探偵歌劇ミルキィホームズTD第2話の感想、ネタバレ、あらすじ。TDの意味

アニメ 『探偵歌劇ミルキィホームズTD』

第2話 「パーフェクト・フール」

放送日:2014年12月31日 19:00~放送(TOKYO MX)

第1話はこちらからどうぞ。 → 第1話「妖精たちは森に隠れる」感想、ネタバレ、あらすじ

ちなみに『TD』の意味、『とってもどっひゃーん』って意味らしい。

あらすじ

茉莉音の歌を盗んだ真犯人を探すべく捜査を進めるミルキィホームズ。

そんな中、小衣が『麗しき破滅の桃』によって洗脳させられてしまう。

洗脳された小衣はアイドル『花咲マミュ』として天城茉莉音の前に立ちふさがる。

果たして茉莉音と花咲マミュの勝負の行方は・・・。

<スポンサードリンク>

 

感想、ネタバレ

エレメント奪還

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想001

前回(主にシャロに)無実の罪を着せられ収監されたカズミを出迎える一同。

ネロ「ゴメンねー君が怪盗だなんて疑って。コーデリアがぁ」

コーデリア「え!ご、ごめんなさい。警察に引き渡して。エリーが」

エリー「えぇぇごめんなさい!あの後色々あってすっかり忘れていて・・・シャロが」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想002

シャロ「え、えーっとごめんなさい。アリスちゃんがぁ」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想003

アリス「え!?えぇぇぇぇ・・・・」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想004

ミルキィホームズの面々は罪の擦り付け合いをするも慈悲の心で4人を許すカズミ。

そんな4人は茉莉音の元を訪ねます。

シャロ「さぁ、全て白状してもらいます!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想005

と、宣言してかつ丼を頬張る4人w

茉莉音「あのー、それって取り調べられてる方が食べるんじゃ・・・」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想006

メロディア「じゃばー・・・すみません!私がやりました話します全て話しますから!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想007

シャロ「じゃあ食べちゃうから待っててくださいね」

そんなやりとりをしつつ、メロディアから話を聞きますが他のエレメントはどこにいるのかわからないらしい。

分かったのは、茉莉音とエレメント達を結んでいた『何か』が盗まれたこと。

そして、メロディアの時と同じく誰かの中に入っているであろうということ。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想008

コーデリア「つまり、茉莉音さんがエレメントを宿した人を見つけていけば、エレメントは取り戻せるし奇跡の歌を盗んだ怪盗も見つかる。こういう事ね?」

という結論に達したメンバー。

 

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想009

一方、署内で捜査と称し一人でデュフフデュフフ茉莉音の映像を見つめる小衣。

そこへ警子の元の姿『麗しき破滅の桃』が登場。

小衣「こ、これは捜査資料だから仕方なく見てるんだからね!ってあんた!・・・えっとえっと・・・あっ、ピーチがウェディングでぴちぴち!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想010

「麗しき破滅の桃よ!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想011

小衣「そうだったっけー?でもいい度胸ね。このIQ1600の明智小衣が・・・!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想012

「IQって何かしら?」

あっさり桃にしてやられ、そのまま洗脳される小衣。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想013

小衣「ココロ、アイドル、ナチャーウヨー」

 

マミュ登場

再びミルキィホームズ側に戻り、エレメントを盗んだ犯人を推理するメンバー。

その中で茉莉音のバックダンサー『BKT10000』のメンバーも容疑者候補に入れることに。

コーデリア「茉莉音さんの歌に嫉妬しているメンバーがいたら、歌を奪う動機には充分です」

茉莉音「そんなはずありません!みんないい友達です!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想014

茉莉音はメンバーを思い強く反発しますが、そこへ全BKTメンバーを連れてきたことで部屋はパニックに。

コーデリア「BKTって一体何人いるんですか!?」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想015

マネージャー「『BKT10000』は、1万人のメンバーを作るのが目標で、今5千人くらい登録されてます~」

アホやw

そんな状況下の中、プロデューサーが茉莉音と千田に洋画の吹き替えの話しが来ている事を告げますが、千田が事務所を辞めると爆弾発言。

千田「どうしてこの人はクビじゃないんですか?」

プロデューサー「千田ちゃん・・・」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想016

美樹「千田さん!茉莉音は歌を無くしたけどそれでも最高のアイドルであることに変わりはありません!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想017

千田「はっ!その最高のアイドルの仕事が、話題性だけでキャスティングされてネットを炎上させる吹き替え!お似合いね!私いつまでも茉莉音の下は飽き飽きなんで。お世話になりました」

茉莉音「千田さん・・・」

プロデューサー「いいのよ、あの子が決めたことだから。じゃあオーディションは美樹、あなたが行ってくれる?」

美樹「えっ、私が?」

茉莉音「美樹ちゃん、一緒に頑張ろう!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想018

美樹「う、うん」

千田の言う事一理ある。

 

茉莉音と美樹はネロの邪魔が入るも何とか吹き替えのオーディションをこなし、次の候補者に上記で操られた小衣の姿が。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想020

小衣「オーディションナンバー無し、花咲マミュでーっす!」

そして披露した曲『パーフェクト・ラブ』を見事な歌唱力で歌い上げます。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想021

喜ぶ小衣と謎の着ぐるみ。どうしてこれをエレメントと思うのか。

そのエレメントはカプリッチオと名乗り、花咲マミュは茉莉音の上位互換だと言い張ります。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想022

シャロ「天城茉莉音ゼーットットットットット・・・」

ももクロw

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想023

茉莉音にmental blowを与えつつも擁護するミルキィホームズのメンバー。

茉莉音も歌を取り戻す事に揺るぎはありません。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想024

すると花咲マミュの胸に付いているランプみたいなものが点滅を始めます。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想025

シャロ「何です?あのカラーでタイマーな感じのものは?」

カラータイマーw怪獣映画だから?ww

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想026

カプリッチオ「ふん!運がよかったね天城茉莉音!今日はここまでにしておくよ!しかしオーディション決勝では必ずこの花咲マミュちゃんが君を打ち破る!」

音響監督「あのー、今日がオーディション最終日だったんですが・・・」

結局、明日茉莉音とマミュの二人で決勝を行うことに。

 

オーディション決勝戦

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想027

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想028

そして荒野に作られたリングの上でオーディション決勝戦を行う茉莉音&ミルキィホームズとマミュ&カプリッチオ。

最終的にマイクを掴んでいた方が勝ち、という吹き替えとは何の関係性もない勝負方法w

アイドルの力見せたるでー!とマミュは秘拳を繰り出します。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想029

エリー「あれは古来より伝わる幻のアイドル秘拳、その名も握手拳!」

今度は北斗の拳w

ネロ「これは握手をしたファンから受けたパワーを力に変える秘拳握手拳です!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想030

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想031

握手拳で以外とダメージを負ったミルキィホームズ。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想032

しかし、コーデリアだけは効かず、逆に『手作りスイーツプレゼント拳』を披露。

ラオウじゃんw

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想033

ネロ「アイドルが自分で作った手作りスイーツのプレゼント!それを得ようとするファンの熱い愛を力に変えるんです!」

シャロ「何言ってるかわからないがとにかくすごい自信だ!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想034

『手作りスイーツプレゼント拳』で具現化したマシュマロマンみたいなやつから吐き出されるゲ○で握手拳の奴らを一掃。

するとこの戦いを見ていた茉莉音。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想035

茉莉音「もう止めて!カプリッチオは私よりその人を選んだんだ。自由にさせてあげて!私に・・・エレメント達を引き留める力が無かったんだから!」

格好がセーラームーンw

茉莉音の意外な告白にきょどった隙を突かれ、カプリッチオにやられるコーデリア。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想036

カプリッチオ「愛などいらぬ!所詮アイドルは弱肉強食!必要なのは力!握手で鍛えた腕力こそが正義!」

カプリッチオの言葉に心砕かれそうになる茉莉音ですが、メロディアの言葉で奮起。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想037

茉莉音「あなたは間違っています!間違っているのなら・・・正すのは私の役目!はぁー!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想038

ネロ「神話時代に生まれたというアイドルの必殺拳です!その名も『アイドル肩たたき拳!』」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想039

茉莉音「ファンの皆様から受ける愛を、何倍もの愛を、私は返したい!燃えろ!私のエレメント!アイドル肩たたき拳!」

聖闘士星矢w

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想040

アイドル肩たたき拳によってカプリッチオを突き破り、中から桃が出現。

こんな事をした理由を聞くと、エレメントを盗んだ怪盗に興味があったから。

シャロ「じゃあ何で茉莉音ちゃんを苦しめるようなマネをしたんですか?」

ネロ「目的はジーラだな!?」

「興味があったのよ!エレメントを盗む怪盗に」

茉莉音「私の歌を盗んだ・・・」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想041

「えぇ、エレメントを盗む力があれば面白いことが出来るかもって思ったわけ。ミルキィホームズが先か、それとも私がその怪盗を見つけるのが先か、楽しみね!」

シャロ「そんな勝負はしません!何故ならあなたは、今この場で私たちに捕まるんですから!」

すると再びマミュのカラーでタイマーな感じのものが点滅を始め爆発。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想042

シャロ「爆発したー!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想043

小衣「ここはどこ?何で私・・・?」

シャロ「なーんだ!花咲マミュは小衣ちゃんだったんですか!」

小衣「小衣ちゃん言うな!ってかそのま・・・まん・・・誰よ!?」

一同「おぉ・・・」

あの騒動を覚えてない小衣。そして茉莉音が桃の方を振り返るとそこに彼女の姿はありません。

リング中央のマイクを手に取り再び宣言する茉莉音。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想044

茉莉音「私、やっぱり諦めません!必ずエレメントを全員取り戻す!その為に・・・私!もっと強くなります!」

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第2話 「パーフェクト・フール」 感想045

最後はきちんと吹き替えの仕事をこなす茉莉音の姿が。プロフェッショナルです、茉莉音。

 


うーん、実にくだらないw

いや、いい意味でね。この小ネタをぶち込みまくるスタイルがミルキィホームズなんだろうなぁと、前回思ったのであっさり受け入れてますw

でも、ノリが『デンキ街の本屋さん』と似てるので、もしかすると食傷気味になるかもしれない。

今回もウルトラマン、北斗の拳、セーラームーン、聖闘士星矢のパロディめちゃくちゃぶっこんで来ましたし、それが少し心配ですかね。

 

しかし、犯人は誰なのか。てっきり桃が犯人だとばかり。

今んとこ怪しいのはBKT元メンバーの千田でしょうか。

それか、アンフェア狙いで美樹あたり。

ここら辺が有力かな。

第3話はこちらからどうぞ。 → 第3話「カレーの国では遠すぎる」感想、ネタバレ、あらすじ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ