SAO2(ソードアートオンライン2)第14.5話の感想、ネタバレ

アニメ『ソードアート・オンラインII(SAO2期)』

第14.5話 「デブリーフィング(Debriefing)」

放送日:2014年10月11日放送(TOKYO MX)

 

前回放送された第14話でファントムバレット(Phantom Bullet)≪GGO≫編が終了しました。

詩乃が辛い過去を背負いながら『シノン』として生きる仮想世界で過去を払しょくする為に最強を目指す。

そこでキリトと出会い過去を見つめ直し救われる様は涙モノでした。というか泣きました。

そんな感動的な14話はこちら。→ 第14話 「小さな一歩」の感想、あらすじ、ネタバレ

今回は第14.5話という話数で内容はファントムバレット総集編とのこと。

なるほど、総集編ということは新川恭二の浅田さんあさださんアサダサンアサダサン・・を再び拝めるということですね。・・・そこだけカットしてくれないかなw

もちろんそれだけではなく、10月18日から放送の新章キャリバー(Calibur)編の映像も先行公開される模様、というかむしろこっちが本命ですよね。

そんなキャリバー編のイントロダクションはこちら。

≪ALO≫伝説の聖剣≪エクスキャリバー≫。
その獲得クエストがついに始まった。
妖精王オベイロンとの対決の際、
管理者権限を用い一度だけ手にした伝説級武器(レジェンダリーウェポン)を
本当に意味で手に入れるため、キリトはいつものメンバーに、
新たに≪ALO≫でキャラを作ったシノンを加えた
7人パーティーを組み、クエストに挑む。
しかし、そのクエストには、≪ALO≫の世界そのものすらも
揺るがす壮大な裏イベントが待ち受けていた・・・!

※公式HPより引用

新章突入映像はこちら

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

シノンのトラウマ

始めに、詩乃の過去の振り返りから物語はスタート。

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 詩乃

詩乃「小学5年生の時、私は銃で人を殺した」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 私は3度引金を引いた

詩乃「私は3度引金を引いた」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 PTSD

詩乃「それ以来、私は銃の写真や映像を見るだけでPTSDを原因とする発作を起こすようになってしまった。どんな薬もカウンセリングも私の恐怖を癒してはくれなかった」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 故郷から遠く離れた東京の高校に進学しても私を取り巻く状況はほとんど変わらなかった

詩乃「故郷から遠く離れた東京の高校に進学しても私を取り巻く状況はほとんど変わらなかった」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 新川恭二だった

詩乃「母親を守るために銃の引金を引いた事に後悔はない。けれどそれが最善の選択だったと言えるほど強くはなれない。そんな私をガンゲイルオンラインの世界に導いてくれたのが東京で出来たたった一人の友達、新川恭二だった」

恭二「凄いな浅田さんは」

詩乃「そんなことないよ。新川君だって前の予選じゃ準決勝まで進んだじゃない」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 いや、ダメさ

恭二「いや、ダメさ。アジ型じゃよっぽどすごいレア銃でもないともう限界だよ。ステ振り間違ったなぁ」

詩乃「じゃあ新川君は次のBoBにはエントリーしないの?」

恭二「うん、出ても無駄だからさ」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 かっこよかったよ

詩乃「あーゴメン、私そろそろ帰らないと。御馳走様。そして本当にありがとう。助けてくれて、かっこよかったよ」

恭二「いつでも守ってあげられればいいんだけど・・えと、あのさ、学校の帰りとか迎えに行こうか?」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 私も強くならないとさ

詩乃「うううん、大丈夫。私も強くならないとさ」

詩乃「この時の私は自分の事で精いっぱいで恭二君のホントの気持ちに気付けなかった」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 強者との戦いを求めた

詩乃「GGOでスナイパーのシノンになった私は、ただひたすら強者との戦いを求めた」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 にぃ

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 にいい

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 シノン

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 ジエンド

詩乃「シノンが強くなればなるほど現実世界の私も強くなれる。そう信じて私はHECATEⅡと一緒に戦い続けてきた」

 

キリトとの出会い

次に、キリコことキリトとの初めての出会いからBoBの予選までの振り返り。

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 総督府

キリト「はい、初めてなんです。どこか安い武器屋さんと、あと総督府っていうところに行きたいんですが」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 剣

詩乃「第3回BoBの予選当日、私はキリトというプレイヤーと出会った。女の子のふりをしたり、銃の世界で剣を振を振り回したりするムカつく奴だけど」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 彼もまた、重いものを背負って戦っていた。私と同じように

詩乃「彼もまた、重いものを背負って戦っていた。私と同じように」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 当てる!必ず!

シノン「当てる!必ず!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 キリト 歩く

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 私の狙撃なんかいつでもかわせるってこと

シノン「私の狙撃なんかいつでもかわせるってこと!?」

シノン「かわす気がない?」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 ふざけないでよー

シノン「ふざけないでよー!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 外れ

シノン「何でよ、私との勝負何てどうでもいいっていうの!?」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 俺の目的は、明日の本選に出る事だけだ。これ以上戦う理由がない

キリト「俺の目的は、明日の本選に出る事だけだ。これ以上戦う理由がない」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 たかがバーチャルゲームのたかがワンマッチ

シノン「ならその銃で自分を自分を撃てばいいじゃない!たかがバーチャルゲームのたかがワンマッチ!あんたがそう思うのは勝手よ!でも、その価値観に私まで巻き込まないでよ!」

キリト「シノン、俺に償う機会をくれないか。今から俺と勝負してくれ」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 じゃあ行くぜ

キリト「じゃあ、行くぜ!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 構える

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 弾を斬る

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 弾を斬るキリト

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 そんな!あり得ない!

シノン「そんな!あり得ない!」

シノン「左足を狙ったのに、どうして私の照準が予測できたの?」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 スコープレンズ越しでも君の目が見えた

キリト「スコープレンズ越しでも君の目が見えた」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 それほどの強さが合って、あなたは何に怯えるの?

シノン「視線で弾道を読んだというの?強い・・・この強さはもうバーチャルゲームの枠を超えている・・・。それほどの強さが合って、あなたは何に怯えるの?」

キリト「こんなのは強さじゃない。ただの技術だ」

シノン「嘘、嘘よ!テクニックだけでヘカートの弾を斬れるはずがない!あなたは知っているはず!どうすればその強さを身に着けられるの!?私は、私はそれを知るために・・」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 その状況でそれでも君は引金を引けるか

キリト「もし、もしその銃の弾丸が現実世界のプレイヤーをも本当に殺すとしたら、そして殺さなければ自分が、あるいは誰か大切な人が殺されるかもしれないとしたら、その状況でそれでも君は引金を引けるか?」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 はっ

シノン「はっ・・・」

 

デス・ガンとの戦闘

続いて、デスガンとの戦闘の振り返り。

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 私が信じていたシノンの強さを木端微塵に打ち砕いた

詩乃「デスガンの銃は、私が信じていたシノンの強さを木端微塵に打ち砕いた」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 黒星・五四式

シノン「黒星・五四式・・・あの銃・・・何で・・・何で・・いま、ここにあの銃が!?」

第10話「死の追撃者」の内容ですね。

 

シノン「準備って、何の?」

キリト「今この瞬間にも現実世界の君の部屋にデスガンの共犯者が侵入して、大会の中継画面で君があの銃で撃たれるのを待っている、という可能性がある」

シノン「いや!いやよ!そんなの!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 侵入者の顔を見てしまうと逆に危険だ

キリト「デスガンの拳銃に撃たれるまで、侵入者は君に何もすることが出来ない。それが奴ら自身で定めた制約だ。でも自動ログアウトして、侵入者の顔を見てしまうと逆に危険だ」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 どうすればいいのか教えて

シノン「どうすればいいのか教えて」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 デスガンを倒すんだ

キリト「デスガンを倒すんだ」

こちらは第11話「強さの意味」の内容。

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 HECATEⅡ、お願い。弱い私に力を貸して

シノン「HECATEⅡ、お願い。弱い私に力を貸して!ここからもう一度たって、歩き出すための力を!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 集中するんだ、感じろ、ヤツの殺気を

キリト「集中するんだ、感じろ、ヤツの殺気を」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 あぶねぇ

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 うおー

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 いた

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 スコープ

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 相討ち

ここら辺は第12話「幻の銃弾」の内容ですね。

 

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 このラッシュをブレイクできれば

キリト「強い!ほんの一瞬でいい!このラッシュをブレイクできれば!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 キリトは今自分の言葉を行動に変えようとしている

シノン「キリトは今自分の言葉を行動に変えようとしている!SAO世界の闇を引きずる、デスガンという名の犯罪者を自分の手で止めることでそれが出来るのは、キリトが強いからじゃない。自分の弱さを受け入れ、悩み苦しみ、でもそれでも尚、前を向こうとしているから!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 何か、私にできる事

シノン「何か、私にできる事・・・」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 この予測線による攻撃は

キリト「この予測線による攻撃は、シノンが経験と閃き、闘志のあらん限りを注ぎ込んで放った、幻影の一弾!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 ファントムバレットを無駄にできない

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 デスガン一刀両断

キリト:「このラストアタック、ファントムバレットを無駄にできない!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 まだ、終わら、ない。終わらせ、ない。あの人なら、お前を

デス・ガン:「まだ、終わら、ない。終わらせ、ない。あの人なら、お前を・・・」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 ラフィンコフィンの殺人は

キリト:「いや、終わりだザザ。共犯者もすぐに割り出される。ラフィンコフィンの殺人はこれで完全に終わったんだ」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 私の名前は浅田詩乃

シノン「私の名前は浅田詩乃」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 そろそろ大会の方も終わらせないとな

キリト:「そろそろ大会の方も終わらせないとな」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 うわぁー

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 ふふふー

シノン「ふふふー♪」

これは第13話「ファントム・バレット」の内容。シノンが予測線で狙う場面、一番鳥肌が立った場面です。

 

事件後の現実世界

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 ガンゲイルオンラインという世界で強くなれば

詩乃「ガンゲイルオンラインという世界で強くなれば現実世界の自分の弱さも消えると思っていた」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 アサダサンアサダサンアサダサン

恭二「浅田さんあさださんアサダサンアサダサンアサダサンアサダサン・・・!!!」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 シノンも詩乃も同じ一人の自分だったんだ

詩乃「でも、それは間違いだった。シノンも詩乃も同じ一人の自分だったんだ」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 私があの記憶と正面から向きうようになるには

詩乃「私があの記憶と正面から向きうようになるには長い時間がかかるだろう。」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 それでも少しずつ歩いていけばいい

詩乃「それでも少しずつ歩いていけばいい。」

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 大丈夫。この世界は、本当はこんなにも優しくて暖かいのだから

詩乃「大丈夫。この世界は、本当はこんなにも優しくて暖かいのだから」

やっぱりアサダサンアサダサンはカットしなかったかw

 


今回は総集編ということで、シノン視点で≪GGO≫編を振り返る内容でした。

あの内容を30分でまとめるのはどうかと思いましたが、無理くり詰め込んだ感じで何とかまとめてやった!って感じでしたね。

でも改めてシノンが救われてホントによかったなと、それを感じることが出来た30分。

で、ですね・・・キャリバー編の映像をもう少し出してほしかった。

まぁ、

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 シノン 猫耳

ソードアートオンライン2 SAO2 第14.5話 シノン 猫耳2

シノンの猫耳は可愛かったけど。

キャリバー編スタートとなる第15話は「湖の女王」。期待ですね! → 第15話 「湖の女王」の感想、あらすじ、ネタバレ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ