魔法少女まどか☆マギカ第11話の感想、あらすじ、ネタバレ

今回は魔法少女まどか☆マギカの第11話「最後に残った道しるべ」の感想、あらすじ、ネタバレ等を記載していきます!

ついに残り2話。あとはもう、泣くだけです。。。

その前に、第10話はこちらから。 → 第10話「もう誰にも頼らない」の感想、あらすじ、ネタバレ

 

第10話では

「ほむらの過去が明らかになり、まどかに執着する理由は2つの約束があったからこその行動」

という重大なことがわかりました。ほむら株急上昇。

 

第11話ではまどかの素質の原因と、まどかがある決意をする点が見どころです。

では、あらすじから。

まどかマギカ 第11話  「最後に残った道しるべ」

 

あらすじ

まどかが最強の魔法少女にして最悪の魔女と成り得る素質を備えた原因が、実はほむらの時間遡行の繰り返しにあったことが明らかにされ、ほむらの退路は次第に断たれていく。
さやかの告別式から帰宅したまどかは、インキュベーターと魔法少女の関わりの歴史をキュゥべえから聞かされるが、まどかはその過酷さを知り混乱に陥る。
のち、ほむらの家を訪ねたまどかは助力を申し出るが、ほむらからは自らが辿ってきたこれまでの真相を打ち明けられると共に涙ながら諭され断られる。
やがて見滝原には「ワルプルギスの夜」が来襲し(ただし一般人には、暴風雨の発生としか認知できない)、ほむらはありったけの武装で応戦を始める。
同じ頃、まどかは避難所にてほむらの劣勢を感じて何事かを決意し、母親に自分の覚悟を告げ戸外へと飛び出していく。
死力を尽くして戦うもこれまでの時間軸と同様に敗北し、深手を負ってしまうほむら。
どうしてもまどかを救えない絶望から彼女のソウルジェムが濁りきろうとしたその時、まどかが現れてほむらの手を取る。
「ほむらちゃん、ごめんね」と笑顔を見せながら…。

※wikipediaより引用

<スポンサードリンク>

感想とかネタバレとか

まどかの優しさ無限大

 

キュゥべえ:「魔法少女としての潜在力はね、背負い込んだ因果の量で決まってくる。一国の女王や救世主ならともかく、ごく平凡な人生だけを与えられてきたまどかにどうしてあれだけの因果の意図が集中してしまったのか不可解だった。」

キュゥべえ:「ね、ほむら。ひょっとしてまどかは、君が同じ時間を繰り返す毎に強力な魔法少女になっていったんじゃないのかい?」

まどかの魔法少女としての素質は、ほむらが時間遡行した分だけまどかの因果にプラスされていくことで、結果として膨大なモノになってしまったんですね。

 

確かに、第10話でほむらの一番初めの時間軸ではまどかはワルプルギスの夜に負けています。それがほむらを魔法少女にするトリガーになった出来事だったので。

時間遡行を繰り返していた時も、まどかが魔女になって世界を破滅に向かってしまうストーリーは時間遡行を繰り返した後の方だったので、初期の時点ではそこまで魔法少女としての素質はなかったと思われます。

ただひたすらにまどかだけを思い続けて時間遡行続けた行動が結果としてまどかへの負担となっていたなんて、皮肉なものですね。

 

まどかの決心

まどかが今までほむらが廻った体験を聞かされるシーン。

ほむら:「あなたを救う。それが最初の私の気持ち。今となっては、たった一つだけ最後に残った道しるべ。」

ほむら:「わからなくてもいい。何も伝わらなくてもいい。それでもどうか、お願いだからあなたを私に守らせて。」

このセリフと、下のキュゥべえとの会話

まどか:「どうしてそうまでして戦うの?」

キュゥべえ:「彼女がまだ希望を求めているからさ。」

キュゥべえ:「いざとなれば、この時間軸もまた無為にして、ほむらは戦い続けるだろう。何度でも性懲りもなく、この無意味な連鎖を繰り返すんだろうね。」

キュゥべえ:「最早今の彼女にとって、立ち止まることと諦めることは同義だ。」

まどか:「希望を持つ限り、救われないって言うの?」

キュゥべえ:「そうさ。過去の全ての魔法少女と同じだよ。」

ほむらが自分の為に何度も辛い思いをしていること、そしてそれにゴールはなく今後も無限ループを繰り返すことが分かったこと。

この2つの会話からまどかが魔法少女になる決心をしたと思ってます。

 

まどかの優しさは今まで散々描かれてきましたからね。

これらの理由が全部、人の為。自分なんて二の次。

そんなまどかだから、上記2つの事実を知ってしまったからこその決断だったと思います。

 

さて、次回でついに最終話。

第5話でマドマギはアニメ界のマー君理論を説きましたが、その通りじゃないですか?w

9話以降の破壊力。抜群すぎだと思うの。ティッシュが足りない。

つまりですね、最終回はいやがおうにも期待していいということです。

第12話、感動のラストは必見です! → 最終話(第12話)「わたしの、最高の友達」の感想、あらすじ、ネタバレ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ