テラフォーマーズ第4話の感想、あらすじ、ネタバレ【全面戦争】

アニメ 『テラフォーマーズアネックス1号編(TERRAFORMARS)』

第4話 「WAR 全面戦争」

放送日:2014年10月17日 24:30放送(TOKYO MX)

 

前回第3話では、船内に突如現れ暴れまくるゴキブリを幹部達が一掃。

プランデルタに則り6つの脱出機で分散を図るも、ジョセフ班が”外れ”を引いてしまいゴキブリの罠にかかりピンチ状態。

アシモフ班は何か別の目的があり独自で行動してますし、小吉班もゴキブリとの戦闘一歩手前まで来ていたりと今回波乱が起こること確実な状況です。

そんなハラハラドキドキの第3話はこちら。 → 第3話「TO MARS 災いの星へ」感想、あらすじ、ネタバレ

あらすじ

小吉率いる第1班は、無事火星に着陸したのも束の間、脱出機に取りついていたテラフォーマーの襲撃に遭う。

相手が1匹だけであることを好機と捉え、この1匹を捕獲しようと画策するが、突如飛来した別のテラフォーマーにより、状況は一変する。

チームの危機を救うため、大切な人を守るため、シ―ラは勇気を振り絞り、「対テラフォーマー発射式蟲獲り網」の照準を合わせるが……!

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

奪われた能力

地球、蛭間の独り言。

テラフォーマーズ 第4話 こんな風に火星では逆にゴキブリが襲ってくるなんて

蛭間「可愛いもんだ。地球のゴキブリは。地球の人々は思いもしないだろうな。こんな風に火星では逆にゴキブリが襲ってくるなんて」

テラフォーマーズ 第4話 ばきゃーん

火星では前回天井からゴキブリが覗いてる描写で終わりましたが、その続きから。覗いていたゴキブリがシーラの目の前でガラスを割り中に侵入しようとしてきます。

マルコス「今のパンチはシーラを狙ったものじゃない。コイツらまた俺らが使う前にいち早く薬を壊す気か!?」

ゴキブリに狙いが再び薬にあることを察したマルコス。やはりテラフォーマー達に知性があることがわかります。

小吉は急発進して機体からゴキブリを振り払います。

テラフォーマーズ 第4話 にゃろう

小吉「にゃろう・・・あの時既に機体にしがみ付いていたのか。確かに機体の真下はレーダーの死角。だがおかげで孤立させた!」

小吉「マルコスと慶次だけ薬と網をもってついてこい!」

小吉「この場で、捉える」

マルコスと慶次を連れてゴキブリの捕獲を試みる小町。

テラフォーマーズ 第4話 能力を使う

小吉「薬を打て。能力を使う」

マルコス「確かマニュアルじゃ相手が一匹の時は・・・」

小吉「あぁ・・・だがコイツらには未知の部分が多い。全てをもって対処すべきだ」

テラフォーマーズ 第4話 ダッシュ

すると向かってきたゴキブリが後ろへ全力疾走。

テラフォーマーズ 第4話 新しいゴキ

戸惑う小吉達を尻目に新たなテラフォーマーが脱出機に襲来します。

テラフォーマーズ 第4話 脱出機その物を奪おうとしている

これによってゴキブリの狙いが薬ではなく脱出機その物を奪おうとしている事を悟る小吉。

テラフォーマー頭いい。戦力分散させて機内を弱いメンツだけにして狙うなんて。孔明ばりの策略です。

テラフォーマーズ 第4話 はぁはぁ

そんな弱いメンツ達なのでテラフォーマーが侵入しても何もできないなか、シーラだけが網でゴキブリに狙いを定めます。

小吉「違う違う、照準器はこっちだ。こう持てばいい。」

テラフォーマーズ 第4話 大切な人を守れるように

小吉「お前はマーズランキング89位。だからゴキブリと殴り合う必要はないが、これの使い方だけは覚えておくんだ。万に1つの事態に、大切な人を守れるように」

テラフォーマーズ 第4話 捕獲

シーラ「捕獲!」

テラフォーマーズ 第4話 網

『網、それは人間が作り出したもっとも戦略的な道具の1つ。人類の進化と共にその素材は麻糸や木綿などの自然素材からより切れにくい化学素材へと変わっていった。』

シーラの網は見事テラフォーマーを捉えます。しかし暴れまくるテラフォーマーにシーラは抑えるので精いっぱい。そんなところに

小吉「逃がすもんかよ!」

シーラ「艦長!」

小吉が助けに入ります。

『このドイツ開発対テラフォーマー発射式虫取り網はテラフォーマーの筋力の三倍でもちぎれないよう設定されている』

テラフォーマーズ 第4話 捕獲完了だ

小吉「捕獲、完了だ!」

テラフォーマーズ 第4話 ガス弾

テラフォーマーズ 第4話 ガス弾を

小吉の助けもあり何とか捕獲に成功。虫かごに放り込もうとしたとき、テラフォーマーが掌からガス弾を発射し、シーラに命中してしまいます。

それは20年前バグズ2号の乗組員が身に着けていた能力だと小吉は確信。

一方、アシモフ率いる第3班も

アシモフ「ヤツの高速移動術は間違いない。あれは20年前の遺品。バグズ手術によるメダカハネカクシの能力」

テラフォーマーズ 第4話 奪われた

『バグズ2号クルー達はテラフォーマーに対抗すべく実験的な意味も含めて多種多様な昆虫をベースに使った改造人間たちで構成されていた。全ては火星のゴキブリに対抗する為。奪われない武器を身に着けるため。それを奪われた。』

テラフォーマーズ 第4話 あぁあぁあ

胸を貫かれたシーラは最後の気力を振り絞り日本語で小吉に思いを伝えようとします。

シーラ「あのさぁ日本語。」

「ん?」

テラフォーマーズ 第4話 ん

シーラ「教えてくれないかな・・・」

「まさか、少しでも艦長に近づくために?」

テラフォーマーズ 第4話 いじらしすぎるだろお前ちょっと

アレックス「いじらしすぎるだろお前ちょっと~」

エヴァ「いいから教えてあげてー」

「用はお前の素直な気持ちを日本男児的にグッとくるように伝えればいいんだろ?それならシンプルが一番。艦長の目をまっすぐに見てこう言うんだぜ」

テラフォーマーズ 第4話 告白

燈に日本語を教わり、艦長の目をまっすぐに見て必死に口を動かし思いを伝えます。

テラフォーマーズ 第4話 伝わったよシーラ・・・・すまない

小吉「伝わったよシーラ・・・・すまない」

 

M.O.手術(モザイクオーガンオペレーション)

所変わって地球。

蛭間「今回のアネックス1号メンバーに施した手術は既にバグズ手術とは呼ばれていません。」

本多「え?」

テラフォーマーズ 第4話 能力持ちであることといいこいつには階級と役割がある

アシモフ「あのゴキブリが単体あったのは迷い込んだからではない。能力持ちであることといいこいつには階級と役割がある」

テラフォーマーズ 第4話 恐らく予想以上に統率がとれている

アドルフ「恐らく予想以上に統率がとれている」

テラフォーマーズ 第4話 どうやらバレている

ミッシェル「どうやらバレている。我々が分散したこともその位置も」

小吉「まさかバグズ手術を受けているとは。奪われたか、流されたか、バグズ2号の技術を。だが、外注どもが1種類から10数種類に増えたが、上等だよ。時代遅れの技術に頼っていやがれ」

テラフォーマーズ 第4話 薬だ

ミッシェル「燈、薬だ」

アシモフ「イワン!使うぞ!」

蛭間「バグズ手術にかわる新しい手術の名は人為変態。モザイクオーガンオペレーション(M.O.手術)。」

本多「モザイクオーガン・・・20年前のバグズ手術でも使われていたテラフォーマーが持つ免疫寛容臓のことか

テラフォーマーズ 第4話 モザイクオーガン

蛭間「そうです。テラフォーマーにたった500年での大幅な変異を可能にした臓器。それこそ奴らが進化の過程で身に着け私たちが盗んだ、モザイクオーガン」

本多「バグズ手術と原理は同じ。だがそう呼ばれていないということは」

蛭間「はい。昆虫以外でも可能となっております。ベースに使われるのは地球上に現存する生物全種類。そこにツノゼミ類の類の甲皮・開放血管・筋力を上乗せしています。つまり、バグズ手術の強みを残したまま、陸海空の生物たちの奇々怪々な特殊能力を使用できるわけです

テラフォーマーズ 第4話 人間台のゴキブリに

本多「だが、20年前オオスズメバチや弾丸アリでさえ苦戦を強いられたんだ。同じ身長体重で戦うなら人間台の何なら勝てると言うんだ?あの、人間台のゴキブリに」

テラフォーマーズ 第4話 おあーーー

テラフォーマーズ 第4話 シーラ2

テラフォーマーズ 第4話 シーラ3

テラフォーマーズ 第4話 シーラ4

そんな心配をよそに、シーラを殺されテラフォーマーに並々ならぬ殺意を抱くマルコスがアシダカグモの能力でテラフォーマー達を殺していきます。シーラと過ごした思い出と共に。

テラフォーマーズ 第4話 シーラ5

テラフォーマーズ 第4話 おあああ

マルコス「あの時は助けてくれてありがとう」

テラフォーマーズ 第4話 シーラ

テラフォーマーズ 第4話 シーラ6

テラフォーマーズ 第4話 殺す

マルコス「てめぇら・・・殺す!」

 


シーラ死んでしまった!お涙ちょうだいの回。

あらすじみてヤバいと思ってましたが・・・小吉に告白しようと日本語教わったり、一人でテラフォーマー捕獲したり小吉の為に注力する様は非常に好感が持てるキャラでした。

元気な状態で思いを伝えて欲しかったモノですが・・・それでも最期のに必死な思いで伝えた言葉は小吉に届いたので報われたのかなと。

マルコスもシーラを殺された恨みでテラフォーマーをガンガン殺していってますが、いつバテるかが心配です。マーズランキング9位なので簡単にやられないとは思いますが・・・。

それにしてもゴキブリ達頭良すぎ。戦力分散したのバレてるし、バグズ手術もできるし。数多いし。

マルコスの能力しかお目見えしてないので早く幹部の能力を見たいですね。次回からお披露目してくのかな。 → 第5話 「奇跡の子 EXCEPTIONAL TWO」感想、あらすじ、ネタバレ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ