テラフォーマーズ第5話の感想、あらすじ、ネタバレ【奇跡の子】

アニメ 『テラフォーマーズアネックス1号編(TERRAFORMARS)』

第5話 「奇跡の子 EXCEPTIONAL TWO」

放送日:2014年10月24日 24:30放送(TOKYO MX)

 

前回第4話でバラバラに散った各班にもテラフォーマー達が襲い掛かります。奴らは20年前のバグズ1号の搭乗員が有していた能力を盗んでおり、その能力を使用しシーラが命を落としてしまいました。

シーラを殺された悲しみを糧に憎悪の限りテラフォーマー達を殲滅していくマルコス。涙なしでは観れない第4話でした。 → 第4話「WAR 全面戦争」感想、あらすじ、ネタバレ

あらすじ

グランメキシコでの懐かしい日々を思い返すマルコス。
太陽のような笑顔で自分を照らしてくれていたシ―ラは、もういない。
全ての怒りをもってテラフォーマー達をなぎ倒していくマルコス。
その眼には亡き友に捧ぐ、悲しみの涙が……同時刻、燈・ミッシェルら第2班もテラフォーマー達に囲まれていた。
変態を済ませたミッシェルは、ヤツらへの怒りをむき出しに戦う。
ついに、ミッシェルが父から受け継いだ「奇跡」の能力が明らかに……?

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

マルコス、アレックスとシーラ

襲い掛かるテラフォーマー達を次々と潰していくマルコス。戦闘中にシーラとの思い出が甦ります。

テラフォーマーズ 第5話 見える?

シーラ「見える?あの星はね、火星って言って地球とお隣の星。近い将来人間がいっぱいあっちに引っ越すんだってどんなところだろうねー」

アレックス「まぁ見た感じ悪いところじゃなさそうだけどね」

テラフォーマーズ 第5話 行き止まりみたいなこの町よりはな

マルコス「少なくとも、行き止まりみたいなこの町よりはな」

シーラ「行ってみたいな」

テラフォーマーズ 第5話 従業員による暴動

その矢先、シーラ家に雇われていた従業員による暴動によってシーラ家は壊滅状態に。

テラフォーマーズ 第5話 マルコスとアレックスはシーラと離れ離れ

それがきっかけでマルコスとアレックスはシーラと離れ離れになってしまいます。

マルコス「あぁ・・・全身くまなくいてぇ」

アレックス「俺、鎖骨折れた」

テラフォーマーズ 第5話 どっかにないもんかね

マルコス「ったく、どっかにないもんかね。ギャングも差別も給料不払いもない場所」

アレックス「だな、ここよりもマシな」

マルコスとアレックスはギャングに属するも抜け出しアレックスと共にU-NASAに志願。

マルコスアレックス「お願いします!お願いします!」

マルコスアレックス「もう俺達行く所が無いんです!お願いします!」

小吉「おい、どうした?」

警備員「あっ、小町艦長!コイツらがいきなりきてクルーに入れろって」

テラフォーマーズ 第5話 志願兵か

小吉「志願兵か」

テラフォーマーズ 第5話 おっ?

シーラ「あのー次の面接の場所は・・・おっ?」

テラフォーマーズ 第5話 あ!

マルコスアレックス「んっ?・・・あ!」

テラフォーマーズ 第5話 うおー!シーラがいるー!

アレックス「うおー!シーラがいるー!」

マルコス「本物!?ちょっと心臓の音・・・」

シーラ「こら!胸触るな!」

U-NASAにて、シーラと再開します。3人にはそんな過去があったんですね。

マルコス「いつも屈託なく受け入れてくれた。生まれ変われたらこんな風に生きたいと思えた」

テラフォーマーズ 第5話 シーラは俺の憧れだった

マルコス「シーラは俺の憧れだった」

 

各メンバーの能力

テラフォーマーズ 第5話 アシダカグモの能力を持つマルコス

アシダカグモの能力を持つマルコスは元々ゴキブリを主食とするだけあってテラフォーマーとの相性は抜群。しかし、アシダカグモの狩りは待ち伏せのような形が多いため持久力は高いとは言えません。しばらく戦闘を続けると息切れしバテるマルコス。

テラフォーマーズ 第5話 小吉が一発で沈めます

その後ろからテラフォーマーが忍び寄りますが、小吉が一発で沈めます。

小吉「培養の出来ないウィルスを奴らが保持している可能性を考えるとサンプルは生け捕りが望ましい」

テラフォーマーズ 第5話 この場にいるゴキブリ十数匹は全員ぶっ叩く

小吉「マルコス!この場にいるゴキブリ十数匹は全員ぶっ叩く!後で息のあるやつを確保するぞ!」

マルコス「はい!」

 

ミッシェルの能力

所変わってミッシェル率いる第2班。

テラフォーマーズ 第5話 逃げんなよ、ゴキブリ野郎

ミッシェル「逃げんなよ、ゴキブリ野郎」

テラフォーマーと戦闘を開始するミッシェル。

蛭間「バグズ2号キャプテン、ドナテロ・K・デイヴス。彼のバグズ手術による能力は自重の100倍近い物体を持ち上げる最強の蟻パラボネラ。まさか、遺伝するはずなどなかった。当時の科学者の誰もが神のイタズラだと言ってましたよ」

蛭間「だが地球の神はイタズラなどしない。その意思と能力は受け継がれる」

本多「誰の話をしているんです?」

テラフォーマーズ 第5話 日米合同第2班班長、ミッシェル・K・デイヴス

蛭間「日米合同第2班班長、ミッシェル・K・デイヴス」

本多「キャプテンの・・・」

蛭間「彼女には能力が二つある。一つは彼女が父親から受け継いだもの」

ミッシェル「1匹・・・2匹・・・3匹・・・4匹・・・」

テラフォーマーズ 第5話 4匹のゴキブリを一掃

4匹のゴキブリを一掃するミッシェル。

蛭間「そう、パラボネラの筋力」

蛭間「そして・・・モザイクオーガンオペレーションで与えられた二つ目の能力。ベースはやはり昆虫型」

テラフォーマーズ 第5話 ベースはやはり昆虫型

ミッシェルの倒したゴキブリが次々に爆破していきます。

アレックス「一体あれは何の虫だ?」

『20世紀、マレーシアにて奇妙な蟻の奇妙な行動が目撃された。その蟻は、自爆した』

パンパンと甲高い音を鳴らしながらゴキブリを爆破させていくミッシェル。

テラフォーマーズ 第5話 ちっ、すぐ死ぬなこいつら

ミッシェル「ちっ、すぐ死ぬなこいつら」

『通称バクダンアリ。希少種である』

ミッシェル△

 

燈の能力

蛭間「能力は遺伝しうる。もう一人の青年の手術と訓練を直に見てそれは確信に変わりました。彼らが最も大きな戦力なる。そして我々にとっての希望となるでしょう」

テラフォーマーズ 第5話 ミッシェル・K・デイヴスと膝丸燈が

蛭間「ミッシェル・K・デイヴスと膝丸燈が」

本多「膝丸燈がいるのか・・・今火星に」

蛭間「何か知っていますか?まずはこちら側の事情を話しましょう。何にしろ火星には戦力が必要でした。日本人の上位ランカーが1人でも多く必要だったんです」

蛭間「火星で何かが起こるならば」

 

「アレックス。脱出機の上空を見張っててくれ」

アレックス「あぁ、わかった」

テラフォーマーズ 第5話 あの3匹は俺に任せろ

「あの3匹は俺に任せろ!」

3匹のゴキブリと対峙する燈。

「不思議だ。自然に変異してしまう時はいつも怒りや恐怖で頭が吹っ飛んで自分の中の人じゃない部分に振り回されるような感覚なのに、薬を使うとまるで今さなぎから羽化したかのように周りの世界がハッキリと見える。怖くない」

テラフォーマーズ 第5話 糸

襲いかかるテラフォーマーを”糸”のようなもので捕獲します。

テラフォーマーズ 第5話 その理由がある

「今のは宇宙船で死んだ仲間の分だ。だが殺しはねぇ、その理由がある!」

 

燈は百合子亡き後、同じ病気の子供春風桜人と出会います。

「そういえば何で病院に?」

テラフォーマーズ 第5話 日本のお医者さんじゃ難しくて

桜人「僕の病気、日本のお医者さんじゃ難しくて治せないから引っ越してきたんだ」

「あっ・・・」

テラフォーマーズ 第5話 第1話で亡くした百合子のことを

その話しを聞き、第1話で亡くした百合子のことを思い出します。

テラフォーマーズ 第5話 一匹捕獲!次

「一匹捕獲!次!」

「見える・・・」

 

桜人「ねぇ、膝丸さんってば。あ、出発の日にビビってる」

「ばか、んなわけねーだろ。準備万端だ」

桜人「だよね。でもさ、大事なもの忘れてない?」

テラフォーマーズ 第5話 へ?・・あっ・・

「へ?・・あっ・・」

そこには百合子からもらった人形が修復されていました。

「これ、お前が?」

桜人「実は結構得意なんだ。彼女から?」

「まぁ、そうかな」

燈は桜人と友好を結ぶようになりますが、ミッシェルの言葉が頭をよぎります。

テラフォーマーズ 第5話 患者の一人と知り合ったらしいな

ミッシェル「患者の一人と知り合ったらしいな。厳しい事を言うようだが、あまり希望を持たせることはずるな」

しかし、それでも希望をもって欲しい燈は桜人に希望の言葉を掛けます。

「治る!絶対治るよ!」

桜人「えっ?」

「俺達は遠い火星を調べてそこにしかない物質から君の病気の治し方はきっと見つかる」

桜人「ホントに?」

「桜人、治ったら何かしたいことはあるか?」

テラフォーマーズ 第5話 ポテト食べたい

桜人「ポテト、ポテト食べたい!」

「あぁ、いいぞ。Lサイズ買ってやるよ!後は?」

桜人「うーん、空手教えてよ!僕もマッチョになりたい」

「いいぜー特別に奥義を教えてやる」

桜人「海も行こう!」

「おう!」

桜人「それからメジャーリーグも見てね、ピザ食べてね、それから・・・」

テラフォーマーズ 第5話 例え無事にウィルスのサンプルが取れたとしても

ミッシェル「例え無事にウィルスのサンプルが取れたとしてもワクチンが間に合うという保証もない」

桜人「えーっと、日本に帰ったらお寿司が食べたい!」

テラフォーマーズ 第5話 今は希望を持っていい

「今は希望を持っていい。凄く小さくて遠い希望だけど今度はそれに向かえる正しい手順がある」

テラフォーマーズ 第5話 この人形はお前が持っていてくれ

「この人形はお前が持っていてくれ。そして俺の帰りを待っていろ」

テラフォーマーズ 第5話 任せておけ!

「俺は必ずこの悲しみの元を断つ!任せておけ!」

百合子の時に果たせなかった約束を桜人とは果たす強い決意を秘め、この戦いに臨んでいることが分かった燈。

二匹目のゴキブリも鮮やかな動きで捕獲。

テラフォーマーズ 第5話 二匹目捕獲!次ぃ

「二匹目捕獲!次ぃ!」

アレックス「目を凝らさないと見えないがあれは・・・糸?」

テラフォーマーズ 第5話 蛾か

アレックス「だが燈はクモじゃない。あいつの薬は注射だった。つまり手術のベースは昆虫型だ。それにあの触覚・・・蛾か?

テラフォーマーズ 第5話 テラフォーマーサンプル3対捕獲完了

「テラフォーマーサンプル3対捕獲完了!」

ミッシェル「3対ほど捕獲したようだな。私の部下が」

 

蛭間「ベースとなる昆虫が希少なため20年前には行えなかった手術。ミッシェル・K・デイヴス同様、手術の成功率が高かった膝丸燈にはそれを施すことが出来ました」

蛭間「彼は戦力になる。火星でもそしてこの先も」

 

 新たなテラフォーマー

テラフォーマーズ 第5話 アレックスは一安心

燈が捕獲したサンプルを仲間が収容していきます。また、自分の能力を使わずに済んだアレックスは一安心。

「やー何とかなりましたね」

テラフォーマーズ 第5話 もうここの水調べたんだよな

ミッシェル「あぁ。もうここの水調べたんだよな」

「はい。地球の水とほぼ同じです。凍土が溶けただけで結構深そうな湖になるんですね」

ミッシェル「あぁ。みんなも呼んできていいぞ」

「うっす」

ミッシェル「クソッタレきったねぇ汁が襟の中まで」

テラフォーマーズ 第5話 お・・・

「お・・・」

テラフォーマーズ 第5話 あに見てんだスケベ

ミッシェル「あに見てんだスケベ」

「皆を呼んできます!」

テラフォーマーズ 第5話 キーン・・

戦闘を終えて皆朗らかムードで過ごしています。しかし突如『キーン・・・』という耳をつんざく音と共に新しいテラフォーマーが上空から脱出機に落下。

テラフォーマーズ 第5話 新しいテラフォーマー

二の腕に格闘家が好んで着用するパープラチアットを模倣したような紐を付けてます。魔裟斗か。

テラフォーマーズ 第5話 水中に引きずり込んでいきます

そして水辺にいたミッシェルを水中に潜んでいたテラフォーマーが水中へ引きずり込もうとします。

「ミッシェルさん!」

テラフォーマーズ 第5話 バカ野郎!お前の役目はあっちだ

ミッシェル「バカ野郎!お前の役目はあっちだ!」

テラフォーマーズ 第5話 水中に引きずり込まれてしまいます

燈が水中に引きずり込まれるミッシェルの手を掴もうとするも間に合わず水中に引きずり込まれてしまいます。

「ミッシェルさん!クソ!」

「はっ、皆!アレックスー!」

テラフォーマーズ 第5話 お前は良い部下だ

ミッシェル「それでいい、燈。お前は良い部下だ。頼むぞ」

 


次から次へと湧いて出てくる。流石ゴキブリ。

マルコスはシーラが好きではなく人間として尊敬できる人間として見ていたんですね。シーラ達3人の絆はなかなか深いものがあります。それだけにシーラが死んだのがマジで悔やまれます。

本格的にゴキブリとの戦闘が始まってメンバーの能力も明らかになってきてます。今回はミッシェルと燈の能力。

ミッシェルは父親から受け継いだパラボネラの能力、怪力と希少種であるバクダン蟻のハイブリッド。特に爆弾蟻の爆破の殺傷能力は高くてほぼ瞬殺でした。強すぎ。

つーかミッシェル役の伊藤静さんが嵌りすぎてヤバい。実力もさることながら色気漂う大人の女性役やらせたらこの人の右に出る人はいないと思う。サイコパス2(PSYCHO-PASS2)の六合塚弥生役もいい。

燈の場合、詳細は説明ありませんでしたが蛾による糸を用いてゴキブリ達を捕獲。まだ新入りですが既に相当な実力を持っていることがわかります。しかも蛭間にも相当期待されている辺り、只者ではないことは確かですね。

アレックスの能力が見れなかったのが残念。次回はアレックスの能力わかるかな。 → 第6話「2分間 2 MINUTES」の感想、あらすじ、ネタバレ

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ