SAO2(ソードアートオンライン2)第22話の感想、ネタバレ、あらすじ

アニメ『ソードアート・オンラインII(SAO2期) マザーズ・ロザリオ(Mother’s Rosary)編』

第22話 「旅路の果て」

放送日:2014年12月6日放送(TOKYO MX)

 

前回第21話では、遂に念願だったスリーピングナイツのメンバーのみでボス攻略をやってのける偉業を成し遂げたアスナ達。

初めは他ギルドの邪魔もありボス戦に挑むことすら危ぶまれましたが、キリトとクラインの助けもあり何とか回避。最後は自分達の腕でギルドを制圧した上でボスまでたどり着きます。

そんなボス戦、2度目といっても人数が人数だけに苦戦を強いられます。しかし、アスナの鋭い洞察力でボスの弱点を見抜き、アスナを『姉ちゃん』と呼んだユウキの華麗なる11連撃でボス攻略。

皆で見せたピースサインがやってやった感溢れていい感じ。ギルド側もホントに7人でボス攻略した事実とピースサインのダブルコンボで驚愕&ぐぬぬ・・・の表情。まぁ、ざまぁ見ろって感じでした。

短い期間を過ごしたアスナはもっとスリーピングナイツの、ユウキのことを知りたいと願いメンバーに入れて欲しいと頼みますがユウキはこの頼みを固辞。これには深い事情があるのですが、少なからずショックを受けるアスナ。

それでも剣士の碑に自分たちの名前が刻まれているのを見たメンバーは大喜び。その最中、再びユウキがアスナを『お姉ちゃん』と呼びます。これをアスナが指摘するとユウキは突然号泣し、そのままログアウト・・・。段々泣ける要素が増えてくる・・・ちょっと泣いてしまいました。

鼻をかむ用のティッシュが必要な第21話はこちら。 → 第21話「剣士の碑」の感想、ネタバレ、あらすじ

あらすじ

ユウキが突然アスナの前から姿を消し、《ALO》にログインしなくなって数日が過ぎた。
アスナは《スリーピング・ナイツ》のシウネーにユウキが姿を消した理由を尋ねるが、シウネーは言葉を濁して詳しい事情を説明せず、「ユウキは再会を望まないでしょう」と言うだけだった。
後日、もう一度ユウキと会いたい、と願う明日奈に、和人から「屋上で待ってる」というメールが届く。
明日奈が屋上に行くと彼はメモを差し出し、そこに書かれた場所へ行けば彼女に会えるかもしれないと告げる。

※公式HPより引用

次回予告映像はこちら

<スポンサードリンク>

 

感想、ネタバレ

音信不通のユウキ

前回、アスナの事を『姉ちゃん』と呼び号泣したユウキ。そのままログアウトしたまま3日がたっても一向にログインする気配はありません。

アスナはユウキと連絡を取るメッセを飛ばしますがログインしていない旨の業務メッセージが返ってくるだけ。

そこにシウネーが現れ、アスナにこう伝えます。

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想001

シウネー「多分ユウキは再開を望んでいないと思います。誰でもない、貴方の為に」

シウネーから出たアスナにとって残酷な言葉。

アスナ「ううん、本当は何となくわかってた。皆私と必要以上に近づかないようにしてたよね。私の事が迷惑だなんて言うならもう追いかけないよ」

シウネー「!!」

アスナ「でも・・・私の為って言われても納得できない!」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想002

シウネー「迷惑なんて!私たちはあなたに出会えたことを本当にうれしく思っています。この世界で最後にとても素敵なお思い出が作れたのはアスナさんのおかげです。ユウキもきっとそう思っています。でも・・・どうかお願いですからこれで私たちの事は忘れて欲しいのです」

アスナ「本当にこれでお別れなの・・・?私、ギルドは解散してもずっと仲良くいられると思ってた。でも、そう思ってたのは私だけなの!?」

シウネー「ごめんなさい・・・」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想003

アスナ「待って!?」

アスナの静止に答えずそのままログアウトしてしまうシウネー。

 

現実世界に戻ったアスナは和人からユウキに関する情報を渡されます。

和人「どうしても絶剣に会いたいか?」

明日奈「!!!うん!」

和人「もう会わない方がいいと言われたんだろ?それでも・・・」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想004

明日奈「うん・・・それでも私どうしてももう一度ユウキと会って話したい!そうしなきゃいけないの!」

和人「そうか・・・ここに行けば会えるかもしれない」

明日奈「え?」

和人「あくまで可能性だから」

明日奈「どうしてキリト君が知ってるの?」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想005

和人「そこが日本で唯一、メディキュボイドの臨床試験をしている場所なんだ」

明日奈「メディ・・キュボイド?」

和人が差し出したメモにはとある病院の住所が書かれており、明日奈はその場所へ向かいます。

 

メディキュボイド

病院へ到着した明日奈は受付で名前を告げます。

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想006

するとベテラン受付嬢が慌ててユウキの担当主治医の倉橋を呼びにダッシュ。

2人は場所を移し、倉橋はユウキが普段から明日奈の事ばかり話すこと、そして話した後は決まって泣いてしまう事などを明日奈へ伝えます。

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想007

倉橋「自分の事では決して弱音を吐かない子なんですが、『あなたに会いたい。けど、もう会えない』と」

それを真剣な表情で聞く明日奈。

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想008

明日奈「ユウキさんも彼女の仲間たちもバーチャルワールドで別れる前に私にそう言いました。何故なんです・・・!?何故会えないんですか!?」

明日奈の叫びに、まず倉橋は『メディキュボイド』の話から始めます。

倉橋「『メディキュボイド』とは、現在国レベルで開発が急がれている世界初の医療用フルダイブ機のコードネームです

明日奈医療用フルダイブ機・・・ですか?

倉橋「そうです。例えば、視覚や聴覚に障害を持つ人にとってあの機械はまさに福音なんですよ。アミュスフィアなら直接脳に映像や音を送り込めるわけです。信号伝達機能だけではありませんよ。アミュスフィアには体感覚キャンセル機能もありますよね?ここに電磁パルスを送ることで、一時的に神経をマヒさせるわけです。つまり、全身麻酔と同じ効果がある」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想009

明日奈あの、それは無理じゃないですか?アミュスフィアでインタラクト出来る感覚レベルは、ごく低いものに限られていますし

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想010

倉橋「そうなんです!全くその通りです!アミュスフィア・・いや、ナーヴギアでも手術や重い病気の痛みは消えません。そこで、メディキュボイドは電磁パルスの出力を強化し、脳から脊髄全体をカバーできるようベッドと一体化しました。これが実用化されれば医療は劇的に変わりますよ?さらにメディキュボイドのスペックであれば、カメラと組み合わせてリアルタイムに現実の映像を処理するAR機能も実現できるでしょう」

メディキュボイドの可能性を話すうちに鼻息が荒くなってきた倉橋。しかし、メディキュボイドが期待されている分野は『ターミナルケア』だと説明。

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想011

明日奈ターミナルケア?

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想012

倉橋「漢字では、『終末期医療』と書きます

明日奈終末期・・・

倉橋「ユウキ君からは、明日奈さんが望めば自分に関するすべてを伝えて欲しいと言われています。でも、あなたは後でここで話を辞めておけばよかったと思うかもしれません・・・」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想013

明日奈・・・いえ・・・!続けてください!お願いします!私はそのためにここに来たんですから!

ユウキの本心を知るべく、明日奈決意の言葉。

 

ユウキが明日奈を避ける理由

2人は歩きながらとある場所へ向かう道中に倉橋からユウキに生い立ちを知らされます。

倉橋「ユウキ君は2011年の5月生まれです。難産で帝王切開が行われたのです。その時緊急輸血が施されました。用いられた血液は残念ながらウィルスに汚染されていた」

明日奈え・・・?

倉橋「ウィルス感染が判明したのは9月。お母さんが受けた輸血後感染症結果によってです。その時点では、もう家族全員が・・・」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想014

倉橋が足を止めた部屋には『第一特殊計測機器室』と書かれています。カードを当て中に入る2人。

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想015

分厚いガラスで仕切られた無菌室の先には医療器具で全身をケアされているユウキの姿が。

明日奈ユウキ・・・先生。ユウキの病気は何なんですか?

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想016

倉橋「後天性免疫不全症候群、エイズです」

明日奈え!?

倉橋「エイズという病気は世間で思われているほど恐ろしいモノではないんですよ。早期に治療を始めることが出来れば長いスパンで発症を抑えることも可能です。だが感染したウィルスは薬に効きづらい薬剤耐性型でした」

倉橋「ユウキ君のお母さんは子供達の将来を悲観して一時は家族で死を選ぶことも考えたそうです。しかし、それでも病気と闘い続ける道を選ばれたのです」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想017

明日奈戦い・・・続ける・・・

その後倉橋はユウキが生後、多剤併用療法で治療を開始するが小学校4年の時にエイズを発症してしまい、今の病院に入院することになった事を告げます。

明日奈「先生・・・ユウキは何故メディキュボイドに?」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想018

倉橋「丁度世間があのナーヴギアによる事件で揺れに揺れていた頃、メディキュボイドの試作一号機が完成しました。しかし、試験をしようにもナーブギアより数倍の電磁パルスが長期的にどのような影響を与えるか誰も推測できなかった。リスクを承知で協力しようという患者さんはなかなか現れませんでした。それを知った私はユウキ君とご家族にある提案をしました。もし被験者になればメディキュボイドが設置されている無菌室に入れ、日和見感染にリスクを大幅に低下させることが出来ると」

倉橋「今でも僕は、それが良い事だったどうか迷うことがあります。私の提案にご両親もユウキ君もとても悩まれたようでした。しかし、バーチャルワールドという未知の憧れが背中を押したのでしょうね。彼女は被験者となることを承諾し、この部屋に入りました。以来ずっと、ユウキ君はメディキュボイドの中で暮らしています」

明日奈「ずっと、というのは?」

倉橋「文字通りです。ユウキ君が現実世界に帰ってくることはほとんどありません。今は苦痛の緩和の為メディキュボイドの体感覚キャンセル機能を使用していますが」

明日奈「つまり、24時間ダイブしたままというわけですか、それを・・・」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想019

倉橋「3年間です」

明日奈「私たちより1年も長く・・・」

ユウキの辛い現実を知った明日奈。それをメディキュボイドの中から覗く現実世界のユウキ。

明日奈「ありがとうございます。ユウキに会わせてくれて」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想020

明日奈から出た思いがけない言葉に驚くユウキ。

明日奈「ユウキはここにいれば大丈夫なんですよね?」

倉橋「例え無菌室に入っていても、もとより体に内在する細菌やウィルスは排除することは出来ません」

明日奈「それじゃ・・・」

倉橋「ユウキ君の病状は末期です」

明日奈「え・・・」

倉橋「ユウキ君があなたの前から消えようと思った理由は、もうお分かりの事と思います」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想022

明日奈「そんな・・・そんな!」

突きつけられた現実に言葉を無くす明日奈。それと同時にユウキと過ごした出来事が甦り、自分の事を『姉ちゃん』と呼んでいたことを思い出します。

明日奈「あの、先生。もしかしてユウキにはお姉さんがいるのでは?」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想023

倉橋「えぇ、そうです。ユウキ君は双子だったのです。お姉さんは藍子さんという名前でした。元気で活発なユウキ君をいつもニコニコ静かに見守っていましたよ。そういえば、雰囲気がどことなくあなたに似ていたかもしれない」

明日奈「似ていた・・・」

倉橋「ユウキ君のご両親は2年前、お姉さんは1年前に亡くなりました」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想024

明日奈「ユウキ・・・ユウキ・・・!」

無菌室のユウキを見つめ、涙を流す明日奈。そんな明日奈を見ていたユウキ。

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想025

木綿季「泣かないでアスナ!」

明日奈「ユウキ・・・ユウキ!そこにいるの!?」

木綿季「うん、レンズ越しだけど見えてるよ、明日奈。すごい、向こう側とホントそっくりなんだね。」

明日奈「ユウキ・・・私・・・私・・・!」

木綿季「先生?アスナに隣の部屋を使わせてあげてください」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想026

倉橋「いいでしょう。あちらに私がいつも面談で使っているアミュスフィアがあります。」

明日奈「はい!」

木綿季「アプリ起動ランチャーにALOが入ってるからログインしたら僕たちが初めて会った場所に来て」

倉橋に一礼してユウキの元へ向かう明日奈。

 

木綿季と再会

ALOにログインしたアスナは猛スピードで指定された場所へ向かいます。

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想027

アスナ「もう一度、もう一度だけあなたに会いたい!あなたと会って今度こそ本当の話をしたい!」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想028

到着したアスナはユウキを見つけ、遂に2人は再開を果たします。

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想029

ユウキ「何でかな、アスナが現実世界の僕を見つけてくれるような予感がしたんだよ。何にも教えてなかったんだから、そんなわけないのにね。でも、アスナは来てくれた。僕、予感が当たるの結構珍しいんだ。嬉しかったよ、凄く」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想030

ユウキの事を抱きしめるアスナ。

ユウキ「姉ちゃんに抱っこしてもらった時と同じ匂いがする。お日様の匂い」

アスナ「藍子さん?お姉さんもバーチャルMMOを?」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想031

ユウキ「うん。姉ちゃんはスリーピングナイツの初代リーダーだったんだよ。僕なんかよりずーっとずーっと強かったんだ。シウネー達とは『セリーンガーデン』っていうバーチャルホスピスで出会ったんだ。最初は9人いたんだよ?でも、姉ちゃんとクロービスとメリダ。もう3人もいなくなっちゃった」

アスナ「え?」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想032

ユウキ「だからね、皆で話し合って決めたんだ。次の一人の時にはギルドを解散しようって。アスナ、ゴメンね。ホントの事言えなくて。春にスリーピングナイツが解散する理由は、忙しくなってゲームを引退するからじゃないんだ。長くてもあと3か月って告知されてるメンバーが、2人いるからなんだよ」

アスナ「えぇ?」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想033

ユウキ「だから、僕たちはどうしてもこのステキな世界で最後の思い出を作りたかった。あの大きなモニュメントに僕たちがここにいたよ!っていう証を残したかった!姉ちゃんたちに胸を張ってお土産にできるような凄い冒険をしたかった!でもなかなかうまくいかなくて。一人だけ手伝ってくれる人を探そうって相談したんだ。でも迷惑かけちゃったし、嫌な思いをさせちゃったよね。ゴメンね、ゴメンねアスナ。今からでも僕たちの事は忘れて」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想034

アスナ「出来ないよ。私、ユウキ達と出会えてユウキ達の手伝いが出来て凄くうれしいよ!今でもまだスリーピングナイツに入れて欲しいって、そう思ってる」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想035

ユウキ「あぁ、僕この世界に来られて、アスナと出会えて、ホントにうれしい。今の言葉だけでも充分・・・充分だよ・・・。これでもう何もかも満足だよ」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想037

アスナ「まだ・・・まだしてないこといっぱいあるでしょ?アルヴヘイムにだって言ってない場所は山ほどあるだろうし、他のバーチャルワールドも含めたらこの世界は無限に広がってる!だから満足だなんて言わないでよ!」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想038

ユウキ「ふふ・・・この3年間で僕たちいろんな世界でいろんな冒険をしたよ。その最後の1ページは、アスナと作った思い出にしたいんだ」

アスナ「でも、あるでしょまだ、したいこと、行きたい場所。」

ユウキ「そうだねー・・・僕ね、学校に行ってみたいな」

アスナ「が、学校!?」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想039

ユウキ「あぁゴメンね無理言って!アスナの気持ちはすっごく嬉しい。でもね、ホントに満足なんだよ、僕」

ユウキの希望を叶える為、ある事を思い付くアスナ。

アスナ「・・・行けるかも」

ユウキ「え?」

ソードアートオンライン2 第22話 「旅路の果て」 感想040

アスナ「行けるかもしれないよ!学校!」

 


泣いた。

ユウキがアスナの前から姿を消したこと、そしてスリーピングナイツのメンバーがアスナと必要以上に親密にならなかったことはそういうことだったんです。

分かってた展開とはいえ・・無理です、泣けます。

ユウキが「だから、僕たちはどうしてもこのステキな世界で最後の思い出を作りたかった~」って話すときの内容と、流れるBGM。反則級ですって。

でも今回で泣いたのは自分だけですかね?いや、もっと泣いてる人がいてもいいはず。

さて、次回も泣かしてくれるのかなー。

昨今では涙活(るいかつ)が流行ってますからね、もっと泣かせて欲しい。 → 第23話「夢の始まり」の感想、ネタバレ、あらすじ

ユウキ含む、ソードアートオンライン2に出演している声優情報はこちら。 → SAO2(ソードアートオンライン2)声優まとめ一覧(中の人)

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

4 Responses to “SAO2(ソードアートオンライン2)第22話の感想、ネタバレ、あらすじ”

  1. うるうる より:

    素敵な出会いにありがとう。

  2. ルシア より:

    私も泣いたよ

    この世界に来られて、アスナと出会えて、ホントにうれしい。今の言葉だけでも充分・・・充分だよ・・・。これでもう何もかも満足だよ

    涙がこぼれる…

    • 管理人 より:

      >ルシアさん
      そうですよね、泣けましたよね。
      まだ泣くには早いと分かりつつも・・・涙腺堤防楽々決壊しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ