魔法少女まどか☆マギカ第3話の感想、あらすじ、ネタバレ

魔法少女まどか☆マギカ第3話の感想、あらすじ、ネタバレ
今回は第3話「もう何も怖くない」の感想、あらすじ、ネタバレ等を記載していきます!

この回ではラストに視聴者が度胆抜かれる展開が待ってます。目が

( д) ゚ ゚

こんな感じになります。

その前に、第2話をチェックしてない方はこちらから。 → 第2話の感想、あらすじ、ネタバレ

第2話では

「マミさん、キュウべぇがまどかとさやかを魔法少女にジョブチェンジさせたいと思う一方、ほむらがまどかのストーカーと化しそれを食い止める(ただしまどかだけ)。」

といった流れでした。

これで魔法少女と魔女がどういった存在か(表面だけ)理解したまどかとさやかの二人がどっちの選択をするのか。これが見どころになっていきます。

いや、そもそもアニメタイトルに「魔法少女」って書いてあるんだからジョブチェンジするに決まってんだろ!という声は無しでw

さてさて、それではあらすじから。

まどかマギカ 第3話 あらすじ

あらすじ

まどかもさやかも、魔法少女になって叶えたいほどの願い事はなかなか思い浮かばなかった。
しばらくして、さやかの想い人・恭介が入院している病院の付近で、まどかとさやかとキュゥべえは魔女として孵化する直前のグリーフシードを目撃し、マミに助けを求める。
まどかはマミと共に魔女の結界の奥へ進む途中、この戦いが終わったら魔法少女になる約束をマミと交わす。
長く孤独な戦いを続けていて本当は寂しかった、という心境を打ち明けてまどかの申し出を歓迎したマミだったが、
「お菓子の魔女」との戦いの中でマミは首を噛み砕かれ、あっけなく絶命する。
窮地を脱するため、キュゥべえは魔法少女になるようにまどかとさやかに迫るが、そこへ登場したほむらが魔女を倒す。

※wikipediaより引用

<スポンサードリンク>

 

感想とかネタバレとか

 

まみさーーーん( д) ゚ ゚ スポポポーン

これに尽きる・・・。

 

さて、この回で、キュウべぇがまどかを魔法少女に推薦する理由が判明します。

それは、まどかが魔法少女になればマミさんよりもっと強い魔法少女なれるから

「まどかが生み出すかもしれないソウルジェムの大きさは僕にも測定しきれない。これだけの資質を持つ子と出会ったのは初めてだ」

こんなセリフを残し、最大級の賛辞を送っています。

何故、まどかがそれまでの資質を持っているのか。そして、そもそもキュウべぇがなぜ魔法少女をスカウトしまくるのか

それは今後明らかになってきます。

 

そして、マミさんとほむらの会話でも二人がまどかの素質に気づいていることも分かります。

マミさんは今までのほむらの行動で、自分より強い魔法少女を誕生させることを拒んでいる、と結論付けます。

このやり取りだけ観ると視聴者は、

「そうか、ほむらが散々まどかの魔法少女化を阻止する理由はそういうことなのか!この自己中黒髪女め!」

と感じる方も多いはず。

でも、これはミスリード。ホントの目的はごにょごにょ・・・。

 

そして、さやかが密かに思いを寄せる人、恭介が入院している病院で孵化する寸前のグリーフシードを排除すべく、魔女へ向かう道中にまどかがマミさんにある決意を告げます。

「私、魔法少女になってマミさんと一緒に戦います!」

まどかが魔法少女になりたい理由は、自分には何の取り柄もないダメな人間だが、魔法少女になって誰かの為に戦うマミさん強く憧れを抱き、一緒に戦いたいから。

なんて優しい子なんだ。結婚したい。

 

それを聞いたマミさんは

「マジで!?マジで私と一緒に戦ってくれるの!?傍にいてくれるの!?」

と大興奮。

今までは先輩魔法少女として強がっていた反動で涙がほろり・・。マミさん、そんなに辛かったのね。。

 

まどか:「でもでも私、願い事がないんです。

マミさん:「願い事がないならキュウべぇに頼んでおっきなケーキにしましょ!私と鹿目さんの魔法少女コンビ結成記念よっ!

まどか:「えー私、ケーキで魔法少女になるんですかぁ~?

マミさん:「嫌なら、自分でちゃんと考えるのっ!

 

・・・こんな幸せやり取りを繰り広げ、迎えたお菓子の魔女戦。共に戦う仲間を得ることが出来たマミさんは絶好調。

体が軽い・・・もう何も怖くない」と迫りくる魔女の使い魔をフルボッコ。

マミ無双状態です。

しかしチーズ大好き、シャルロッテに必殺技ティロフィナーレをお見舞いしたところで本体が出てきて・・・。

 

 

 

 

 

( д) ゚ ゚ スポポポーン

 

・・・となるわけです。

お菓子の魔女にガブガブガブ・・・。これです。度胆抜かれる展開ってのは。

これはびっくりした。マジでびっくりした。

普通ありえないでしょう。メインの女性キャラクターでこんな壮絶なやられ方するのって。首から上持ってかれるなんて。

上記の幸せなやり取りは全て、この為の死亡フラグだったんですね。

 

で、マミさんファンはこのシーンでトラウマになった方も多い模様。

  • マドマギ好きだけどこの回だけは観れない・・・
  • マミさんが可哀想!

と、悲痛な叫びが。

このやられ方は当時の2chやまとめでも大盛り上がりで、「マミる」という言葉が生まれたくらいです。

 

確かに衝撃的なシーンでしたが描写はかなり考えられたようで直接的に姿を見せるのではなく想像力を掻き立てる表現にしたみたいですね。

その後のまどかとさやかの怯え方で恐ろしさは十分伝わってくるんですがw

 

で、まどかとさやかに魔女が迫るところへ、マミさんにきっこうしbリボンで縛られていたほむらが到着し、魔女をあっさり撃破。

二人が魔法少女になることの現実を見せつけられたところでFin。

 

絶対的に信頼していたマミさんの壮絶な最期を目の当たりにしてしまったまどかとさやか。

魔法少女の現実を思い知った二人は今後どうなるのか、その答えは第4回に続きます! → 第4話の感想、あらすじ、ネタバレ

 

なにかご意見あればコメントいただければ幸いです。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ