大図書館の羊飼い第1話の感想、あらすじ、ネタバレ

アニメ 『大図書館の羊飼い』

第1話 「図書部結成」

放送日:2014年10月8日 24:30~放送(TOKYO MX)

グリザイアの果実同様、これも原作は1○禁ゲームなんですね。2014秋期はそれもん多い気がします。

全く持ってけしからん!ので・・・これも観ようかと。

原作の人気と評価はかなり高い模様。

PVはこちら

絵がキレイ!これは期待!

あらすじ

筧京太郎は、その日もいつもと同じように読書をしながら登校していた。

そこに届いた一通のメール。

「今日、貴方の運命を変える出来事があるでしょう 羊飼い」

筧が通う汐美学園で、噂される謎の存在「羊飼い」。

努力する人の前に現れて何でも願いを叶えてくれるというが、その姿を見たものはいない。

そんな噂を信じない筧だが、その直後、第六感の未来視によって、学園内の路面電車の脱線事故を視てしまう。

気づけば筧は走り出していた。

一人の少女を助けるために–

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

魔法の図書館

冒頭、謎の男から幼少期の京太郎が魔法の図書館の存在を聞きます。

大図書館の羊飼い 第1話 君みたいに必死な顔で本を読む子は初めてだ

?「君みたいに必死な顔で本を読む子は初めてだ」

?「この世の全てが書かれている魔法の本か」

大図書館の羊飼い 第1話 ホント

京太郎「それ読んだら怖い事なんてなくなると思うんだ」

?「魔法の本は存在するよ」

京太郎「ホント?」

?「その本はね、魔法の図書館にあるんだ。だけど、誰もが行けるわけじゃない」

京太郎「僕は行ける?」

?「それは、これからの君次第だ。人にやさしくすることだよ。心から人の幸せを願うのだ」

京太郎「よくわからない・・・」

?「いつか、分かる時が来るよ」

大図書館の羊飼い 第1話 図書館のチケット

?「これは図書館へのチケットだ。絶対になくしちゃいけないよ」

魔法の図書館。これが本作品のおける重要なキーワードなんでしょう。

 

未来視

そんな過去の出来事があった現在の京太郎は本ばかり読む知識欲旺盛な高校生に。

ある日の登校中、

大図書館の羊飼い 第1話 羊飼い

京太郎「今日、貴方の運命を変える出来事があるでしょう・・・羊飼い?」

大図書館の羊飼い 第1話 白崎つぐみ

大図書館の羊飼い 第1話 脱線事故

という一通の謎のメーが届きます。その直後、路面電車が脱線事故を起こす未来を見た京太郎は、そこで被害にあう白崎つぐみを助けます。

大図書館の羊飼い 第1話 君!逃げるんだ!

京太郎「君!逃げるんだ!」

つぐみ「え?」

京太郎「いいから!ここを離れろ!」

つぐみ「え、あのー」

つぐみ「あー!」

大図書館の羊飼い 第1話 おっぱい もむ

京太郎「この柔らかい感触は・・・これは・・・これは」

お約束のパターンw

さすが原作が1○禁だけあります。

大図書館の羊飼い 第1話 路面電車が脱線事故

それでもつぐみのことは助けることはできました。おっ○いも堪能できて評価上がって、いいこと尽くし!

 

大図書館の羊飼い 第1話 望月真帆

そんな京太郎ですが、生徒会長の望月真帆(もちづきまほ)から生徒会役員を推薦されます。しかし、京太郎にそんな気は無く、

真帆「私はあなたの能力を無駄にしたくはないの。入学以来学年トップのあなたなら、生徒会でも実績を残せるわ」

京太郎「ちょっとテストが得意なだけです。俺は役員なんて器じゃありませんよ」

と、丁重にお断り。

大図書館の羊飼い 第1話 スマイル1000円

紗弓美「砂原定食500円、竜田揚げ500円、スマイル1000円で2000円になりまーす」

と、学食で鈴木佳奈にボったくられる中、学園に纏わる羊飼いの伝説を思い出します。

京太郎「いつも学園のどこかにいるけれど、誰の目にも止まらない。懸命に努力をしている人の前に現れ、何でも願いを叶えてくれるという」

大図書館の羊飼い 第1話 桜庭玉藻

そんな中、桜庭玉藻が京太郎に今朝のつぐみに対する痴漢騒動について説明を求められます。

京太郎はありのままに伝えますが、当然信じてはくれませんw

大図書館の羊飼い 第1話 全部私が悪いの

つぐみ自ら京太郎の無実を晴らしたところで玉藻は疑惑を解きます。

大図書館の羊飼い 第1話 京太郎 フルボッコ

しかし、周りはそうは思っておらず京太郎をフルボッコしようとします。一景が助けに入るモノの状況は劣勢。

またしてもつぐみが京太郎の無実を晴らそうと声を上げ、

大図書館の羊飼い 第1話 私!嫌じゃなかったんです!

つぐみ「そう、私!嫌じゃなかったんです!」

つぐみ「えぇ!?えぇー!?」

大図書館の羊飼い 第1話 バカップルの野外プレイ

京太郎「結局、バカップルの野外プ○イってことで、その場は収まった」

野外プ○イww

 

汐見ハッピープロジェクト

騒動が収まり、京太郎の図書部の部室で話すことになった4人。

つぐみは京太郎に

大図書館の羊飼い 第1話 この学園を楽しくしませんか!?

つぐみ「か、筧君!わ、私と一緒に、この学園を楽しくしませんか!?」

と、汐美ハッピープロジェクトに勧誘します。

しかし、

大図書館の羊飼い 第1話 そんな活動に筧君を参加させるわけにはいかないわ

真帆「そんな活動に筧君を参加させるわけにはいかないわ」

と、生徒会長の真帆がこれを阻止すべく参戦。

しかし京太郎は

大図書館の羊飼い 第1話 生徒会にも白崎の活動にも興味はない

京太郎「正直言って、生徒会にも白崎の活動にも興味はない。」

真帆「私はただ、筧君に正しい選択をして欲しいだけよ」

大図書館の羊飼い 第1話 俺にとっては読書の方が何倍も有益だ

京太郎「そんなことより、俺にとっては読書の方が何倍も有益だ」

と、京太郎はどちらも参加する気はなく読書が一番有意義な時間を過ごせると思っていますが、

大図書館の羊飼い 第1話 だから筧君といたら何か新しい事が始められる気がするんです

つぐみ「わ、私は・・・今日、筧君と出会えて、今まで経験できなかったこといっぱい経験して、だから筧君といたら何か新しい事が始められる気がするんです」

京太郎「そうか・・・きっと白崎は感情と言葉に出来ない何かで動いてる。それが俺の理解を超えていて、今の俺にはわからない。俺は・・・この分からないものが知りたい」

大図書館の羊飼い 第1話 ゴールデンウイークまでって言ったよな

京太郎「ゴールデンウイークまでって言ったよな」

つぐみ「う、うん」

京太郎「決めた。白崎に協力する」

大図書館の羊飼い 第1話 つぐみ かわいい

つぐみ「はぁー・・・筧君!」

と、つぐみに協力することに決定。

 

真帆「筧君!どうして!」

一景「まぁまぁ、あまり強引なことをしたら仲良くなれないっすよ」

大図書館の羊飼い 第1話 別に筧君と仲良くなりたいなんて言ってないわ

真帆「べ、別に筧君と仲良くなりたいなんて言ってないわ!」

一景「誰が筧って言いました?」

大図書館の羊飼い 第1話 誰が筧って言いました

真帆ぐぬぬ・・・

あくまでも真帆は京太郎の能力を買って、生徒会役員にしたいと言い張っていましたが、一景にはばれていたようです。モテモテだなぁw

そして、筧も加わることになり、図書部部室が汐見ハッピープロジェクトの本部となることにw

すると、4人のスマホに同時に

大図書館の羊飼い 第1話 図書部はまずまずの滑り出しをみせたようだね。 おめでとう。 羊飼いより

『図書部はまずまずの滑り出しをみせたようだね。 おめでとう。 羊飼いより』

と、再び羊飼いからのメール。

 

謎の女子生徒「あれが本当に羊飼い候補何ですか?」

大図書館の羊飼い 第1話 潜在的な能力はかなり高い

?「あぁ、君と同じ、潜在的な能力はかなり高い。今朝だって見ていただろ。きっかけと使って、私がいない間しっかりと観察しなさい」

謎の女子生徒「はい」

?「いずれ彼も真実を明かし試験を受けてもらうことになるだろう」

大図書館の羊飼い 第1話 合格したどちらか一人が正式な羊飼いとなる

?「そして君と彼。合格したどちらか一人が正式な羊飼いとなる」

大図書館の羊飼い 第1話 あいつ・・・全然覚えてなかった

謎の女子生徒「あいつ・・・全然覚えてなかった・・・」

 


魔法の図書館、未来視、羊飼い・・・いきなしの伏線祭りですね。

冒頭とラストで出てきた謎の男、あれは同一人物でいいんでしょうかね。

それと同時に羊飼い候補らしき人物が最後に登場して、しかも京太郎がもう一人の候補だと話してました。

羊飼いってどんな願いもかなえてくれる、究極の引っ込み思案でしたよね。その候補・・・うーん、今のままじゃ謎多すぎですね。

とにかく、回を追うごとに伏線は回収されていくと思うので、それに期待!

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ