異能バトルは日常系のなかで第8話感想、ネタバレ、あらすじ。寿来覚醒?

アニメ  『異能バトルは日常系のなかで』

第8話 「『戦争』 ホルムガングバトル」

放送日:2014年11月24日 26:05~放送(テレビ東京)

前回第7話はこちらから。 → 第7話 「『覚醒』ジャガーノートオン」感想、ネタバレ、あらすじ

あらすじ

安藤たちの日常とはまた別の所で、異能者たちと異能バトルを繰り広げている桐生とその仲間たちの日常。
桐生は『リーティア』という名の妖精と手を組み、仲間たちと『F』という異端グループの殲滅を目論んでいた。

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

前回現れた桐生によって突如眠らされた鳩子。

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想001

桐生の目的はここではない場所で異能バトルを繰り広げているが、治癒できるメンバーが欲しかったから。そこで寿来率いるバージンチャイルド(穢れなき使徒)から一人引っこ抜いて来ようと画策。

その結果鳩子が狙われますが、鳩子の能力は治癒系ではないため桐生の早とちり。だから桐生が狙うべきは彩弓だったわけですね。

で、鳩子を見つけるべく寿来たちが取った行動は桐生が本来欲した人材である彩弓の能力、始原(ルートオブオリジン)を使う事。部室に鳩子を除く4人が集まり点呼を取り、わざと鳩子がいない状況を作ります。

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想002

彩弓「あらあら鳩子さんは欠席ですか。困りましたね、私たちは5人揃って初めて私立泉光高校の文芸部だというのに。一人でもかけてしまったらあるべき姿ではありません」

彩弓「それならあるべき姿に返しましょう!」

5人揃った通常状態へ返すことで鳩子を戻す作戦。

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想003

寿来「ルートオブオリジンのネクストステージ!ルートオブオリジン・ウロボロスサークル(始原・哲理を鎖す円環)!」

彩弓「安藤君!集中が途切れるので黙っててください」

寿来「はい・・・」

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想004

彩弓のルートオブオリジン・ウロボロスサークル(始原・哲理を鎖す円環)によって、見事鳩子を文芸部に返ってこさせることに成功。

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想005

寿来は鳩子に、鳩子はみんなに謝罪を繰り返しますが、ここで灯代がラノベ作家を目指している事を表明。寿来にはバレており、今までコソコソしていたのは相談に乗ってもらっていた為だと鳩子に釈明。

鳩子も事情を把握。

改めて寿来は鳩子に自分の気持ちを語り、感謝の言葉を述べます。最後は厨二的なノリで誤魔化す寿来。

寿来「共に行こう、櫛川鳩子。俺にはお前が必要だ!」

鳩子「うん。いいよ」

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想007

寿来の手を握る鳩子。

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想006

灯代「あ・・・」

鳩子「寿君の手、何か暖かいね」

寿来「え?ふふふ、そうだろう?何せ俺の右腕には煉獄の業火が宿っているのだからな!」

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想008

鳩子「ううん、違うよ。寿君の手だから暖かいんだよ」

寿来「え?」

戸惑う寿来。

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想009

千冬「安藤。そんなことよりこれ開けて」

そこに嫉妬した千冬登場w

ポテトチップスを開封しようとする寿来ですが中々開きません。

寿来「あ・・・(ドックン)」

灯代「何やってんのよ安藤?」

寿来「か、覚醒・・・した・・・」

灯代「はぁ?」

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想010

寿来「限界を超えて覚醒した・・・」

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想011

寿来「ダークアンドダーク・オブジエンド(黒焔・終止符を打つもの)!」

一同「今?」

灯代「安藤、あんたもしかしてウケを狙ってるの?」

寿来「ウケ狙って覚醒なんかできるか!」

灯代「で、具体的に何がどうなったの?」

異能バトルは日常系のなかで 第08話 「『戦争』ホルムガングバトル」 感想012

寿来「ふ、今見せてやる!ダークアンドダーク・オブジエンド!」

一同「おぉ!」

寿来「ふふ、あ・・・あああぁぁぁぁ・・・!」

最後は一番使えない能力を持つ寿来が覚醒したところで終わり。

今回で灯代は鳩子も寿来を好きなことがなんとなく察しがついた模様。次回はもっとこの三角関係がもつれそうな予感です。 → 第9話「『布告』ガールズアプローチ」の感想、ネタバレ、あらすじ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ