ソードアート・オンラインII(SAO2期)第11話の感想、あらすじ、ネタバレ

アニメ『ソードアート・オンラインII(SAO2期)』

第11話 「強さの意味」

放送日:2014年9月13日放送(TOKYO MX)

第10話はこちらから。→ 第10話 「死の追撃者」

 

あらすじ

《死銃》から逃れたキリトとシノンは、砂漠地帯の洞窟に身を潜めていた。そこでキリトは、《死銃》がプレイヤーを殺害した方法を考察。
《死銃》がキリトに反撃した際、黒星ではなくライフルに持ち替えたことから、現実世界のプレイヤーを殺害するにはなんらかの条件があると推理。
さらに推理を進めたキリトは、ある恐るべき可能性に思い当たる。

※ 公式HPより引用

感想、ネタバレ

シノンの苦悩

キリトの強さに惚れたシノンは、キリトがどうやって過去の記憶を乗り越え強く有るのかを問います。

でもキリトは過去を乗り越えてないと解答。

それを聞いたシノンは落胆しますが、それは殺めてしまったことを償うために必要なことだとキリトは説明

ソードアート・オンラインⅡ(SAO2期) 第11話 キリト シノン

人を殺してない自分には分かりませんが、人の脳は自分にとって都合の悪い記憶を消すと聞きます。

でも、こうしたトラウマのような記憶は消してくれないんでしょうか。。

そう考えるとシノンはキリトの答えはに一生十字架を背負う覚悟と信念みたいなモノを感じ取ったことと思います。

救いを求めたシノンにとっては、絶対辛いよなぁ・・。

 

<スポンサードリンク>

暗殺方法

デス・ガンが行っていた暗殺方法をキリトが名推理。ソードアートオンライン中でも園内PK事件を解決した頭のキレの持ち主なだけあります。

以下キリトの推理。

仮想世界の中だけで殺人は出来ないということが大前提。

そして、キリトとデス・ガンが対峙した際に“黒星・五四式”ではなくライフルに持ち替えたこと。“黒星・五四式”の方が殺傷力が高いはずなのに、です。

そしてデス・ガンが拳銃を撃つ際に行う十字架のジェスチャー、装備している消えるマント

これらの情報を元にキリトは、デス・ガンは1人ではなく2人存在するのでは?という仮説を立てます。

 

仮想世界で殺人を犯すことが出来ないとならば、残るは現実世界で生身の体に対して何らかの方法(注射等)で殺すしかない。

しかし、ここで一つの疑問。どうやってデス・ガンはターゲットの住所を調べることが出来たのか。

そのカギを握るのが、総督府消えるマント

ソードアート・オンラインⅡ(SAO2期) 第11話 総督府

総督府でBoBの登録者は現実世界の住所や個人情報を登録します。

ソードアート・オンラインⅡ(SAO2期) 第11話 消えるマント

そして、消えるマントを使いデス・ガンが個人情報を盗み見る。

こうすることでターゲットの住所をゲット。

今回の騒動で殺された2人に関しては、両方とも一人暮らしで家のセキュリティも甘く、ログイン中は物音を気にせず侵入できるから容易と判断。

だが、実際に実行するとなるとかなり厳密な時間を決める必要がある。

ソードアート・オンラインⅡ(SAO2期) 第11話 十字架

そこで実際にターゲットを殺すときに十字架のサイン。あれは左腕に仕込んでいる腕時計を確認するためのカモフラージュと判断。

 

まとめると

  • デス・ガンは二人いた
  • 消えるマントを使って住所を特定、侵入
  • 仮想世界でターゲットを撃つタイミングと現実世界でエイヤ!するタイミングを合わせる必要有なので結構高難度

なるほど、こんな方法だったんですね。名推理を立てれるなんてキリトはすげーや!

ソードアート・オンラインⅡ(SAO2期) 第11話 シノン デスガン

ちな、この事実を知って今現在共犯者が自分の部屋にいると想像したシノンは狼狽。そりゃそうだろうなぁ。。

ソードアート・オンラインⅡ(SAO2期) 第11話 シノン

 

 

デス・ガンの登録名

2人でデス・ガンを倒そう!と一致団結した二人。キリトが考えた作戦は、

ソードアート・オンラインⅡ(SAO2期) 第11話 計画

  1. キリトが一人で衛星スキャンを受けて場所をわざと特定させる
  2. キリトの場所を知ったデス・ガンは遠くから狙撃してくる
  3. その場所を特定し、シノンが狙撃

自分が囮になる計画です。いつでも人を思いやるキリトらしい作戦。キリト△。

 

ソードアート・オンラインⅡ(SAO2期) 第11話 Sterben

で、残り人数からデス・ガンが結局「Sterben」ということが判明。すたーべん?って読むのかな。わからぬ。

意味はまだ分かりませんが、次回で明らかになるんでしょう!

どんな意味を持った名前なのか、期待。

第12話はこちら。 → 第12話 「幻の銃弾」

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ