下セカ(下ネタという概念が存在しない退屈な世界)10話感想、ネタバレ、あらすじ

アニメ 『下ネタという概念が存在しない退屈な世界(下セカ)』

第10話 「ジイ級クエスト」

放送日:2015年9月5日 25:30~放送(TOKYOMX)

 

前回放送された第9話。

SOXが群れた布地と生徒会に対して性・戦に挑むという漢気溢れた展開。

正々堂々正面から対抗する策を実行する綾女率いるSOX。

生徒会の強敵の1人、アンナ対策で狸吉の使用済みパンツを配置する等万全な状態で臨んでかなりいい感じに。

群れた布地の構成員をアンナ直伝wのプロレスでばったばったと倒していく狸吉。

上手くいきすぎやでーと思っていたら、何と裏でこすりが功績を欲するあまり独断で行動していたことが判明。

褒められると思っていたこすり。

しかし綾女と乙女に咎められ、フォルムがあれじゃなくなるまで落ち込みます。

いや、結構可愛かったです、しゅんとしたこすり。

その刹那、群れた布地の頭目であり変態の頂きの白から矢文ならぬ布文が届き、双方が対峙して終わり。という次回が楽しみすぎる展開を見せた第9話。

詳細はこちら。 → 第9話「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」感想、ネタバレ、あらすじ

 

では、第10話のあらすじをどうぞ。

第10話あらすじ

夜の総司ヶ岡公園で≪頂きの白≫と対峙するSOX。
対立するお互いの思想に、≪頂きの白≫は犯行めいたセリフを残し立ち去る。
翌日、狸吉がバスで通学をしていると、突然最前列の男がパンツを被り、
銃を片手に立ち上がる。≪群れた布地≫による同時多発事件の発生であった…。

※公式HPより引用

第10話次回予告(ヒント)

<スポンサードリンク>

 

第10話感想、ネタバレ

群れた布地の頭目頂きの白に呼び出され相対する両者達。

その中のやり取りで頂きの白が発した言葉

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #10「ジイ級クエスト」  感想001

頂きの白「他者の使用済み下着にこそ価値があるというのに!」

納得www

そうですよね、洗濯してたらオイニーが無くなるもんね。

この部分だけは頂きの白に共感しましたよ。

ただ、やっぱり彼らの思考は綾女も言ってましたが自己中極まりない勘違い集団だということが改めて分かったので共感できないですね。

ワタシハ断然SOX派です。

 

しかし、こすりにはこれくらいぶっ飛んだ方が好みだった模様。

頂きの白が「すげぇことやるから見とけよ!」と捨てセリフを吐き去った後、

綾女「わかったでしょ、こすり。あれが群れた布地の正体なのよ」

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #10「ジイ級クエスト」  感想002

こすり「はいっす。とんでもない組織だったっす」

こすりむくり。

非常にわかりやすい、そうです。こすり裏切ります。

 

さて、群れた布地は早速行動を起こします。

バスジャックをそこいらで起こし、一般住民を巻き込んでのテロ活動を実施。

その中にアンナや氷菓、そして狸吉とゴリが乗った車両も含まれていましたが、各々の活躍wにより彼女達はバスジャックから解放。

残りのバスと頂きの白をSOXが解決するため、頂きの白が乗っ取ったバスを突き止めることに成功。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #10「ジイ級クエスト」  感想003

狸吉と綾女によって頂きの白の拘束に成功。

さぁ、善導課に頂きの白を引き渡そうとしたその刹那、こすりが綾女を善導課の前へ突き飛ばす裏切り行為をしでかします。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #10「ジイ級クエスト」  感想004

逃げる羽目になった綾女と、頂きの白に仲間にしてもらうようお願いするこすり。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #10「ジイ級クエスト」  感想005

そのままこすりにスタンガンを向けられる狸吉。

SOX大ピンチ。来週はどんな展開が待っているのか。

第11話はこちら。 → 第11話「テクノブレイク」感想、ネタバレ、あらすじ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ