アイドルマスターシンデレラガールズ第2話の感想、ネタバレ、あらすじ

アニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ(アイマス)』

第2話 「I never seen such a beautiful castle」

放送日:2015年1月16日 24:00~放送(TOKYO MX)

第1話はこちらからどうぞ。 → 第1話「Who is in the pumpkin carriage?」の感想、ネタバレ、あらすじ

あらすじ

「346プロダクション」本社にやってきた卯月と凜。2人は3人目の合格者である本田未央と出会い、すぐに意気投合。

ダンスレッスンも開始し、「346プロダクション」社内で所属するたくさんのアイドル、タレントと出会う。

その後「シンデレラプロジェクト」参加者全員と顔合わせを済ませ、最初の仕事「アーティスト写真」の撮影が始まる。

<スポンサードリンク>

 

感想、ネタバレ

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想001

芸能事務所の「346プロダクション」へやってきた卯月と凜。そこで未央と出会うわけですが、早速のハイテンションで若干ウザイw

でもこういうアイドルは人気出そう。多分ですが。

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想002

簡単な自己紹介を済ませた3人は意気投合。凜、未央は高校1年生。卯月は高校2年生ということで、リーダーは卯月に決定。ダンスレッスンの直前にスクールに通っていた事を引き合いに先輩風吹かせますが、敢え無く撃沈w

ここで

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想003

卯月「う~・・・先輩風吹かせてすみません・・・」

と素直に謝るトコロが実に卯月らしい。

 

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想004

他の『シンデレラプロジェクト』参加者との顔合わせの前に、「346プロダクション」のビル内を探検して沢山のタレントやアイドルを目にして興奮する卯月と凜。

老舗だけあって大物がかなりいる模様。卯月達の周りに描かれていた人物は恐らく他のシリーズで出てきたキャラクターなんでしょう。自分はアイマスって本作品であるシンデレラガールズのアニメでしか知らないのでまったく分かりませんw

こういうの分かる人は羨ましいなぁ。

 

さて、他の参加者との顔合わせで全員自己紹介。

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想006

みりあ「赤城みりあです!これで全員集合だね!嬉しいな!」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想007

莉嘉「ヤッホー!私、城ヶ崎莉嘉!中学1年だよ。仲良くしようね!」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想008

みく「前川みくニャ。よろしくニャン。皆は何キャラで行くの?」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想009

きらり「にゃっほーい、きらりだよ☆ みんな、よろしくにぃ☆」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想010

美波「新田美波です。よろしくお願いします。メンバーでは、ちょっとだけお姉さんになるのかな」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想011

アナスタシア「えっと……、アーニャと呼んでください」」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想012

かな子「初めまして。三村かな子です。このお菓子、私の手作りなんです。よかったら、どうぞ♪」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想013

李衣菜「多田李衣菜。ロックなアイドル目指してます」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想014

智絵里「緒方智絵里です。よ、よろしくお願いします!」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想015

蘭子「我が名は神崎蘭子。血の盟約に従い、我と共に魂の共鳴を奏でん…!」

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想016

「双葉杏。よろしく~」

個性豊かなキャラばかり。ってか三波の漂う団地妻臭よ。

 

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想017

アーティスト写真撮影は卯月、凜、未央の3人だけ表情が硬く撮り直し。

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想018

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想019

カメラマンが機転を利かせ3人同時に、自然体で普段通りにやってくれと指示。言われた通り普段通りに過ごすとナチュラルスマイルが。カメラマンやりおる。

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想023

ってか凜の笑顔マジ天使。

 

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想021

その様子を見ていたアイドル、城ヶ崎美嘉のライブのバックダンサーとして本人たっての希望で大抜擢。喜ぶ卯月と未央ですが、凜だけ

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想022

「こんな簡単に決まっていいのかな・・・」

と、順調すぎる展開に凜が戸惑い終了。

 

何かもう、いちいち凜がカワイくて困る。断然凛推し。個人的にクールな感じのお姉さんで、たまに隙を見せる女性がトテモアイシテルダカラーなのですが、まさしく凜がそれ。もうドストライク。

性格も、卯月と未央とは違って物事を客観的に観れる視野の広さだったり、『私が私が・・・』でなしにガツガツしてないトコもまたグッド。クールにしてるとこも、アーティスト写真でみんなと笑うとこも全てカワイイ。

で、思ったのが卯月と未央との違い。元々アイドル志望でレッスンやオーディションに参加していた卯月と未央とは違い、凜はプロデューサーによるストーカー紛いの行為の結果、普通の女子高生からアイドルへと一気にジョブチェンジしてるので、まだ環境の変化に戸惑ってる節が見れます。

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 「I never seen such a beautiful castle」 感想005

2人と違ってアイドルやタレントにそこまで詳しくなさそうで、芸能人にいちいち興奮する二人と違って凜だけはどっちらけ。自己紹介が済んで、卯月に声を掛けられた時も様子がおかしかったですし。最後の順調すぎるステップアップに対して出たセリフも、「素人同然の自分なんかが・・・」みたいに思ってるのかもしれません。

まぁ、素人っぽさというか、凜の本気度がまだアイドルに全て向けきれてない感じですかね。あるいは吹っ切れてないというか。卯月や未央みたいに志望していたわけじゃないからわかるっちゃわかるんですが。

なので、今後凜が「私なんかがアイドルとして本当にやっていっていいのか?」的なことになりそうな予感。 → 第3話「A ball is resplendent, enjoyable, and…」感想、ネタバレ、あらすじ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

One Response to “アイドルマスターシンデレラガールズ第2話の感想、ネタバレ、あらすじ”

  1. 意思由宇(いしゆう) より:

    初めまして。
    アイマスは大学時代に初代のアーケード版やXBOX360版を少しかじった程度でそれ以降は5年以上興味がなかったのですが、今回のデレマスはキャラデザが昨年末まで放送されていた「ヤマノススメ」の方だったので見ることにしました(瞳の描き方が可愛くて好き)。ゲームは全くやっていません。

    2話でメインとなる十数人がそろった感じですね。まだ全員覚えられていませんが、背の高いきらり、別のアニメにもいたようなゴスロリ中二病の蘭子(中の人も内田真礼ですし・・w)、さらに別のアイドルアニメにもいたような「にゃん」が口癖(キャラ作り)のみくあたりが特にインパクトが強かったです。

    現在のお気に入りは卯月ですね。同期の子が皆辞めてもレッスンを続けるガッツ、きれいな衣装やお姫様を憧れる乙女な部分、そしてなにより凛を目覚めさせた(落とした?)まぶしい笑顔、久々に「安心して応援できる」主人公を見た気がします。

    次回は新入りの3人がいきなりライブということですが、同じアイドルアニメの「ラブライブ!」でもメインの3人が3話でファーストライブを行っています。いろんな意味で最初のターニングポイントとなりそうな次回を楽しみに待とうと思います。

    初投稿で長文失礼しました。またコメントできれば、させていただきたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ