下セカ(下ネタという概念が存在しない退屈な世界)9話感想、ネタバレ、あらすじ

アニメ 『下ネタという概念が存在しない退屈な世界(下セカ)』

第9話 「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」

放送日:2015年8月29日 25:30~放送(TOKYOMX)

 

前回放送された第8話は初っ端から笑わしてくれましたw

アンナ人参握りつぶすとか、マジでこえぇw

ニューカマーのこすりは8話のタイトル「悪魔が来たりてホラを吹く」通りホラ吹きまくりでしたね。

狸吉から懇願されて妹とホラを吹き時岡学園と違う学校に侵入した際もホラ吹いて生徒会の人間関係ぐちゃぐちゃにしてましたし。

そのおかげで同学校の見取り図や警備の巡回時間を手に入れたんですから、悪魔というより小悪魔と呼ぶに相応しいやり口ですな。

同じくニューカマーの朧。

見た目と言動からキツイ印象を抱いてましたが、実はかなりの天然っぽいところがある模様。

氷菓との掛け合いはツボだったw

2人の活躍が観れる第8話はこちら。 → 第8話 「悪魔が来たりてホラを吹く」感想、あらすじ、ネタバレ

 

 

では、第9話のあらすじをどうぞ。

 

第9話あらすじ

風紀委員システムと《群れた布地》に対抗するため、SOXのメンバーたちは新たな作戦を実行に移す。
SOXを2チームに分け、学校の周辺にエロ本のコピーを隠し、学園内ではエロ本のコピーをばら撒く。
そして騒ぎに乗じて現れた《群れた布地》を待ち構え、捕えるのだ!
いま、性・戦が始まる!

※公式HPより引用

第9話次回予告(ヒント)

<スポンサードリンク>

第9話感想、ネタバレ

いつものように綾女から無茶ブリされる狸吉。

綾女「とりあえずその作戦に必要なのは狸吉、あなたの洗っていないパンツよ!」

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想001

狸吉「はぁ!?」

生徒会と風紀委員との性・戦の為に綾女は狸吉の使用済みパンツが必要とのこと。

この季節、下着は蒸れてしょうがないから群れた布地にとってたまらん状態だから釣れるという根拠らしい。

・・・オチがわかるw

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想002

案の定、狸吉のパンツに1人の黒い人間が食いつきクンカクンカ。

コナンかよ、というツッコミは無しで。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想003

で、狸吉が飛びかかると・・・黒い人の正体はアンナでした~という誰でもわかるオチ。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想004

アンナ「何かいい香りがすると思って来てみれば・・・ようやく私の愛を受け入れてくれるのですね」

あーもう目がイッてるし床ドン状態。狸吉ピンチ。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想005

アンナが狸吉に「愛ガ愛ヲ~」と連発して逆エビwをかましている最中、朧は無表情で一連の流れを見つめるだけw

朧がアンナの父親から言い渡された条項は以下の5つ。

  1. 青少年に悪影響を与える知識および政府組織に関する情報を漏らさぬこと
  2. アンナが入室している更衣室や浴室など衣服を脱ぐ場所に立ち入らぬこと
  3. 2に反さない限り卑猥なテロ行為が勃発した際にはアンナの傍から離れないこと
  4. アンナを一切の卑猥な事象から守ること
  5. 条項1~4に反さない限りアンナの意向を最優先すること

全部アウトじゃねーかwww

「アンナ様が自ら卑猥な事象を求めた場合の行動は定められておりませんので」

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想006

狸吉「つまりアンナ先輩が僕の○を触っても邪魔はしないが」

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想007

狸吉「僕がアンナ先輩のおっぱいを揉みしだこうとすれば全力で邪魔しにかかるってことか!?酷いワンサイドゲームだ・・・」

狸吉に同情すら覚える縛り。

その後、アンナと同じく匂いを辿った群れた布地に狸吉パンツを強奪されたアンナ。

アンナ「お待ちなさい!それは私のご褒美ですわー!!」

私のwwwご褒美www

もうこの女ダメだ。

 

所変わってSOX本部。狸吉はパンツを群れた布地に対してではなく、アンナ対策だったと綾女から知らされます。

そして乙女とこすりは学園周辺にエ○本のコピーをばら撒き、綾女と狸吉は群れた布地を誘き出す罠として乙女のパンツを学園内に配置w

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想008

こすりは前回大活躍したのに狸吉が優遇されているのが我慢ならない様子。

そして作戦当日、綾女は誘導しながらエロ本をばら撒き、狸吉は乙女のパンツの匂いにつられてきた群れた布地の掃除。

乙女とこすりは粛々とエロ本のコピーをばら撒いていましたが、途中からこすりが離脱し氷菓と接触を図ります。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想009

一方、騒動の最中アンナは狸吉のp(ry

 

順調すぎるほど策をこなすSOX。順調すぎやしないか?と勘る狸吉。すると校内に非常ベルが鳴り響き辺り一面が真っ暗に。

そこへやってきた黒い人影。コナンk(ry

襲い掛かる黒い人影をタイトルにある「電気アンマ」で瞬殺。ここで出るのか電気アンマ。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想010

証明が戻り黒い人影の位置にいたのはなんと朧。

狸吉「お前、男じゃねーか!」

「はい、その通りです・・・」

アンナの父親から女性として接するよう命じられたとのこと。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想011

「祠影様が男と命じれば男に。女と命じれば女に。アンナ様がピーマンを美味しいと仰れば私も美味しく、プリンを不味いと仰れば私もまずい。これが、私の自我です」

なんかピーマンの扱いかわいそう。

そこへやってきたアンナ。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想012

アンナ「あなたは奥間君の偽物!」

敵対心剥き出しのアンナ。声怖い。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想013

が、狸吉がパンツを脱いで放ると・・・後はわかるよねw

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想014

窮地を脱した狸吉。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想015

綾女と合流すると別行動をとっていたはずのこすりが頭にパンツを被った姿で現れます。

SOX本部に戻ったメンバーはこすりが独断で氷菓と接触してしまったこと、そしてアンナと朧に対してスプリンクラーを作動させたことを聞かされます。

いい恰好をしようと思ってのことですがSOX的には大問題。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想016

綾女と乙女に叱られシュンとするこすり。カワイイ。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想017

そこへマスターから見せに投げつけられたメッセージ付きパンツを受け取る綾女。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #09「アンドロイドは電気アンマの夢を見るか」  感想018

指定された場所へ向かうと、頂きの白が。

第10話はこちら。 ⇒ 第10話「ジイ級クエスト」感想、ネタバレ、あらすじ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ