サイコパス2(PSYCHO-PASS2)第6話の感想、あらすじ、ネタバレ

アニメ 『サイコパス2(PSYCHO-PASS2)』

第6話 「石を擲つ人々」

放送日:2014年11月13日 24:50~放送(フジテレビ)

↑タイトルの 「石を擲つ人々」の擲つの読み。『なげうつ』と読みます。

第5話はこちらからどうぞ。 → 第5話 「禁じられない遊び」感想、あらすじ、ネタバレ

あらすじ

軍事ドローンは容赦なく刑事たちを追いつめる。
そこにドミネーターを持った人物が現れ、犯罪係数が悪化した刑事たちを撃っていく。
常守朱はカムイの目的に気づき、執行官を下がらせ、監視官が前線に出るように切り替える。
そして朱自らカムイの足取りを追うのだが……。
そのころ市街では、ドローンの暴走が拡大し大混乱が起きていた――。

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

カムイの目的

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 001

朱達に次々と襲いかかる軍事ドローン。唐之杜の分析で一般人が操作するゲームと連動して起動していることが明らかに。

更に当人達に自覚は無く、現実とは違うホロ映像をゲーム画面に見せかけていることが判明。

朱は改めて『WC?』の意味の答えを探します。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 002

「殺意なく殺す人々・・・彼らの色は何色か。そういうことなの?カムイ!」

 

ゲームは複数のサイトでばらまかれており、削除しても数分で再登録。削除は困難なことが分かります。そんな中、カムイの目的は何か考える朱。

「カムイはドミネーターの機能を追及していた。デコンポーザーでドローンを無力化できるのはわかっていたはず」

東金「何か別の目的が?」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 003

「はっ!」

朱は何かに気が付き、執行官に警告を出します。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 004

「全ての執行官に警告!単独行動は禁止!監視官の傍から離れないでください!ドローンは囮です!ドミネーターを持った敵が背後にいます!」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 005

警告を聞かずにドローンの無力化に翻弄する蓮池執行官。その犯罪係数は322。バリバリの執行対象です。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」1

すると行方不明だった酒々井監視官が現れ、蓮池をドミネーターで執行。

蓮池「うわあああぁぁぁ!!!酒々井・・・監視官・・・!」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 006

酒々井「カムイの作る世界に猟犬はいらない」

そのまま息絶える蓮池。まぁ宜野座の言うことを聞かずにドローンに向かって行った時点で死亡フラグ立ちまくりでしたがw

 

蓮池を執行した酒々井の元にカムイが現れます。色相がクリアな事に感謝を述べる酒々井。

カムイ「そんな言葉を受け取る資格はない。僕は君にひどい事をした」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 007

酒々井「いいの。自分の目、元々嫌いだったから」

『ユーザー認証。酒々井水絵監視官。適性ユーザーです。』

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 008

カムイ「僕にとっては大切な目だ。完璧だ。これでこのドミネーターは僕を君だと認識し続ける」

酒々井「あなたの目になれてうれしい。役に立つなら私の体をいくらでも使って」

カムイ「ありがとう。今は計画を進めよう」

酒々井の目を移植したカムイ。そのおかげでドミネーターはカムイを酒々井だと認識するように。

 

朱と増田を取り調べている雑賀はカムイの目的にたどり着きます。

東金「目的は執行官の殺害ではない?」

「今までの事件を考えれば、答えは一つ。」

雑賀「あーなるほど。お前たちの目的は」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 009

「ドミネーターの回収!」

 

酒々井が2人

一方、東金の部屋に侵入している美佳。朱の写真を保管している事を不審に思ってかパソコンの中身を無断で確認中。

美佳「先輩のサイコパスの変化を記録してる?配属された日から毎日!」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 010

美佳「気持ち悪!」

東金へのストレートな感情をぶつけたところへ唐之杜から朱達がピンチだと連絡が入ります。

 

六合塚「これは・・・酒々井監視官が起動した2丁のドミネーターが別々に動いてる!?」

唐之杜「彼女に成り代わった誰かがドミネーターを扱ってるってこと」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 011

六合塚「ありえない!」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 012

唐之杜「でもそれ以外に説明つかないわよ」

六合塚「霜月監視官を待って応援に出ます」

「ダメよ!的にドミネーターがある以上執行官は来るべきじゃない!」

唐之杜の調査で現場の異変に気付いた六合塚ですが、朱の判断で応援は拒否。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 013

しかしそんな状態でも現場では次々に執行官が殺されていきます。

「唐之杜さん!酒々井監視官のドミネーターの位置を両方とも転送してください!」

東金「追うつもりですか?」

「皆さんは自衛を最優先に現場から脱出してください」

宜野座「まさか一人で行く気か!?」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 014

「ドミネーターでは監視官は殺せない。カムイは私が捉えて見せます!」

この状況に朱は1人でカムイの元へ向かおうという心意気を見せます。警察の鏡です。

 

これを聞いていた美佳。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 015

美佳「何勘違いしてんの!?執行官を下がらせて前線に立つなんて。ちょっとサイコパスがクリアだからって調子に乗って」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」2

美佳「濁っちゃえばいいのに」

美佳「あっ・・・私・・・何言ってるんだろう」

ちょっと美佳最低すぎますw

 

一筋の光

打つ手がない状況に雑賀がやってきて一言。

雑賀「ゲームのクラウドサーバ。灯台下暗しなんじゃないのか」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 016

唐之杜「・・・はっ!そうよ。私ったらどうして気づかなったのかしら!?国防省のドローン管理サーバから、ダイレクトにコントロールしてるなら・・・ビンゴ!」

雑賀「次はゲームプログラムをクラックしてサイコパス保護のホロを解除しろ」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 017

六合塚「見せるんですか!?プレイヤーに現実の光景を」

雑賀「それが一番手っ取り早い」

唐之杜「さっすが国防省のプログラム。この情報を解除するだけでも骨が折れそう」

雛河「ぼ、僕が、やる」

六合塚「やれるの?雛河」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 018

雛河「お姉ちゃん、助けなきゃ」

六合塚「私もサポートします」

雑賀の一言で状況を打破できる可能性が一気に浮上。現場の士気も高まります。

 

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 019

現場の朱は唐之杜達からの指示で何とかドローンから逃げ切るので精一杯。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 020

ドローンに追い詰められるも須郷の助けにより奇跡の無傷。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 021

須郷「同士討ちを避けるための安全装置です。一定の射角内に同種が存在する場合銃にロックがかかるようになっている」

ここで働いていたこともあり、作戦があることを告げる須藤。自分自身で実行する考えですが、朱がそれを買って出ようとします。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 022

戸惑っている最中に新庄執行官がカムイに執行されてしまいます。これで朱は我慢ならない様子で、

「須郷さん、命令です!私に指示を!」

須郷「命令って・・・」

宜野座「常守!お前がやる必要は・・」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 023

「早く!これ以上犠牲が出ないうちに!」

須郷「く・・・この先の運用試験場に移動します」

「行きましょう!」

宜野座「常守!先走るんじゃない!」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 024

運用試験場へ走る3人。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 025

そして後ろから朱をドミネーターで覗く東金。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」4

東金「ふっ、この状況で何て美しいだからこそ、黒く染めてやりたい」

段々東金がキモくなってきたw

 

反撃

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 026

ドローンが朱に的を絞っていることを利用し、朱が走り回ります。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 027

全てのドローンを一か所に集め、安全装置が起動したところで、ドローンの装備用の銃火器でドローンを一掃することに成功。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 028

唐之杜から5つのドミネーターが酒々井の元に集まっている話を聞き、カムイの元へ向かおうとした矢先に新たなドローンが。

それと同時に雛河が取り組んでいたサイコパス保護の解除が終了。

雛河「で、でき、出来た!」

六合塚「そっちに送るわ、志恩」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 029

唐之杜「翔君最高!」

雑賀「よーし、すぐにゲームプログラムに打ち込んで画面のホロを解除しろ」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 030

美佳「待って!プレイ中の人たちに今までの現実を見せるってこと!?そんなことして何人のサイコパスが濁ると思ってるの!?」

一同「・・・(無視)」

雑賀「そいつはお前さんの仕事だ」

美佳「は!?」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 031

雑賀「このまま全てのドローンがコントロール奪われたらどうなると思う?」

美佳「そんなの、公安のやることじゃない!」

雑賀「マニュアル通りじゃどうにもならないこともある」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 032

美佳「ぐぬぬ・・・」

美佳の空気の読めなさっぷりときたら。。。

 

唐之杜「オッケー!行っちゃおうかしら!」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 033

唐之杜の合図で保護プログラムの解除が実行されます。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 034

ドローンを介した画面越しに映るのは横たわる死体や血の海。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 035

それを見た一般人はゲームをストップ。ドミネーターの動きが止まります。

それと同時にエリアストレス警報発令。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 036

美佳「だから言ったのに!こんなの全部対処し切れるわけないじゃん!」

雑賀「泣き言いうな。監視官だろ」

六合塚「出動しましょう。霜月監視官」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 037

美佳「そんな・・・」

雑賀「集団的なサイコパス汚染か・・・まるでシビュラによる秩序の弱点を一つずつ確認してるみたいだな」

 

カムイと初対面

船で逃走を図るカムイと酒々井。2人の元へ朱がたどり着きます。

「カムイ!」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 038

ドミネーターを向けるも本当に反応しないことに驚く朱。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」3

一方のカムイもドミネーターを朱に向けるも、色相が改めてクリアなことに驚くカムイ。

「あなたは何者!?何が目的なの!?」

カムイ「常守監視官。君に裁きを見届けて欲しい」

「裁き?」

そう言い残すと2人をのせた船が出発。銃を用意していた朱ですが、

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 039

カムイ「君が撃てないのは知ってる」

「止まりなさい!」

すると東金が銃を手に取ります。

「東金さん!」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 040

東金「汚れ仕事は我々の役目だ」

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 041

船に銃を向ける姿に狡噛を合わせる朱。

「ダメ!」

東金に引金を引くことを許可しない朱。

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #06 「石を擲つ人々」 042

そしてカムイの右頬外側にでっかいキズ。

これは顔を変えるための傷なのでしょうかね。

結局カムイと酒々井はそのまま海原へ逃走。

 


 

カムイの目的はドミネーターの回収だったんですね。

手口はドローンを暴れさせて排除する執行官の犯罪係数を高め、それを狙いエヴァみたいなプラグスーツを着る酒々井と、酒々井の目を移植してドミネーターに酒々井だと錯覚させたカムイが執行官を殺害。

そして執行官が所持していたドミネーターを回収すると。

しかも犯罪係数が高まらなくともドローン(一般人)が勝手に執行官達を殺してくれて、それを回収すればいいだけ。ドミネーターを回収するだけの簡単なお仕事。

毎度の事ですがカムイ頭良すぎです。

 

てか美佳やっぱダメな子。

美佳「濁っちゃえば良いのに・・・」

は暴言以外の何物でもない。そして前々回から見せる典型的なマニュアル型人間の様相はそのままに、ゲームのホロを解除して現実を一般人に見せることを拒んだ場面。あの場の空気も読めないとか、実に使えない子です。

その場その場でマニュアルに従うあたり、朱には絶対なれないですねぇ。

朱を失墜させようと禾生局長に報告したり、今回の発言だったりをみると朱の活躍というか存在に対してコンプレックス抱いてるようにしか見えない。今回も好感度が下がった模様。

 

そして1係の中で一番怪しい存在、東金も段々本性が明らかになってきてます。美佳が東金の部屋に侵入して朱の犯罪係数を常日頃からチェックしている事が明らかに。変態やん。

そんな朱を黒く染めてやりたい発言変態やん。

コントロールすることが難しい相手程支配してやりたい的な癖(フェチ)の持ち主なんですか、この人は。

目的はイマイチわかっていませんが、カムイとは関係なく朱に興味があることは明らか。個人的にカムイよりも東金の方が気になる存在です。

 

そしてカムイと朱が遂にご対面。

「常守朱・・・・君ならわかると期待したのに・・・」と名指ししたり、朱の部屋に『WC?』と書いたり、カムイが朱を知っており更に興味を持っている事はこれらの事から分かっていました。

ドミネーターを朱に向け、クリアな色相を確認してうほ!みたいな表情。こいつも変態か。

朱には裁きを見届けて欲しい、と謎めいたセリフを吐き、今回集めた5個のドミネーターを使ってこれからまたデカい花火を打ち上げようとしてる模様。

裁きっていうのがシビュラシステム全体に行う事を指してるんだとすれば、やっぱり公安(国?)全体に対するカムイなりの『執行』をしようと考えてるんですかね。

第7話はこちら。 → 第7話「見つからない子供たち」の感想、あらすじ、ネタバレ

 

それと、今回は唐之杜演じる沢城みゆきさんのセリフが多くてちょっとうれしかったw(SAO2でシノン演じてます

常守朱を演じる花澤香菜さんの恋愛事情、そして顔がでかいけどカワイイ!と言われる所以はリンクをクリック。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ