Fate/stay night(UBW)第3話感想、あらすじ、ネタバレ

アニメ 『Fate/stay night 【Unlimited Blade Works】』

第3話 「初戦」

放送日:2014年10月25日放送 24:00~(TOKYO MX)

第2話はこちらから。 → 第2話「開幕の刻」の感想、あらすじ、ネタバレ

あらすじ

士郎達の前に現れたイリヤとそのサーバントのバーサーカー。バーサーカーは攻撃を仕掛け、セイバーが交戦。

凛とアーチャーも加勢するがバーサーカーには傷一つ付けることが出来ない。

そのままセイバーとバーサーカーを戦場を変え、凛もイリヤの後を追う事に。

士郎は何も行動できなかった自分を戒め、共に戦う決心をすると共にセイバー達の後を追う。

一方、教会では言峰とある人物が意味深な会話をしており・・・・?

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

イリヤ、バーサーカーと戦闘

Fate stay night(UBW)第3話 驚いた

唐突に士郎達の目の前に現れたイリヤとバーサーカー。戦闘能力でいえば全サーヴァント中最高クラスだけあって凜も緊張を隠せません。

劣勢を感じたのか、士郎には逃げるよう指示。

イリヤ「相談はすんだ?なら始めちゃっていい?」

Fate stay night(UBW)第3話 じゃあ、殺すね

イリヤ「じゃあ、殺すね。やっちゃえ、バーサーカー」

するとバーサーカーが飛び上がり襲ってきます。そこへアーチャーの遠距離攻撃が炸裂。

「嘘、効いてない!?」

Fate stay night(UBW)第3話 全くの無傷

全くの無傷。この時点でかなりの強さなんだと分かります。そのままバーサーカーは士郎の元へ突進しますがセイバーがそれを阻止。そしてそのままバーサーカーとの戦闘へ入ります。

Fate stay night(UBW)第3話 器用

互角の戦いを繰り広げますが、バーサーカーもセイバーの小技に対応する器用さを見せます。

Fate stay night(UBW)第3話 上手すぎる!

「上手すぎる!あれのどこがバーサーカーだっていうのよ!」

Fate stay night(UBW)第3話 感服するほかない

セイバー「さぞ高名な英霊なのだろう。凶器に呑まれようと失われぬ太刀筋。感服するほかない」

アーチャー「狂戦士というより野生の化身だな。狂っていようと体に染みついた剣の実技だけは消え去らないというわけか」

それぞれのバーサーカーに対する賛辞のコメント。そしてアーチャーと凛の攻撃にもやはり無傷。

 

士郎奮起

Fate stay night(UBW)第3話 戦闘場所を変える

セイバーは戦闘場所を変えるためバーサーカーの攻撃を交わしつつ目的の場所まで誘導を始め、イリヤもそれについていきます。

凜もイリヤの後を追おうとしますが、士郎に一言。

Fate stay night(UBW)第3話 あんたは逃げるのよ!

「いい!?あんたは逃げるのよ!」

そう言い残し去っていきます。

士郎は何もできなかった自分に対し悔しさを露わに。

士郎「くそ!何も、出来なかった!」

士郎「あんな怪物相手に何ができるって言うんだよ!」

Fate stay night(UBW)第3話 一緒に戦うって決めたばっかりじゃないか

士郎「セイバー・・・一緒に戦うって決めたばっかりじゃないか!」

セイバーとの約束を思い出し奮起を誓う士郎はセイバー達の元へ向かいます。

 

教会にて

Fate stay night(UBW)第3話 変わって教会

所変わって教会。言峰と金髪の男がなにやら意味深な会話をしています。

Fate stay night(UBW)第3話 どう考えても黒幕

そして最後の微笑。どう考えても黒幕。

 

凛対イリヤ

Fate stay night(UBW)第3話 防戦一方

凛はイリヤに対し不意打ちを仕掛けますが失敗。それどころかイリヤの力の前に防戦一方。

Fate stay night(UBW)第3話 あっさり窮地に

それでも勝機を掴むべく意を決して真正面からぶつかっていきますがあっさり窮地に。そのまま殺されるかと思いきやアーチャーの援護のおかげで何とか逃げることに成功。

Fate stay night(UBW)第3話 化物よあれ

「っていうか化物よあれ。髪の毛一本で使い魔を作るとか常識超えてるわ!」

愚痴る凜。

Fate stay night(UBW)第3話 激昂

勝敗はセイバーの活躍に期待することにした凜はセイバーとバーサーカーの戦闘場所へ向かいます。道中逃げろと指示を出していた士郎と鉢合わせになり、ここにいることに対して激昂。

それでも士郎は譲らず、2人で戦闘場所へ向かいます。そこには戦闘を有利に進めるセイバーの姿が。

 

決着

セイバーがバーサーカーとの戦闘場所を変更させたことを冷静に分析する凜。

「勿論、こんな戦いになったらアーチャーの援護は期待できない。けど、相手はアーチャーの矢さえ無効化する怪物だもの。援護何て初めから無意味なのよ」

Fate stay night(UBW)第3話 アーチャーの弓

士郎「アーチャーの弓・・・」

凛の言葉に何かを思う士郎。

Fate stay night(UBW)第3話 貴様の死地だ

セイバー「語り合う思いも無く、名乗りを上げる自由も無い。我らを交えるのは互いを仕留める剣戟のみ。ならばこそ全霊の一撃で応えよう。行くぞ!ここが貴様の死地だ!バーサーカー!」

Fate stay night(UBW)第3話 読み矛先を掌で掴み防御

攻撃を回避しながら突進するセイバー。そのまま強烈な突きを繰り出しますがセイバーの見えない剣をバーサーカーは読み矛先を掌で掴み防御。

Fate stay night(UBW)第3話 実体化していき

それでもセイバーの見えない剣が実体化していき、バーサーカーの体に激しい光と共にヒット。

Fate stay night(UBW)第3話 体に激しい光と共にヒット

バーサーカーの体は裂け勝負は決したかのように見えました。

Fate stay night(UBW)第3話 修復

しかし、自己再生でみるみる修復していくバーサーカー。

Fate stay night(UBW)第3話 宝具を使い

その様子を遠くから俯瞰していたアーチャーは宝具を使いセイバーや士郎もろとも遠距離攻撃を繰り出します。

Fate stay night(UBW)第3話 やはり無傷

バーサーカーに見事命中するも、やはり無傷。

士郎とセイバーは何とか攻撃に巻き込まれることは免れます。

この結果を受け、イリヤは

イリヤ「ふーん、見直したわ凜。やるじゃないあなたのアーチャー。いいわ、戻りなさいバーサーカー。つまらない事は初めに済まそうと思ってたけど少し予定が変わったわ」

Fate stay night(UBW)第3話 逃げる気

「何よ、逃げる気!?」

Fate stay night(UBW)第3話 また遊ぼうねお兄ちゃん

イリヤ「えぇ、気が変わったの。セイバーはいらないけどあなたのアーチャーには興味がわいたわ。だから、もうしばらく生かしておいてあげる。それじゃバイバイ。また遊ぼうねお兄ちゃん」

そう言い残し去っていきました。

何とかイリヤたちを退けた士郎達ですが、その直後突如士郎が吐血を。

Fate stay night(UBW)第3話 しっかり!士郎

セイバー「士郎!?士郎、しっかり!士郎!」


戦闘シーンが面白すぎて禿げそう。そしてセイバー強い!

戦闘開始前でバーサーカーの方が単純な能力はセイバーよりも高いと凜が言ってたので、もしかするとバーサーカー勝つんじゃね?と思ってました。

アーチャーと凜の攻撃にもビクともしないしセイバーの攻撃を器用に避けるし。これに対してセイバーも感服してたし。こりゃ最強だなと。が、そんなことはあらず。

あの地形じゃ不利だと察してわざと攻撃を受けてから、自分の有利な地形へうまいこと誘導。それがマスターである士郎を守ることも兼ねてのこととは、いや恐れ入りました。

最後は止めを刺せませんでしたが、セイバーの実力を改めて窺い知ることが出来ました。

 

それはそうと、イリヤは何でアーチャーに興味を示したのか。最後の一撃でもバーサーカーは無傷ですし興味を引いた理由がイマイチわからない。あの場面で周囲を巻き込むような一撃を放った事を評価したのかな。

アーチャーのせこさも大概w

 

いや、言峰の暗黒っぷりも凄まじいですし、毎回期待のハードルを楽々超えてくれる数少ないアニメです。次回第4話「戦意の在処」も禿げそう。 → 第4話「戦意の在処」の感想、あらすじ、ネタバレ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ