七つの大罪第5話の感想、あらすじ、ネタバレ。メリオダスとディアンヌ同士討ち!

アニメ 『七つの大罪~The Seven Deadly Sins~』

第5話 「たとえあなたが死んでも」

放送日:2014年11月2日 17:00~放送(TBS)

第4話はこちら。 → 第4話「少女の夢」の感想、あらすじ、ネタバレ

あらすじ

バステ監獄近くのダルマリーの町で傷を癒していたメリオダスは、〈ウィアード・ファング〉ゴルギウスの策略で、町の医師・ダナによって毒を飲まされてしまうが、刃折れの剣が奪われそうになった瞬間、謎の力でこれを跳ね返し、窮地を脱する。
しかし、安心したのもつかの間、〈ウィアード・ファング〉は新たな攻撃を仕掛けてくる!

※公式HPより引用

<スポンサードリンク>

感想、ネタバレ

メリオダス復活

不気味な牙(ウィアード・ファング)のゴルギウスがメリオダスを看病している部屋に現れ、メリオダスの持っている剣に手をかけます。

七つの大罪 第5話 この剣は貴殿が所持していても

ゴルギウス「この剣は貴殿が所持していても無意味なものです。お返しいただきましょう」

すると12年前の回想が入り、メリオダスとバンのやり取りが。内容はバンがメリオダスの剣を見せてくれ→メリオダス嫌だ、のやり取り。

七つの大罪 第5話 なぁ、見せてくれって

バン「なぁ、見せてくれって」

メリオダス「離せ、バン」

ディアンヌ「2人ともまだ起きてるの・・・?」

メリオダス「離せ、バン。俺を怒らせるな」

バン「怒る?団長が?あんたとつるんでもう何年にもなるけど一度でも怒ったとこ見たことないぜ?」

メリオダス「離せ」

バン「つーか、そもそも団長が憤怒の罪って呼ばれる理由にも興味あるんだよな」

ディアンヌ「バン、団長に何してるの?」

バン「団長の怒るとこが見られるっていうんならますます剣が見たくなるいや、奪いたくなった」

するとメリオダスがバンに切りかかり首から大量の血が。

七つの大罪 第5話 へぇ、団長の隠れた

バン「へぇ、団長の隠れた一面、新発見」

メリオダス「悪いなバン。この剣は・・・」

回想終了。先ほどの部屋に戻り、

エリザベス「やめて!メリオダス様に何をするの!?」

ゴルギウス「なるほど、この剣ですか」

ゴルギウスが剣を奪い去った瞬間メリオダスが起き上がり剣に手をかけます。

七つの大罪 第5話 この剣は死んでも

メリオダス「この剣は死んでも離すわけにはいかねぇ。それが俺に出来る唯一の償いなんだ!」

七つの大罪 第5話 額に謎の紋章が浮かび上がり、

メリオダスの額に謎の紋章が浮かび上がり、尋常ではない気に恐れをなしてゴルギウスは一時退散。

エリザベス「あの・・・メリオダス様・・ですよね?」

メリオダス「よ、エリザベスに豚野郎」

エリザベス「よかった、いつものメリオダス様だ」

七つの大罪 第5話 でもコイツ豚野郎って言ったぜ?

ホーク「でもコイツ豚野郎って言ったぜ?」

ホークのツッコミが毎度面白いw

 

メリオダスVSゴルギウス

逃げたゴルギウスを見つけたメリオダス。

メリオダス「いた」

ゴルギウス「おっと、見つかっちゃいましたか」

ホーク「1マイル先の残飯の匂いを嗅ぎ分ける俺様の鼻を舐めんなよ!」

エリザベス「それ本当?」

七つの大罪 第5話 え、引いた?

ホーク「うん!え、引いた?」

不毛なやり取りを続ける中、ゴルギウスは暗器でメリオダスを狙いますがメリオダスはあっさり看破。

メリオダス「1マイル先のパン○ラを見逃さない俺の眼力を舐めんな」

エリザベス「ほ、本当ですか?」

七つの大罪 第5話 嘘

メリオダス「嘘」

またしても不毛な会話の後、先ほどメリオダスに毒を持ったダナが現れゴルギウスに懇願します。

ダナ「少年を殺すことには失敗しましたが、言われた通り毒は飲ませました!約束通り娘を返してください!」

ゴルギウス「声を荒げるな。娘はお前の元へ返してやろう」

ダナ「あ、ありがとうございます!」

メリオダス「おい!そこから逃げろ!」

七つの大罪 第5話 あの世へ行くお前の元へね

ゴルギウス「あの世へ行くお前の元へね」

姿を消したゴルギウスは後ろからダナを刺します。

ゴルギウス「聖騎士が子供一人の毒殺を命じたなどと無駄な悪評を立てられるのは困るんだよね」

ゴルギウス悪いやっちゃな。でもダナも娘を人質にされて不憫とは言え、やったから娘かえしてください!とか、よく毒を持った人の前で言えるなと図太い神経に感心。

ダナの心配をするエリザベスですが、メリオダスに連れられ一端引きます。

七つの大罪 第5話 くそー!こいつの鉄くせえ

ホーク「くそー!こいつの鉄くせえ匂いの筋は感じるんだが、こう忙しいと辿ってる暇がねえ!」

メリオダスはホークの言葉を気にしながら町外れの古びた屋敷に逃げ込みます。

七つの大罪 第5話 切り込みを入れておくメリオダス

そこでわざと入口が一つしかない部屋に誘い出し、部屋の床に切り込みを入れておくメリオダス。

そして瞬間移動ではなく透明化しただけのゴルギウスが部屋に入った瞬間足元が崩れゴルギウスは落下。

メリオダス「透明化だろ、お前の魔力。お前が姿を消してから次の場所に現れるまでの間がなーんか気になって何たよな。瞬間移動で匂いの筋が出来るのも変だし。つまりお前は俺達と同じく歩いて移動してたわけだ。」

七つの大罪 第5話 ついでにここなら俺もエリザベスに気を使う必要がない

メリオダス「ってことは当然一つしかない扉から部屋に入ってくる。ついでにここなら俺もエリザベスに気を使う必要がない」

ゴルギウスを屋敷の外にふっとばし誰の命令か問うメリオダスでしたが、ゴルギウスは再び透明化してバステ監獄の方角へ逃走。

ゴルギウスを追おうとするメリオダスとホークに対し、ダナの元へ駆け寄るエリザベス。既にダナは虫の息で直に息を引き取ってしまいます。ダナが死んだのは私の責任だと自分を非難するエリザベス。

エリザベス「私たちがこの町に来なければダナ先生が死ぬことも、聖騎士にお嬢さんを人質に取られることも無かったんですよね・・・」

ホーク「エリザベスちゃん・・・」

七つの大罪 第5話 そもそも、私が七つの大罪を探して

エリザベス「そもそも、私が七つの大罪を探してメリオダス様と会わなければ、メリオダス様がギルサンダーとの戦いで大けがを負うことも、ゴルギウスの策略で殺されそうになることも無かったんです!」

メリオダス「泣きたい気持ち位はわかるさ。でも、お前が王国と人々を聖騎士から守りてぇって思いは涙一つや二つで折れちまう程度のものなのか?」

七つの大罪 第5話 はエリザベスと七つの

メリオダス「俺はエリザベスと七つの大罪を探し聖騎士を食い止めると決めた。たとえお前が死んでも俺はお前との約束を果たす!」

エリザベス「メリオダス・・・様・・・」

七つの大罪 第5話 血を流そうと涙の一滴まで枯らそうと

メリオダス「人はいつか死ぬ。でも、その思いが誰かを守り続ける限り思いは死なねえ。思いを守ると決めたどれだけ血を流そうと涙の一滴まで枯らそうと。貫き通す!それが騎士だ!」

メリオダスカッコいい。

 

メリオダスVSディアンヌ

メリオダスはエリザベスに気を使い戦いには参加させずバステ監獄へ向かおうとしますが、エリザベスが名前を呼びやってきます。

エリザベス「これ、メリオダス様が眠ってる間に直しておきました。あまり上手じゃないですけど」

七つの大罪 第5話 ええ子や・・

ホーク「ええ子や・・・」

メリオダス「サンキュー、エリザベス」

エリザベス「よかった!じゃあ出発!」

七つの大罪 第5話 私は騎士じゃありません

エリザベス「私は騎士じゃありません。けど、私も王国と人々を守るために戦い続けます。たとえメリオダス様が今死んでしまったとしても」

メリオダス「今すぐ殺すなよ」

エリザベス「す、すみません!」

ホーク「エリザベスちゃん!俺が死んだら俺が死んだら!?」

七つの大罪 第5話 えっとー、頑張るね

エリザベス「えっとー、頑張るね!」

ホーク「エリザベスちゃん・・・その対応の差はあんまりだぜ・・・」

エリザベスも加わり、再び3人でバステ監獄へ向かうことに。すると3人の前に1人でバステ監獄へ向かっていたはずのディアンヌが現れます。

メリオダス「ディアンヌ!こんなところで何してんだ!?」

ディアンヌ「・・・団長?」

七つの大罪 第5話 もう何やってんのー!?

ディアンヌ「団長!まだ寝てなきゃだめだよ!もう何やってんのー!?」

メリオダス「俺の事よかお前こそ大丈夫か?」

ディアンヌ「大丈夫って、僕が?」

ホーク「テメェダルマリーで虫をぶっ潰した後バステ監獄に突進していったんじゃねえのか!?」

ディアンヌ「ん、そうだっけ?」

エリザベス「ディアンヌ様?」

メリオダス「こりゃ厄介な相手がいるみてぇだな。本当に大丈夫かディアンヌ!?」

七つの大罪 第5話 ちょっとぼんやりしてるだけ

ディアンヌ「うん、ちょっとぼんやりしてるだ・・け・・・!」

七つの大罪 第5話 メリオダスに攻撃を仕掛けます

すると鈴の音と共にメリオダスを聖騎士だと錯覚するようになってしまい、メリオダスに攻撃を仕掛けます。

メリオダス「ディアンヌ、いきなりお前何の真似だ?」

ディアンヌ「言っとくけど、聖騎士なんかに僕は負けない!」

七つの大罪 第5話 言っとくけど、聖騎士なんかに僕は負けない!

メリオダス「あの目、完全に俺達が見えてねーな」

ホーク「どどどど、どーするよ?」

メリオダス「逃げるか一先ず!」

七つの大罪 第5話 御馳走さまです!

エリザベスのパン○らと共に逃げるメリオダス達。御馳走さまです。

七つの大罪 第5話 姿を隠します

ディアンヌの攻撃を何とかかわしつつ、途中2人組の羊飼いと共に姿を隠します。

七つの大罪 第5話 メリオダスもディアンヌを聖騎士と錯覚

七つの大罪 第5話 二人のバトルが開始

メリオダスが1人でディアンヌに立ち向かうものの、メリオダスもディアンヌを聖騎士と錯覚してしまい二人のバトルが開始。

止めることが出来ず、見つめることだけしかできないエリザベス達。

七つの大罪 第5話 ジェリコ

所変わってバステ監獄ではバンが脱獄したことで大騒ぎに。ジェリコのサービスシーンを間に挟みつつ、バンは昔自らを幽閉ジュドと対峙。

七つの大罪 第5話 いきなり胸を貫かれる

七つの大罪 第5話 余裕

いきなり胸を貫かれる劣勢っぽい感じですが、全然余裕な表情。何かすぐ倒せそう。

 


 

やっぱりメリオダスは死んでなかったわけで・・・ゴルギウスが剣を奪い取ろうとした時に見せた力と額の紋章は何なのか。ダイの大冒険みたい。バンも回想で言っていた憤怒の罪と呼ばれる所以と関係がありそう。

メリオダスが普段から温厚すぎるのも気になりますしね。

そしてバンの傷はメリオダスが付けたんですね。前回あれだけは治らない的な事を言っていたので、特別な力をあの剣から感じます。

 

エリザベス良い子だなー。今回のタイトルの「たとえあなたが死んでも」はエリザベスの気持ちだったのか。てっきりディアンヌの立場から見たタイトルかと思ってました。

そして今回もパ○ツを。何話かに一度拝ませて頂けます。

この時間帯でTBSもなかなか素敵な事をしてくれます。同じTBSで絶対パ○ツを見せない甘城ブリリアントパークとは大違いです。

 

しかし意外と不気味な牙(ウィアード・ファング)手強いですね。まさかディアンヌだけでなくメリオダスまでも敵味方区別ないようにするとは。暗示ですかね?2人とも七つの大罪のメンバーですからバトルはかなりの迫力。どうやってあの2人を暗示にかけたのか。そして暗示を解除できるのか、そこが気になります。

ってかあの羊飼いもろ怪しいんですけど。鈴がなってから二人ともおかしくなってたことと、あんな場所にいること。

で、羊飼い鈴付けてたからあれが不気味な牙の一員じゃなかろうか。

 

それにしても、もう5回放送されているのに未だに梶さんの声のメリオダスは違和感がぬぐえませんw

慣れる日は来るのかな。

第6話はこちら。 → 第6話 「はじまりの詩」の感想、あらすじ、ネタバレ

エリザベス役を演じる雨宮天さんの恋愛事情、そして『ゴリ押しゴリ押し』言われる理由はリンクをクリック。

<スポンサードリンク>


人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ