艦これ(艦隊コレクション)第1話感想、ネタバレ、あらすじ

アニメ 『艦隊これくしょん~艦これ~』

第1話 「初めまして!司令官!」

放送日:2015年1月7日 25:05~放送(TOKYO MX)

 

遂に艦これ~戦艦これくしょん~がアニメに!待ち望んだ方も多いはず、かくいう自分もその一人です。

DMMのブラウザゲームから始まり漫画やライトノベル、そして各企業とのコラボ(例:タイトー系列ゲーセンに掲げてある等身大タペストリー。一店舗だけですが見に行ったなぁ・・・)等を経て遂にアニメ化。もっと早くアニメ化されててもおかしくありませんでしたが、文字通り『満を持して』と言った感じです。期待の高さの現れか、艦これアニメ公式Twitterアカウントのフォロワーは現時点(1月7日現在)で12万人オーバー。

他のアニメ公式アカウントのフォロワーは数千~数万がほとんどの中、このフォロワー数はかなりの多さです。その他にも、これまた現段階で恐縮なのですがアニメ公式サイトがめちゃくちゃ重い(現在21時)wwまだ放送前ですよ?放送直後に公式サイトにアクセス集中して繋がらない~ってのは多いですが、まだ放送まで4時間くらいあります。にも拘らずこれですから、放送始まったら公式サイトサーバーダウンするんじゃなかろうか。それくらいの破壊力な気がする。

まぁ、それくらい本作品の期待度が高いということです。2015年冬アニメの中でもトップクラスなのは間違いありません。

で、PlayStation Vitaでゲーム化もされるので、これで大体のメディア媒体へ触手は伸ばした感じはあります。後は映画くらいですかね。本アニメがヒットすれば映画化される気がする。あくまで予想の範疇ですけど。来年2期放送→最終回で映画化決定の告知→再来年映画公開!・・・みたいな。あれ、何だかけいおん!みたいだw

この流れになるのか疑問ですが、余程の事が無ければ映画化しそうだと勝手に思ってます。誰か情報プリーズ。

そんな本作品のあらすじはこちら。

あらすじ

人類がその制海権を失ってしまった世界。
海を蹂躙する脅威、それが「深海棲艦」。
その脅威に対抗できるのは、「艦娘」と呼ばれる在りし日の艦艇の魂を持つ娘たちだけーー。
深海棲艦に対抗する艦隊の拠点、「鎮守府」。
ある日、一隻の艦娘が着任する。
彼女は、特型駆逐艦ー-。 その名を「吹雪」。
「吹雪です!よろしくお願いします!」
吹雪の、そして艦娘たちの物語が、今始まります。

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

 

感想、ネタバレ

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想001

提督室で輝かしい未来を描きながら「よろしくお願いします!」と挨拶する吹雪。

なんて純粋な目なんだ。まだ誰にも汚された事なんて無いに違いない。表現があれですが、実際まだ戦場経験が無いド素人ということが後々判明。何でもこの時に提督から「大丈夫、行けるっしょ!」と言われたらしい。提督ってゲーム上なら自分の設定ですよね。なんてこと言うんだ自分。

そんな吹雪が提督室から出ると同じく駆逐艦である睦月とご対面。挨拶をすませ挨拶を済ませてからの握手。

睦月「よかった。特型駆逐艦って聞いたので、もしかしたら怖い人なのかって思っていたから」

吹雪「私も、怖い人と同じ艦隊になったらどうしようって思ってたからよかった!」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想002

吹雪、睦月「えへへ・・・!」

2人ともコミュニケーション力高い。出会って4秒で友達なんて展開、アニメや漫画でしかあり得ないと思う。

 

そんな睦月に連れられやってきたのが吹雪が所属することになる『第三水雷戦隊』。部屋に入るとそこには夕立の姿が。

睦月「夕立ちゃん、吹雪ちゃん連れて来たよ」

夕立「っぽい?」

吹雪「は、初めまして!吹雪です!」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想003

夕立「夕立だよ。あなたが特型駆逐艦の一番艦?何だか地味っぽーい」

『っぽい』が口癖で初対面の吹雪に対し失礼な言動。なんて礼儀知らず。でもカワイイ。そんな夕立。そしてやはり抜群のコミュニケーション能力。

そして同じ第三水雷戦隊で隣部屋の川内と神通も吹雪を見にやってくる。

川内「ふむふむ、これが特型駆逐艦の一番艦か。ちょっとあか抜けないけどカワイイじゃん」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想004

神通「姉さん・・・」

吹雪大人気。もう一人の第三水雷艦の那珂はビラ配りの真っ最中。

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想005

那珂「艦隊のアイドル、那珂ちゃんのファーストライブやりまーす!みんなーきってねー!」

吹雪「あれが・・那珂ちゃん・・・」

神通「妹もご迷惑をおかけします・・・」

にっこにっこにーみたいな。灰汁が強い姉と妹に挟まれる神通。可哀想。

 

睦月と夕立の二人と共に鎮守府内を見て回る吹雪。その最中2人に実践経験の回数を質問します。

吹雪「ねぇ、睦月ちゃんと夕立ちゃんって実践どのくらい積んできたの?」

睦月「実践?この艦隊に配属になってからまだ2回かな」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想006

夕立「1回は何もしないうちに先輩たちが倒して終わっちゃったっぽいしねー」

睦月「吹雪ちゃんは?」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想007

吹雪「うぇ!?えっーと・・・このくらい?」

夕立「20?」

吹雪「うぇ!?い、いや・・・」

夕立「さすが一番艦!」

睦月「およよ・・・睦月も頑張らなくちゃ」

キョドル吹雪の反応。これを見て20を正とする2人の感覚が面白いw

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想008

吹雪は一航戦への憧れを口にし、練習を見学しに行くことに。そこでは正規空母赤城と加賀が練習に精を出しており、吹雪は赤城の姿に一目惚れ。

加賀「断りもなく入ってきてはダメよ」

睦月「すみません!吹雪ちゃん・・・」

吹雪「うん・・・」

赤城「ん・・・吹雪さん?」

吹雪「え?あ・・・はい!」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想009

赤城「やはりあなたがそうなのですね。提督から話は聞いています。」

吹雪「提督から・・・」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想010

赤城「いつか、一緒の艦隊で戦いましょ」

吹雪「は、はい!」

おぉ、赤城先輩マジ女神。憧れの先輩からこんなこと言われたら嬉しいに決まってる。吹雪もそれに漏れずデレデレ。あーかわいい。カワイイキャラクターしかいないよ艦これ。

そんな折、鎮守府内にサイレンが響きわたります。ここから物語は後半へ。

 

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想011

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想012

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想013

一同に集められた第一機動部隊、第二支援艦隊、第三水雷戦隊。そこに戦艦長門から敵戦艦を見つけ、潜伏場所を発見したから強襲をかける!と開戦宣言が出されます。

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想014

長門「では、第三水雷戦隊、主力に扇動して出発!暁の水平線に勝利を刻むのだ!」

ツリ目のキャラクターって個人的に好き。いい、命令されたい。

出撃直前の吹雪、前述したとおりこれが処女戦場。なので不安いっぱいの表情を浮かべるも睦月と夕立はそれに気付く様子は全くありません。皆無です。

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想015

それどころかレッツパーリィー!的なノリで吹雪を煽ってきます。あなたの事です、夕立。やっぱ空気読めないねこの2人。それでも私頑張る!と覚悟を決める吹雪。頑張って。

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想016

パ○チラサービスしつつ何とか出撃。出撃後も何とか皆に付いていきますがやはり初めての実戦。陣形を崩してしまい、そこで今回が初めての実戦だということを告白。

川内「何で言わなかったの?」

吹雪「司令官が心配ない、出来るって・・・」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想017

夕立「いい加減っぽーい」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想018

司令官ェ・・・。こんな状況ですが深海棲艦と遭遇してしまいそのまま戦闘開始。目の前で繰り広げられるドンパチに恐怖を覚える吹雪。それでも皆の足手まといにならないようにと奮闘。

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想019

深海棲艦にやられる直前で第一航空戦隊が到着する王道の展開。

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想020

赤城「第三水雷戦隊、ご苦労様でした!下がってください、ここからは第一航空戦隊が参ります!」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想021

加賀「ここは譲れません」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想022

そうして敵艦隊を文字通り圧倒。強いです第一航空戦隊。

吹雪「凄い・・・なんてカッコいいんだろう」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想023

戦場から戻った吹雪は赤城の戦闘、そしてかけてもらった言葉を思い出し自分なんかでは無理だよと一人黄昏ます。そこへ現れた司令官。これに何を言われたのか詳細は定かではありませんが、明確な目標を皆の前で口に出します。

吹雪「私決めた・・・」

睦月「えっ?決めた?」

艦隊これくしょん -艦これ- 第01話 「初めまして!司令官!」 感想024

吹雪「うん、私頑張る。強くなっていつか赤城先輩の艦隊の護衛艦になる!一緒に戦う!」

と、誓う吹雪でありました。

ということで、能力が低い主人公が憧れの先輩を目標にして成長していくスポ根青春アニメみたいな様相が明らかになった今作品。何れ吹雪の潜在能力が開花して赤城以上の存在に化けていく、ってのが王道かな。それまで苦労の連続でしょうが・・・吹雪カワイイから単純に頑張ってほしい。

司令官の顔は出てこないのかな。

第2話はこちら。 → 第2話 「悖らず、恥じず、憾まず!」感想、ネタバレ、あらすじ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

“艦これ(艦隊コレクション)第1話感想、ネタバレ、あらすじ” への1件のフィードバック

  1. コレくた~ より:

    1話切りはしないかな。
    視聴継続。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ