんな水着の格好をさせたからなのか・・・」

天城ブリリアントパーク 第4話 多分違うフモ

モッフル「多分違うフモ」

モッフルは全ての事情を知っていそう。

天城ブリリアントパーク 第4話 おかげで園内は活気に満ち

西也が打ち出した30円キャンペーンのおかげで園内は活気に満ち、キャストの頑張りもあり動員数も増えている模様。

天城ブリリアントパーク 第4話 ワニピー

だがワニピーてめぇはだめだ。

天城ブリリアントパーク 第4話 園児

天城ブリリアントパーク 第4話 囲まれる

そんな中遠足客である幼稚園児にモッフル、マカロン、ティラミーが囲まれいっぱいいっぱいに

それを助けるべく、いすずが接客に向かいます。

西也「手伝うぞ。どうした、接客くらいできるろう。まさか出来んのか?」

天城ブリリアントパーク 第4話 出来るに決まっているでしょう

いすず出来るに決まっているでしょう。見てなさい

いすずようこそ夢の国へ。何かご案内できることは・・・

天城ブリリアントパーク 第4話 女だー

園児「女だー!」

天城ブリリアントパーク 第4話 チョークスリーパー

園児3人にチョークスリーパー、腕ひしぎ十字固め、足十字固めを決められタップ。何だこの園児w

 

天城ブリリアントパーク 第4話 排水処理機の稼働

西也は各処で関係者と折り合い、キチンと話を付け的確に指示を出していきます。しかし、排水処理機の稼働を3台から2台にしたことで後々大変なことが起きます。それは後述。

天城ブリリアントパーク 第4話 エレメンタリオ

その後、西也が書類をチェックする間にモッフル、マカロン、ティラミーの3人との打ち合わせいすずに頼みます。円滑にと。そこへエレメンタリオの4人が入ってきます。中々要件を切り出さないエレメンタリオですが、

ミュース「うーん、どう説明したらいいのか」

コボリーちょ、直接見てもらったらどうかな

天城ブリリアントパーク 第4話 それいいかも

ミュース「あ、それいいかも!ちょっとお時間頂けますか?」

西也はエレメンタリオの4人に頼まれ、いすずの仕事っぷりを始めて見ることに。

 

天城ブリリアントパーク 第4話 ボロボロのクタクタ

モッフル「こいつを見るフモ!ボロボロのクタクタ!新しい機材の予算くらい認めたらどうなんだフモ!」

天城ブリリアントパーク 第4話 そこを何とかするのがあなたの任務

いすず却下よ。資金不足は知ってるでしょう

モッフル「しかし、こんな水鉄砲じゃお客さんがっかりだフモ」

天城ブリリアントパーク 第4話 こっちの弾ならいくらでもあるけど

いすずそこを何とかするのがあなたの任務よ。全力でお客を迎撃しなさい

モッフル「迎撃フモ!?」

いすずこっちの弾ならいくらでもあるけど

モッフル「フモ・・・」

 

つづいてマカロンとの会話。

天城ブリリアントパーク 第4話 ほかの楽器で代用しなさい

マカロン「こいつを見るロン。ボロボロのクタクタ!新しいの買ってロン!」

天城ブリリアントパーク 第4話 お客が逃げたら全力で追撃しなさい

いすず却下よ。ほかの楽器で代用しなさい

マカロン「おいおいこのままじゃお客さん逃げちゃうロン!」

いすずお客が逃げたら全力で追撃しなさい

マカロン「追撃・・!?」

天城ブリリアントパーク 第4話 それくらい真剣にやりなさい。いいわね

いすずそれくらい真剣にやりなさい。いいわね

マカロン「・・」

モッフルの後にマカロンの声聞くとマカロンの声が汚く聞こえてしますのは自分だけ?w

 

そしてティラミーとの会話。

ティラミー「こいつをみr!・・・」

天城ブリリアントパーク 第4話 撃たれるティラミー

う○こを見せ初っ端撃たれるティラミーw

いすず要件を言いなさい

ティラミー「間違えたミー。こっちこっち。しゃべるお花が!ボロボロのクタクタ!どうにかしたいんだミー。」

天城ブリリアントパーク 第4話 却下よ。善処しなさい

いすず「却下よ。善処しなさい

ティラミー「うーでも!でも・・・」

天城ブリリアントパーク 第4話 善処しなさい

いすず善処しなさい

ティラミーかわいそうw

 

これを見かねた西也はいすずに対して叱責。

西也「俺は円滑に進めろといったはずだぞ」

いすずあなたのご要望通り、円滑に進めたわ

天城ブリリアントパーク 第4話 どこがだ

西也「どこがだ。銃で脅して従わせて。あれでは俺をスカウトした時と同じではないか!」

西也「連中を脅すな!きちんと妥協点を探り出せ。高圧的に従わせるのだけは絶対にダメだ!」

いすずあ、あなただって高圧的でしょう!?

西也「そうだ。だが納得はさせているぞ」

天城ブリリアントパーク 第4話 ぐぬぬ

いすずぐぬぬ・・・

西也「まさかあんな調子で1年間支配人代行をやっていたのか?」

いすずあなたには関係ないわ!

天城ブリリアントパーク 第4話 ある

西也「ある!」

いすずあっ・・・

西也「今は俺の秘書だからな。そんな調子で足を引っ張られてはたまらんぞ!」

いすず私が・・・足手まとい・・・ですって・・・」

西也「あの調子ではな」

天城ブリリアントパーク 第4話 壁ドン

いすずの壁ドンw

天城ブリリアントパーク 第4話 なら!他にどうすればいいっていうの!?

いすずなら!他にどうすればいいっていうの!?」

西也「千斗・・・」

いすずは西也の言葉がショックだったようで一人悩みこみます。

天城ブリリアントパーク 第4話 お風呂

お風呂で。

 

西也とラティファ

西也はラティファに誘われ観覧車に乗ることに。しかし、高所恐怖症の西也は恐怖のあまり普段見せない恰好を見せてしまいます。

天城ブリリアントパーク 第4話 知っていたらお誘いしなかったのですga

ラティファ「ごめんなさい、知っていたらお誘いしなかったのですが」

西也「俺の見栄とやせ我慢だ。お前のせいじゃない」

ラティファ「でも・・・」

西也「とにかく、このことは秘密にしてくれ」

ラティファ「はい・・・でも、いすずさんには言っておいた方がいいのでは・・・」

天城ブリリアントパーク 第4話 冗談ではない

西也「冗談ではない!絶対に内緒だ!」

ラティファ「ふふふ・・・すみません、でも、ちょっとおかしくて・・・」

天城ブリリアントパーク 第4話 少女ラティファ

西也「なぁラティファ・・」

ラティファ「はい?」

天城ブリリアントパーク 第4話 ずっと前に俺と会ったことが無いか

西也「ずっと前に俺と会ったことが無いか?」

ラティファ「可児江様とですか?」

西也「あぁ」

天城ブリリアントパーク 第4話 すみません。記憶になくて

ラティファ「はい・・・すみません。記憶になくて」

西也が時折見るラティファにそっくりな女の子。記憶にない、というのが重要なことだったりします。

 

いすずと和解

天城ブリリアントパーク 第4話 お互い距離を取り

あの一件後、西也といすずはお互い距離を取り甘城ブリリアントパークへ行く際にも顔も合わせません。

天城ブリリアントパーク 第4話 地下施設が水没

そんな中、大雨の影響で排水設備が根を上げてしまい、このままでは地下施設が水没してしまうことが判明します。

原因は、昨日西也の判断で3機中1機を止めてしまったが故。

モッフル「どうするフモ!?もたもたしてられないフモ!」

天城ブリリアントパーク 第4話 まずは商品の避難

西也「わかってる!そうだな・・・まずは商品の避難を、いや。それよりキャストの安全・・・しかし水没する前に食い止めなければ営業を再開する前に全て終わr」

いすず対策本部の設置よ

西也「・・・!千斗!?」

天城ブリリアントパーク 第4話 会議室に来て。準備したわ

いすず会議室に来て。準備したわ」

天城ブリリアントパーク 第4話 いすず

天城ブリリアントパーク 第4話 頑張るキャスト

いすずが各処のキャストへ的確な指示を出し、何とか持ちこたえます。そして遂に排水ポンプが復旧。

天城ブリリアントパーク 第4話 西也

その働きっぷりを見て西也も笑顔に。

雨水の影響がないか確認中にいすずは今の気持ちを西也にぶつけます。

西也「ここも大丈夫そうだな」

いすずわかったわ」

天城ブリリアントパーク 第4話 ここで最後か

西也「ここで最後か」

いすずえぇ・・・可児江君。」

西也「なんだ」

いすずあなたに不満があるわけじゃないの」

西也「だったら」

いすず問題は私のこと。私はあなたが来るまでこのパークの支配人代行だった。」

天城ブリリアントパーク 第4話 キャストに命令するだけの軍人ね

いすず「ただ高圧的な態度でキャストに命令するだけの軍人ね」

西也「軍人?」

いすず「私は近衛兵なの。家は武門の家柄で何も疑うことなく軍人になったわ。ここに来たのはパークの再建を命じられたから」

西也「それはまた無謀な命令だな」

天城ブリリアントパーク 第4話 期待を裏切るまいと

いすず「えぇ、そうね。もっと言えば自分に向いていない任務なのも承知の上だった。でも、期待を裏切るまいと家名を汚すまいと全力を尽くして、出来なかった」

西也「ふ、エリート様の初めての挫折というわけか」

いすず「挫折・・・そうね」

西也「家の都合など気にせず逃げればいいではないか。・・・千斗?」

天城ブリリアントパーク 第4話 その発想は無かった

いすず「なるほど・・・その発想は無かった」

西也「おい・・」

いすず「とにかく私は失敗した。その事実にどう向き合えばいいのかわからなかった。キャストの皆からも嫌われてしまったわ」

 

対する西也もいすずの気持ちを知り、ラティファに頑なに拒んでいた自分の弱点である高所恐怖症と過去を明らかにします。

天城ブリリアントパーク 第4話 挫折だったら俺も負けんぞ

西也「挫折だったら俺も負けんぞ」

西也「あー、んん!俺は高所恐怖症なんだ」

天城ブリリアントパーク 第4話 えっ?

いすず「えっ?」

天城ブリリアントパーク 第4話 親に失望されたり人気が落

西也「子役タレントで人気絶頂だった頃に、まぁなんだ。急に高いところが苦手になった。お前と同じようなものだ。親に失望されたり人気が落ちたりするのが怖かったのか未だによくわからない。それが直接の原因というわけではないがその頃タレント業をやめた。叱られたし失望されたしあちこちに迷惑をかけた。ひどいものだった」

いすず「・・・そうみたいね」

西也「えーっとだなー。要するに。」

天城ブリリアントパーク 第4話 良くある話の1つだということだ

西也「俺様や、お前のちっぽけな挫折など、良くある話の1つだということだ!」

天城ブリリアントパーク 第4話 どうだ、まいったか

西也「そんなことを気に病むなど、お前という人間はくだらん!実に!くだらん!どうだ、まいったか!ははは!ははは・・・!」

天城ブリリアントパーク 第4話 そうかもしれないわね

いすず「そうね・・・そうかもしれないわね・・・」

西也「わかればよろしい!」

いすず「でも、あなたがそんな話をしてくれるなんて思ってもみなかったわ」

西也「そういえばそうだな・・・何故だ・・・全くわからん」

天城ブリリアントパーク 第4話 へとへとだけどとにかくありがとうございました

地下の確認を終えた2人の前に現れたのはキャストの面々。

ミュース「あ、いすずさん!」

ティラミー「すごいミーいすずちゃん!」

天城ブリリアントパーク 第4話 流石だと言っておくロン

マカロン「流石だと言っておくロン!」

いすず「え?」

ミュース「へとへとだけどとにかくありがとうございました!」

天城ブリリアントパーク 第4話 さっき連中に嫌われてるって言ったな

西也「さっき連中に嫌われてるって言ったな。これでもそう思うか」

天城ブリリアントパーク 第4話 笑顔

2人の仲も元通り、そしてキャストからの信頼も得たいすず。最後の笑顔がたまらなくカワイイ。

天城ブリリアントパーク 第4話 龍の口

天城ブリリアントパーク 第4話 龍の目

そしてラスト、赤い龍が目を覚ます描写が。この龍はなんなのか。


今回はいすずの回。いすずによる若干のエ○有り、そしていすずの過去が明らかに。

いすずの軍人体質は文字通りそのまま軍人の家系だったんですね。だから銃をあんなバンバン撃ちまくれるのかw

西也の仕事っぷりを見て、自分が立て直せなかった事もあって自分に負い目を感じていたんでしょう。でも受け入れることが出来ずに、前回からのストレスになってたんですね。

 

あと、西也が時折見るラティファらしき少女の記憶。あれは、まぁラティファ何ですがモッフルも心配している、”あること”のせいでラティファは思い出せないんですよね。これは後々明らかになります。

 

それとですね、やっぱりワニピーはクビで。

第5話はこちらから。 → 第5話「お金が足りない!」の感想、あらすじ、ネタバレ

まとめページはこちら。 → 甘城ブリリアントパークの感想まとめ一覧ページ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ