異能バトルは日常系のなかで第12話(最終回)感想、ネタバレ、あらすじ

アニメ  『異能バトルは日常系のなかで』

第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」

放送日:2014年12月22日 26:35~放送(テレビ東京)

第11話はこちらから。 → 第11話「『存在』キューピッドエラー」感想、ネタバレ、あらすじ

あらすじ

工藤の攻撃からなんとか逃れる文芸部員。
しかし既に千冬と鳩子は工藤に異能を奪われてしまっていた!
安藤は工藤の攻撃により傷だらけになりながらも、異能の第二ステージを覚醒させる!

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想001

美玲が操られ、文芸部室に殴り込み。その結果鳩子と千冬の能力を強奪される由々しき事態に。

相手の能力見るだけで能力盗めるとか、よく考えたらハンターハンターの団長と同じですから一番のチートじゃないかな。

そんな美玲相手に寿来が考案した作戦は、自身が覚醒した能力『ダークアンドダーク・オブジエンド(黒焔・終止符を打つもの)』を盗ませること。

以前覚醒した時には詳細が一切描かれず、その後部員から「二度と使うなバカたれ!」と釘を刺される場面だけが際立ったこの件。

その正体は『自分自身をも焼き尽くす灼熱の黒き炎』。そして一度発動したら他人はおろか自分自身でさえも消す事が出来ないという能力。使えねぇwww

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想003

結局寿来が覚醒させてしまった時は千冬がギロチンを作り出し黒焔から先の部分だけを切断。

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想004

そして彩弓が手を修復する何とも荒くて痛々しい方法で事なきを得た寿来。その過程から、「二度と使うなバカたれ!」に発展したわけです。

 

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想002

そんな危なっかしい能力を憑依した美玲はまんまと盗んでしまい消えない焔にアワアワ。寿来の思惑通りに事が進み美玲の憑依を解かせることに成功。

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想005

元に戻った美玲はいきなり右手が焔に包まれるわけわからん状況にこれまたアワアワするも、寿来が宥め、再び上述した方法で寿来、美玲両方を修復。

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想006

事の顛末を見届けた千冬、鳩子、灯代は号泣。

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想007

そりゃあね、トラウマもんだと思いますこれ。

 

前回はギロチンで切った手首は異空間に飛ばしてたみたいですけど、今回は慌ててたからなのか時間が無かったからなのか理由は分かりませんが、その処置を施してなかったと思うんですよね。好きな人の手首が切断されるのを間近で見ちゃったわけですから、そりゃ泣きます。

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想009

美玲も元に戻った日常では、当然の如く皆が寿来の事を好く日々。

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想010

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想011

鳩子と灯代がライバルとしてお互いを意識し始めるとか、初期に比べて展開はありますが誰とどうなるとかそんなことは一切なし。

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想012

さぁ、これから今を一生懸命生きていこう!で終わり。「えぇ・・・?」ってオモタ。

異能バトルは日常系のなかで 第12話(最終回) 「『日常』ユージュアルデイズ」  感想008

で、美玲操ってた女と相模との会話でちょろっと名前が出た精霊戦争とかいうもの。聖杯戦争かよ。ほとんど『異能側』が描かれないからマジでわからんかった。そもそもあいつら何者だよ。これも「ん・・・?」ってオモタ。もっと描かれるべきというか、このアニメの方向性がイマイチわからない点の1つ。12話じゃ厳しかったんですかね。

終始ラブコメに徹するか、異能云々でバトルに面舵とれば良かったのに。女の子全員カワイイのに残念。個人的にはラブコメ希望でしたが。

期待してたのに残念、の一言。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ