六畳間の侵略者!?第12話(最終話)の感想、あらすじ、ネタバレ

アニメ 『六畳間の侵略者!?』

第12話(最終話) 「侵略順調!?」

放送日:2014年9月26日放送(TOKYO MX)

第11話はこちらから。 → 第11話「いつかあの人と…」の感想、あらすじ、ネタバレ

あらすじ

「ころな荘106号室」での共同生活もすっかり落ち着いた12月、学校はクリスマスの話題でもちきりに。

『青騎士』舞台続編の稽古が始まるという時に、孝太郎はみんなに内緒でアルバイトを増やしていた。

「恋人ができたんじゃ!?」とわくわく&ヤキモキする周囲に迫られる孝太郎。

六畳一間の攻防戦はいったいどうなる…!?

※公式HPより引用

 感想、ネタバレ

リア充孝太郎その1

前回のシジマ・タユマとのバトルから一転してほのぼのした冒頭。

六畳間の侵略者 第12話 最終回 キリハ ルース

朝はキリハとルースが朝食の準備をし、

六畳間の侵略者 第12話 最終回 ティアミリス 起きろ孝太郎

ティアミリスは青騎士の舞台の為孝太郎を布団から叩き起こし、

六畳間の侵略者 第12話 最終回 早苗 同化

早苗は孝太郎の中に入った状態で布団を共にし、

六畳間の侵略者 第12話 最終回 ゆりか 寝ぼける

六畳間の侵略者 第12話 最終回 カラマ コラマ 頭突き

ゆりかは起しても寝ぼけ続けるのでカラマとコラマが『ショック療法』という名の頭突きでゆりかを起こし、

六畳間の侵略者 第12話 最終回 孝太郎 ふっ

そんな平穏な日常に孝太郎は小さく笑みを浮かべます。

そりゃ美少女たちに囲まれながら朝目覚めて、ほのぼのライフ見せられたらこんな顔にもなります。そうですか、これがリア充ですか。

<スポンサードリンク>

何かを思いつく孝太郎

六畳間の侵略者 第12話 最終回 クリスマス

早苗以外のころな荘の住民はクリスマスの存在がよくわかっておらず、早苗が「サンタさんがプレゼントをくれる日」だと説明。

それでも「サンタさん」の素性がよくわからない皆は納得がいかないみたいです。そんな中、静香が

六畳間の侵略者 第12話 最終回 恋人たちがラブラブする日

静香:「別に間違ってないわよ。ただ最近は恋人同士がラブラブする日みたいになってるだけ」

六畳間の侵略者 第12話 最終回 ルース ラブラブですか

ルース:「ら、ラブラブですか?」

静香:「そうよ、ケーキみたいに甘ーい日よ!」

六畳間の侵略者 第12話 最終回 ゆりか 恋人なんていなくても大丈夫

ゆりか:「恋人なんていなくても大丈夫ですよ。家族とか友達と集まって美味しいもの食べてもいいんです」

早苗:「そうそう、みんなでパーティーとかするのよね!」

ティアミリス:「パーティー!?だ、ダメじゃダメじゃ!わらわたちはそんなことより演劇のけいこをせねばならん」

六畳間の侵略者 第12話 最終回 えーそうなんですかーjpg

ゆりか:「えー、そうなんですかー?」

ティアミリス:「当然じゃ!明日から本格的に始めるぞ!」

 

そのやり取りを眺めていた孝太郎はマッケンジーにクリスマスに予定があるかを聞かれ

六畳間の侵略者 第12話 最終回 孝太郎 クリスマスの予定ならある

孝太郎:「あぁ、クリスマスの予定ならある!」

と告げ教室を出ていきます。

六畳間の侵略者 第12話 最終回 キリハ 感付く

何か感付くキリハ

 

リア充孝太郎その2

そんな孝太郎ですが、ケーキ屋のアルバイトをしている姿を桜庭先輩に見られます。

 

孝太郎:「桜庭先輩・・・こんばんは。」

六畳間の侵略者 第12話 アルバイトですか?

桜庭先輩:「こんばんは、サンタさん。アルバイトですか?」

孝太郎:「ふぉふぉふぉ、実は今日から始めたんですじゃ。お嬢さん、プレゼントをどうぞ」

六畳間の侵略者 第12話 チラシしか頂けませんか

桜庭先輩:「私、結構いい子にしてると思うんですけど、チラシしか頂けませんか?」

孝太郎:「えっ、困ったなー」

六畳間の侵略者 第12話 じゃあサンタさん、これをください

桜庭先輩:「じゃあサンタさん、これをください!」

六畳間の侵略者 第12話 似合いますか

桜庭先輩:「似合いますか?」

六畳間の侵略者 第12話 可愛いですよ

孝太郎:「可愛いですよ、子供みたいで」

桜庭先輩:「えっ?もう、里見君のいじわる」

六畳間の侵略者 第12話 本音を言ったまでです

孝太郎:「本音を言ったまでですー」

ちょっと病弱だけど女子力完璧でカワイイ女の先輩とイチャイチャする孝太郎。そうですか、これもリア充ですか。

この無意味なやり取り後、孝太郎は桜庭先輩にある頼みごとをします。

 

一方ころな荘106号室では、孝太郎が新しくアルバイトを始めた事を知り舞台稽古をおざなりにしていると考えたティアミリスはお冠。

六畳間の侵略者 第12話 明日から稽古を始めると

ティアミリス:「明日から稽古を始めると言うておるのに、孝太郎の奴・・」

しかしカラマとコラマはそんな話題我関せずw

六畳間の侵略者 第12話 コンロ

カラマ:「ピッタリだホー!」

コラマ:「霊子力コンロだホー!」

心なしかカラマとコラマの表情がゆるくなった気がする。笑ってる感が半端ない。

 

六畳間の侵略者 第12話 恋人と素敵なクリスマス

しかも孝太郎が理由を伏せてアルバイトを始めたことで、恋人の存在を疑う4人。

六畳間の侵略者 第12話 ルーズ 怒る

ルース:「台本が出来たら稽古に集中するというお約束でしたのに、殿下はそのために頑張っていらっしゃるのに、恋人、ラブラブ・・!」

ルースは激おこw

そんな中孝太郎が帰宅し、アルバイトは3日間だけだし、演劇の稽古は十分あると皆に説明しますが当然納得はしません。特にルースw

ルース:「そもそも、何で新しいバイトを入れる必要があるのですか?」

ゆりか:「そうですよおかしいです!」

孝太郎:「その、まぁ年の瀬は何かと入用ですから」

ルース:「本当にそれだけですか」

ゆりか:「信じられないですー」

六畳間の侵略者 第12話 本当にそれだけですか

ルースの追及がかわいいw

六畳間の侵略者 第12話 コンロの火

キリハが助け舟を出し、何とかこの場は収まり鍋を食べることに。でもこの鍋に使われているコンロは

六畳間の侵略者 第12話 力が吸い取られるホー

カラマ:「ち、力が吸い取られるホー」

六畳間の侵略者 第12話 カラマー!

コラマ:「カ、カラマー!!」

霊子力コンロダメじゃんw

 

逆ドッキリ

孝太郎がアルバイトを始めたきっかけは、皆にサプライズでクリスマスパーティーを開くための資金集めでした。

六畳間の侵略者 第12話 飾りつけ

そのお金でクリスマスツリーを用意し、飾りつけを桜庭先輩に手伝ってもらうために、お願いをしていたわけですね。

六畳間の侵略者 第12話 早苗 ゆりか

そんな孝太郎の様子を探る早苗とゆりかw

このスパイ活動のおかげでころな荘の住民は孝太郎の計画を知ります。そこでころな荘の住民が取った行動が、孝太郎を嵌める逆ドッキリ。

六畳間の侵略者 第12話 編み物教室 使用できない

桜庭先輩に急かされ編み物研究会の会室に向かった孝太郎は、会室が使用不可能な状態にあることを知ります。

別の会場の代案としてころな荘を指定した桜庭先輩。孝太郎もそれに異議なしで急いで向かうことに。道中、106号室皆の顔が浮かびます。

六畳間の侵略者 第12話 最初に出会ったのは早苗

孝太郎:「最初に出会ったのは早苗だったっけ。今やすっかり妹みたいになって、抱き付かれるのも体に潜り込まれるのも慣れっこになっちまった」

六畳間の侵略者 第12話 ティアはずいぶん成長したよな

孝太郎:「ティアはずいぶん成長したよな。出会ったころよりずっと素直で優しくなった。今のあいつなら家臣として仕えるのも、案外ありかもしれないな」

六畳間の侵略者 第12話 ルースさんも律儀な人だし、一緒にいて安心できた。

孝太郎:「ルースさんも律儀な人だし、一緒にいて安心できた。もしルースさんがいなかったら、ティアともうまくやれなかったかもな」

六畳間の侵略者 第12話 ゆりかは最初から頼りなくていい加減だと思っていたけど

孝太郎:「ゆりかは最初から頼りなくていい加減だと思っていたけど、案外まっすぐなとこもあるいいヤツなんだよな。何より一緒にいて退屈しないんだ、あいつは」

六畳間の侵略者 第12話 キリハさんとは遊園地で侵略の事情を知って以来、

孝太郎:「キリハさんとは遊園地で侵略の事情を知って以来、本音で語り合える仲になった気がする。キリハさんも言ってた通り、今や俺たちは親友だ」

六畳間の侵略者 第12話 サプライズにこだわる必要なんてなかったんだ

孝太郎:「俺はこういう気持ちをあいつらに伝えたかっただけなんだ。サプライズにこだわる必要なんてなかったんだ」

皆に対する思いが湧き上がってきたところで、アパートに到着。するとそこには既にパーティー会場をセッティングした状態で待っていた106号室の皆。

六畳間の侵略者 第12話 メリークリスマス

六畳間の侵略者 第12話 メリークリスマス!

一同:「メリークリスマース!」

六畳間の侵略者 第12話 驚く 孝太郎

ここで初めて自分が逆ドッキリに掛けられたことを知る孝太郎。

サプライズパーティーの準備を手伝ってくれた桜庭先輩も協力をお願いしたマッケンジーもこの作戦に乗っかっていたことを知り、多少なりショックを受けるものの用意したクリスマスツリーやケーキもちゃっかり移送されていることもしり、この表情。

六畳間の侵略者 第12話 ケーキ ツリー

六畳間の侵略者 第12話 やれやれ

そして、皆でクリスマスパーティーを楽しみます。

六畳間の侵略者 第12話 ゆりか ティア

六畳間の侵略者 第12話 桜庭先輩 キリハ

六畳間の侵略者 第12話 マッケンジー カラマ コラマ

六畳間の侵略者 第12話 ルース 静香

六畳間の侵略者 第12話 孝太郎!私チキン食べたい!

六畳間の侵略者 第12話 孝太郎!今心の中で何考えてたの

早苗:「孝太郎!今心の中で何考えてたの?」

六畳間の侵略者 第12話 何でもない。さぁ、食うぞ!

孝太郎:「何でもない。さぁ、食うぞ!」

六畳間の侵略者 第12話 何でもない

孝太郎:「ひょっとすると俺は、いつの間にか心の中を侵略されちまったのかもな」

 

謎の声と2期へのフラグ

六畳間の侵略者 第12話 プレゼント

桜庭先輩を家に送る途中、孝太郎はクリスマスプレゼントを渡します。それは、孝太郎が編んでいたマフラー。しかも初期のころに編んでいたもの。

孝太郎:「先輩には俺のスタート地点を持っていてもらいたくて」

と孝太郎が話す通り桜庭先輩には特別な思いがあるように見受けられますね。

六畳間の侵略者 第12話 マフラー

マフラーを装着する桜庭先輩に対し、孝太郎は

孝太郎:「似合いません、マフラーの趣味が悪すぎます」

と反論。すると桜庭先輩が第9話で登場した光を放つ神々しい桜庭先輩に変化します。

六畳間の侵略者 第12話 お黙りなさい

桜庭先輩「お黙りなさい。騎士が公女に意見するとは何事ですか。」

六畳間の侵略者 第12話 これはアライア殿下

孝太郎:「これはアライア殿下。申し訳ありません。」

何故か演技スタート

終り六畳間の侵略者 第12話 剣

その流れで桜庭先輩も孝太郎にプレゼントを剣に見立て渡します。

 

なぜいきなり桜庭先輩が変化したのか、そしてそれには何も触れずどうして孝太郎は演技をしたのか。それはわかりませんが、恐らく回収しきれていない伏線を最後にもう一回ぶっこん出来たんだと思われます。

しかも、謎の声の話す内容ががこれまた。。。

?:「孝太郎。あなたは今もまだ思い出してはいないのですね。でも、それでいいのです。あなたにはこれから向かうべき場所があり、出会うべき人がいるのですから。幾百万年の時と、幾千万の道のりの果てに、いつかまた、必ず・・・」

更に、エンディングで

早苗:「魔法少女ラブラブハート最終回かー残念!」

ゆりか:「さみしいです・・でも皆大好きです!」

ティアミリス:「全く、名残惜しいものじゃ」

キリハ:「再び会える日もあるだろう。またいつか、な」

終り六畳間の侵略者 第12話 またいつかな

これは2期あるで

というか伏線も謎の声もエンディングも全部次に繋がる要素、含みを持たせてますし、最後「完!?」ですからね。間違いなく2期あるんでしょう。

いつ放送かはまだ未定ですが、ちょうど1年後、2015年の夏クールで放送でしょうか。楽しみすぎる。。

 

金曜深夜に、楽しい週末の幕開けと共に時には笑って時には泣かせてもらいました。六畳間の侵略者はキャラクターがいいですね。全員がきちんと立ってて魅力的です。で、どのキャラクターの回でも外れがなかったです。

放送始まる前PV観て面白そうだと思って観ましたが、それを上回る勢いでした。

是非、2期も同じスタッフでお願いします。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ