アオハライド第1話「PAGE.1」の感想、あらすじ、ネタバレ

アニメ『アオハライド』

第1話 「PAGE.1」

放送日:2014年7月7日放送(TOKYO MX)

「今、最もキュンキュンできる漫画」と話題のアオハライド。2014秋に実写映画も公開(しかも主演は本田翼!)される注目の作品です。高校生の双葉と洸が中心となってお送りする、恋愛漫画です。

原作を読んだ人の中には「ちょっとドロドロした女の部分の描写があるから嫌い」なんて意見もありますが、そんなものは2人が近づいていく展開と内容を見ていけば気にしないです。ってかそこだけをフューチャーして見るってなかなかひねくれてる気がします。

まぁ万人受けする漫画は存在しないですし、人気がある作品にはアンチも必ず存在するものです。

そんな話題性たっぷりの原作のアニメですが、第1話から早速キュンキュンさせてくれます。

ちなみにタイトルの【アオハライド】の意味は、「アオハル(青春)+ライド(ride)」つまり、「青春に一生懸命乗っていく」という意味を込めた作者による造語です。

 

あらすじ

吉岡双葉が中学1年生のある日、通り雨に襲われ近くの神社で雨宿りをしていると、そこには隣のクラスの田中洸も雨宿りをしているところだった。
洸に好意を寄せていた双葉は祭りに誘い、7時に時計台で待ち合わせる約束をするがそこに洸は現れなかった。

あれから3年、高校生になった双葉はわざと女子力が低い行動を取り男子からはモテないよう、女子に嫌われないよう振舞いながら生活していた。
それは中学で女子から「ネコかぶってる」と疎まれ孤立してしまったことが原因であった。

そんなある日、双葉は廊下ですれ違った男子生徒にかっての洸の面影を感じ取る。
相手の苗字は「馬渕」であることを知り別人と判断するが、その日の下校途中「馬渕」が実は「田中洸」であることを知り喜ぶも、容姿も性格も変わった洸に対して双葉は嫌悪感を抱く。

中学の時に洸も双葉に好意を寄せていたことを知り、再びあの頃に戻れると期待した矢先に洸は「あの頃とは違う」と双葉を突き放すが、双葉はその表情に寂しげな思いを感じ取る。

双葉が購買で万引きを疑われ友人2人も疑いの目を向けるが、洸の弁論によって双葉の潔白が証明される。
洸にお礼を言う双葉だったが、洸は友人二人との関係を友達ごっこと一蹴する。

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

昔の洸

中学時代の洸は明るくて元気だけどシャイな男の子って感じですね。

アオハライド 第1話 「PAGE.1」 洸

双葉と神社のイチャイチャする件で見せた笑顔。

アオハライド 第1話 「PAGE.1」  田中洸
双葉が夏祭りに行こうと誘い、洸から時計台に7時で!と頬を赤らめて約束した照れ。

全てが今の洸とは違う感じですね。

でも、約束した夏祭りに結局洸は来ず。「約束破るなんてサイテー!」と思いきや、実は夏休みの間に誰にも知らせずに転校していたからが原因。

てっきり双葉が

アオハライド 第1話 「PAGE.1」  双葉 男子なんか皆大嫌い

双葉:「男子なんか皆大嫌い!」

発言を洸も聞いていたことも大いに関係してたと思ったんですが。。実際、洸の引っ越しより夏祭りは前だったのか後だったのか、気になる部分ですね。

 

 

運命の再開

高校で再び出会った二人。というか、同じ高校に通っていた二人。まぁ、この時点で軽い運命なんですが。

既に季節は冬ですがそれまで双葉は全く洸に気づいていなかったのに対し、洸は双葉に気づいていた模様。言えばいいのに、つれない奴です。

それでも双葉が洸の後を付けていた際に、わざと神社に入って

アオハライド 第1話 「PAGE.1」  急に振ってきたよね

:「急に振ってきたよね」

と過去の思いでを自ら演出してキュンキュンポイントを設ける辺り、かなりのやり手。実は演出家のテリー伊藤も真っ青です。

 

しかも、「実は両想いだったという素敵な答え合わせ始めるとは、こんなん【今から付き合おうフラグ】ビンビンじゃないすか。と思いきや、

アオハライド 第1話 「PAGE.1」  感想 洸

:「もう昔とは違うからな、お前も、俺も。それくらい、昔の話ってことだ」

とフラグを圧し折ります。

アオハライド 第1話 「PAGE.1」  洸 チョップ

どうやら洸はもう双葉を好きでは見たいです。それを双葉は察します。

双葉:「これ、忘れろってことだ」

しかし、双葉にしてみれば突然好きだった相手が現れたら否が応でも意識はしてしまうはず。それを突き放す洸はやはり昔の洸とは全く違いますね。

一体、双葉の知らない3年間で何があったのか。その答えはこちらのページにありますが、まだ知りたくない方は我慢してください。

 

洸が見せた優しさ

さて、万引きのシーン。購買のBBAの勘違いでトラブルに巻き込まれそうだったトコロを洸が擁護。

まぁ、双葉がもっとハッキリ言えばすぐに解決したのは置いておくとして、昨日とは打って変わって双葉に対し優しさを見せました。

 

でもその後双葉がお礼を言いに行ったシーン。

双葉:「最初すごい腹立った。でも田中君が起こってくれたから、気がすんじゃった」

アオハライド 第1話 「PAGE.1」  友達ごっこじゃん

:「あんなので気がすむなんて、おまえ、安いな。そんなんだから、友達の関係も安いんだ。あんなの、ただの友達ごっこじゃん。くだらない。」

アオハライド 第1話 「PAGE.1」  双葉

双葉:「田中君からみたらくだらないかもしれないけどそれでも私にとっては必要なんだよ!」

:「はぁ?知らねえよ。別にいいんじゃね、俺関係ねえし。」

再びの鞭。

というか、ケンカ売ってるとしか思えない態度です。

これが果たして只の嫌な奴化した洸の本当の姿なのか、それとも違うのか。この段階では全くわかりません。

物語が進むにつれて洸の気持ちが明らかになっていきますよ。

そんで、もっとキュンキュンしていきますよ! → 第2話 「PAGE.2」の感想、あらすじ、ネタバレ

一気に全部見たい人はこちらから。 → アオハライドのまとめページ

洸演じる梶さんの恋愛情報はこちら。 → 梶裕貴と花澤香菜は付き合ってる線が濃厚

 

最後に、アニメの挿入歌にもなっている【Chelsy】が歌う「I will」。歌詞もアニメの内容と共感できる部分も多いし、おススメ。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ