寄生獣セイの格率第8話の感想、ネタバレ、あらすじ。島田登場。

アニメ 『寄生獣 セイの格率』

第8話 「氷点」

放送日:2014年11月26日 25:29~放送(日本テレビ系)

第7話はこちらから。 → 第7話「暗夜行路」の感想、ネタバレ、あらすじ

あらすじ

同じ境遇に置かれた宇田との出会い、そして母親に寄生したパラサイトとの戦いをへて再び平穏を取り戻した新一。
しかしそこへ島田秀雄と名乗る新たなパラサイトが現れる。

<スポンサードリンク>

 

感想、ネタバレ

寄生獣 セイの格率 第08話 「氷点」 感想002

田宮良子の紹介に預かり新一の学校に通うことになった新しいパラサイト島田秀雄。田宮は未だに新一、ミギーコンビを気に入っている感じがします。

新一は敵意むき出しで島田を警戒しますが島田に新一と戦闘すtやる気はなし。しかも人間社会に適合したいと思っていると、今までのパラサイトとは一線を画している考えのパラサイトです。

・・・と思いきや、実は大嘘。ラストで女性をナンパしてから捕食してる描写があります。所詮はそこらへんのパラサイトと同じか。

 

そして、第6話でミギーに治療を施してもらった影響は周りの人間も気づき始めてきましたね。特に父親と恋人?の里見は如実に反応。

寄生獣 セイの格率 第08話 「氷点」 感想003

父親の「ひょっとしてお前、鉄で出来ているんじゃのか?」というセリフはかなり毒があります。まぁ、冒頭から母親が亡くなっても悲しむことはおろか話題にすら出そうとしない息子ですからね。こんなセリフを吹っかけてしまう気持ちも分かります。

里見も以前の新一とは全く違う行動、言動に驚きと困惑のダブルショック。

寄生獣 セイの格率 第08話 「氷点」 感想001

以前はオドオドきょどる事が多かった新一ですが、最近は芯がしっかりして何事にも動じない強さを持っていると感じていること。それと新一の特徴であった優しさは影を潜め、犬の死体を「犬の形をした肉の塊」と以前では考えられない言葉を発すること。

以前の新一に心惹かれた里見にとってこれは死活問題。なので新一に「君、泉新一君だよね?」と直接本人に聞くほど今の新一に疑問を抱いてます。

里見の願いも虚しく、新一はどんどん変わっていくことに。

そんな里見を演じる花澤香菜さんの恋愛事情、そして顔がでかいけどカワイイ!と言われる所以はリンクをクリック。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ